3月のライオン【第178話】ネタバレと考察・感想!川本家の一大事

3月のライオン【第178話】ネタバレと考察・感想!川本家の一大事のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

ヤングアニマル2021年4号(2月12日発売)の『3月のライオン』第178話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第177話第178話第179話

『3月のライオン』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

3月のライオン【第178話】あらすじ・ネタバレ

颯爽と登場する美咲おばさま

隣のおばあちゃんが高齢のため、息子の家に移るらしい。

それでも長年住み続けた家がマンションになるのは忍びない。

川本家に家を買い取って欲しいと提案されたあかりは前向きに検討する。

祖父の相米二は、購入できないことはないが、あかりたちのために貯めたお金を使うことに逡巡する。

店を継ぎたいと熱望するあかりは自分たちのためでもあると熱弁する。

答えが出ないまま悩んでいると、颯爽と登場する美咲おばさま。

こんな面白…ゲフンな話なら一口噛ませてもらうと入り込んできた。

困ったときの桐山

そして、こんな大事な話なら、ひなたの大事な旦那様に相談すべきと助言する。

しかし、未来の旦那といっても高1である。

金が絡んできたら別れるときに苦労する。

冷静になったあかりは、自分たちだけで実現できないなら計画に無理があると述べる。

さすがはあかり、立派になってと涙腺が緩む相米二と美咲おばさま。

役に立たない相米二と美咲おばさま。

三日月堂の一大事に桐山を当てにした計画は立てられないと相米二も納得する。

あ、良い案が思いついたと養子を提案する美咲おばさま。

天才!とよいしょする相米二。

まったく懲りてない二人であった。

一通りおちゃらけたあと、相米二は桐山には伝えない方が良いと述べる。

桐山は真面目過ぎるのだ。

この話を聞いてしまったら、皆の役に立とうと突っ走るに決まっている。

突っ走ること自体は悪いことじゃないと美咲おばさまがフォローする。

人によってはプレッシャーがあった方が成長する人もいる。

もちろん、プレッシャーがない方が伸びる人もいる。

さて、桐山はどちらのタイプなのだろうか。

相米二は、そういったことも人生の中でグルグル変わったりすると述べる。

人生は短いようで長いと年長者の金言を頂く。

どちらにせよ、大人3人でもう少し煮詰める必要があるとあかりは述べる。

確かにひなたが知れば桐山も巻き込んで大騒ぎになりそうだ。

大人組は冷静に運転資金の計算や税理士に相談することを決めて、今日は解散することにした。

金づるになりかけている桐山

まったく自分の知らないところで話が進められている頃、桐山は二階堂VS重田の対局の研究をしていた。

駒の損得計算も碌にしていない二人の手筋に混乱する桐山たち。

よく大事なトーナメントでこのような将棋がさせたものである。

まったく楽しくて最高だ。

他人事だから特に!

将棋というものは即興に見えて、実は定石とかストーリ-が存在する。

でも二階堂VS重田の棋譜には、そのようなものはなかった。

途中から皆無だった。

最後はただの力比べ。

本当に他人事だからよかった。

絶対に自分は指したくない。

そう思う桐山たちであった。

結局、最後は乱打戦で二階堂が勝った。

あのような将棋でも桐山は感動したと述べる。

すごい笑ってたじゃないかとつっこまれるが、感動したと譲らない桐山。

本当に桐山…そういうところだぞ、お前と嫌味を言われるが、本当に心底本音を語っていた桐山だった。

3月のライオンの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ヤングアニマル2021年No.3』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『3月のライオン』第178話が掲載されているヤングアニマル2021年4号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

もうU-NEXTに登録してしまった方は以下のサービスがおすすめ!

登録で貰えるポイントやクーポンで、最新話がお得に楽しめます。

配信サービス特徴登録
コミック.jpのロゴお試し登録で
1350P
※期間限定!
30日間無料
ebookjapanのロゴ半額クーポン
6枚貰える
月額無料
まんが王国のロゴ毎日最大
50%オフ
月額無料

3月のライオン【第178話】考察・感想

将棋における変態である桐山は、あんなに面白将棋の棋譜でも真剣に検討して、その意図を汲み取ろうとしているのです。

全員変態集団のプロだから、絶対に何らかの意図はあるのでしょうけど、素人が適当な手を指して、その意図を聞かれ続けたと考えるとゾッとしますね。

さて、川本家飛躍のチャンスとなった土地買収事件ですが、三日月堂の経営状況はどのようなものなのでしょうか。

数字を書いていただけると面白いけど、突っ込みどころとか出てきそうで難しいのかもしれませんね。

まとめ

以上、『3月のライオン』第178話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『3月のライオン』第179話は、ヤングアニマル2021年5号(2月26日発売)に掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

3月のライオンの15巻の画像

『3月のライオン』15巻が12/26に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※