ブラッククローバー【第291話】ネタバレと考察・感想!マグナが新魔法でダンテと1対1で戦う!!

ブラッククローバー【第291話】ネタバレと考察・感想!マグナが新魔法でダンテと1対1で戦う!!のアイキャッチ画像
最新刊を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年21・22号(4月26日発売)の『ブラッククローバー』第291話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第290話第291話第292話

『ブラッククローバー』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブラッククローバー【第291話】のあらすじ・ネタバレ

リリスとナヘマーを倒したアスタですが、ユナイトの反動により30分間ユナイトはおろか、ブラックすら使えない状態に…

一方、ダンテと戦っているジャックですが、かなり苦戦していました。

ダンテがジャックにトドメを刺そうとした時、どこからともなくマグナとゾラが登場!

しかし戦うのはマグナ一人で十分とのことで、呆れたダンテはマグナに好き放題攻撃させますが、マグナの新しい魔法『魂炎鎖死決闘(ソウルチェーン デスマッチ)』により弱体化!

悪魔の力が満足に引き出せなくなったダンテには、マグナの攻撃が通じました。

こうして新たに、マグナVSダンテの戦いが始まります!

アスタは30分間ユナイトとブラックが使えなくなる

アスタによって両断されたリリスは塵となって消えてしまいました。

未完成のユナイトをもってしてリリスとナヘマーの最上位悪魔2体を撃破したアスタですが、直後に全身を痛みが襲います!

というのも、ユナイトの反動として訪れるものらしく、さらに30分間ユナイトができない上にブラックにもなれないとのこと。

このことを知ったナハトは、他の団員たちの戦いでアスタが再度ユナイトが使えるようになる30分もつのは厳しいと判断します。

特に優先したいのは、ダークトライアドの撃破。

そして今、最も苦しい状況にあるのがダンテと戦っているジャックでした…!

マグナとゾラがダンテの前に現れる

ジャックは引き続きダンテと戦っているものの、悪魔の力を100%解放したダンテの前に苦戦を強いられていました。

斬った直後に再生するダンテの肉体を前にして、一方的な攻撃を受けるジャックは満身創痍。

ジャックの体力が限界だと判断したダンテはトドメを刺そうとしますが、その瞬間、辺り一面を煙幕が覆います!

さらに、煙幕を突き破って飛んできた『爆殺轟炎魔球』はダンテの顔面に命中!

その直後に煙幕が晴れ、ジャックとダンテの間にマグナとゾラが現れました!

満を持して登場したものの、彼らを見たダンテは魔力量の低さに

「ここは君達のような格下が来るところではない」

と呆れてしまい、完全に見下した態度をとります。

しかし、ダンテの言葉にひるまないマグナは

「テメーらを倒してヤミ団長を助けに来た」

「テメーはオレが一人でやる…!!」

とかなり強気なスタンスで挑みかかります。

圧倒的な実力差の前に、ダンテは好きなだけ自分を攻撃していいと豪語し、マグナはその言葉通り一撃加えました!

もちろんダンテにダメージが通るはずもありませんが、ある変化が起きます。

ダンテの胸に魔法陣が浮かび上がり、そこから鎖が伸びてマグナの胸の魔法陣とつながり、一瞬にしてダンテのもつ悪魔の力が弱体化!

冥府の門が開いたことで得た悪魔の100%の力が解けてしまいました!

マグナが新魔法でダンテと戦う!

マグナが使用したのは裏炎魔法『ソウルチェーン デスマッチ』!

この魔法の効果は『自身と相手の魔力を合わせて均等に割り振る』というもの。

お互いの魔力量が等しくなったので、マグナの攻撃もダンテに通じます。

炎の魔法で作ったメリケンサックでダンテの左頬を殴り飛ばすマグナ!

「テメーはこのオレ 黒の暴牛マグナ・スウィングがぶっ倒すッッ!!!!」

こうして、マグナとダンテの戦いが始まりました!

ブラッククローバーの最新刊を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ブラッククローバー28巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ブラッククローバー』の最新刊(28巻)を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ブラッククローバー【第291話】の考察・感想

ダンテの相手をするのは、まさかのマグナただ一人!

ダンテからすればマグナは魔力量が低く、その上特殊な魔法をもっているわけでもないのにイキり散らかす”雑魚”に過ぎないようです。

しかし、その”雑魚”の一撃が通用した以上ここからは本気で戦ってくるかもしれません。

マグナの炎であれば傷口を焼くことで再生を遅らせることができると思うので、相性はいいと考えられます。

マグナにはここで、はるか格上のダンテを倒して下剋上を果たしてほしいところです!

まとめ

以上、『ブラッククローバー』第291話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ブラッククローバー』第292話は、週刊少年ジャンプ23号(5月10日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!