転生悪女の黒歴史【第26話】ネタバレと考察・感想!イアナの優しさ

転生悪女の黒歴史【第26話】ネタバレと考察・感想!イアナの優しさのアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

月刊LaLa2021年2月号(12月23日販売)の『転生悪女の黒歴史』第26話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第25話第26話第27話

メールにて誤字のご指摘ありがとうございました。
修正させていただきました。

『転生悪女の黒歴史』第26話のあらすじ・ネタバレ

イアナがなくなっていると勘違いしたヨミ

ヨミはイアナの罪の有無をお前が決めるなと激しく怒っている。

しかし激しく暴れ回っているがかなりダメージが深刻なヨミ。

逆にソルに体のことを心配されてしまったヨミ。

自分ならコノハが誰かに抹消命令が恐れていることを知ったら止めるとソル。

それとは逆にヨミは抹消命令がコノハに恐れていることを知りながらそれに従っていたのだと追求した。

それが悪いこととわかっているなら諫めることが従者の役割なのではないのかと。

しかしヨミはその言葉を聞いてさらに激しく怒るのであった。

まず諫めると言うことがイアナの本質をわかっていないのだと。

自分こそが本当のイアナのことを知っているのだとものすごい表情で訴えてきたのであった。

イアナの優しさ

イアナは今思えばずんずんと先に突き進んでいくような女性だったと振り返るヨミ。

あるときイアナがコノハの大切なお菓子を取り上げてしまったことがあったのである。

いつも何と言うことをするのだと他の者たちもそれはたいそう非難していた。

自分の部屋に戻ったイアナがシーツに血反吐を履いていたのを見てしまったヨミ。

実はお菓子には毒が仕掛けられていたのであった。

イアナは自分のことには一切構わないようにとヨミに告げた。

その後ヨミが海外へ旅立った後帰ってきたときにはイアナは少し変わっていたように思えたのだと。

もともと人に頼らないような性格だったのがそれに頼らないようになってしまったのだと。

その事について非常に寂しく思っていた。

せっかく守れるような力を身に付けていたのに頼られなくなってしまったこと。

イアナのことを1番よく知っているのは自分だと言い張るヨミ。

そんなことを言った時後ろから立ち上がる女性の声が聞こえた。

ヨミは立ち上がった

イアナは今自分に立ち向かってくるものは自分が描いた物語だと言う事は知っている。

しかしそれは自分に向かってくる痛みがどれほどの痛みなのかを知っていると言うことなのであった。

イアナが立ち上がったものの倒れそうになるとヨミが受け止めてくれた。

ヨミはイアナが無事だったことを知ると膝から崩れそうになっていた。

そして安堵のあまりかヨミはイアナのおでこにくちづけを交わした。

それを受けてヨミは自分の体の違うところから血が吹き出しそうな思いをしていた。

こんなやりとりをしている間に忍が2人の下にあらわれた。

ソルがニース気をとられている間に次の日はソルが持っていた名簿を奪い取るのであった。

これで形成逆転である。

私の暴力はその時が来たら教えてあげるとイアナは不敵に笑った。

転生悪女の黒歴史の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『月刊LaLa2021年2月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『転生悪女の黒歴史』第26話が含まれている、月刊LaLa2021年2月号を無料で読むことができます。

※配信予定は1月14日です。お知らせ予約することで、発売日にすぐ読むことができます。

31日間無料でお試し可能

転生悪女の黒歴史【第26話】の考察・感想

この漫画、設定がこんな風じゃなかったら、シリーズの中でも難しめのガンダム作品みたいになっていたんじゃないかと思います。

ちょうど今YouTubeで毎週やってるガンダムWとかVガンダムあたりの作品の空気を感じました。

そう思うと富野監督ってある意味中二病だったのかなあ?創作ってそうあるべきなのかもしれませんね。

イアナはこれからの展開で何が起こるのかを知っているのでしょう。

さすがに自分の分身であるコノハはセーフティーだと思いますが自分はどうなってしまうのかわかりませんね。

まとめ

以上、『転生悪女の黒歴史』第26話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『転生悪女の黒歴史』27話は、LaLaにて1月23日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!