キングダム【第665話】ネタバレと考察・感想!羌礼の目的

キングダム【第665話】ネタバレと考察・感想!羌礼の目的のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年4・5合併号(12月24日発売)の『キングダム』第665話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第664話第665話
(最新話)
第666話

『キングダム』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

キングダム【第665話】のあらすじ・ネタバレ

新たな蚩尤

羌礼の対応を巡って、李信と河了貂、羌瘣が話し合っている。

羌瘣は蚩尤族の祭を起こさせないために幽連の死を秘密にしていたが、どこからか村に知られてしまったらしい。

そのため、再び村で祭が行われてしまったと推定する。

今の羌礼は大切な人を自ら殺めた、現蚩尤としてここに来たのである。

暴走する羌礼

相変わらず凄まじい戦果を上げる羌礼。

一人で何百人もの働きを見せる。

とても頼りにはなるが、投降する相手も構わず殺戮する羌礼を見て、飛信隊の人たちの信頼を失っていく。

不協和音

直接羌礼と関わりのない騎馬隊たちは連日の勝利に湧き、盛り上がっている。

一方、歩兵隊、特に直接被害を見ている干斗は「羌礼を追い出すべきだ」と主張する。

羌礼の戦力は捨てがたいと考える面々と、強さだけではいけないと考える面々が衝突する。

特に松左の意思を継いだ干斗は、このままでは飛信隊が壊れてしまうという危機感をつのらせる。

昴の危機

隊から離れて一人で吐いている羌礼。

音もなく羌礼に近づいてくる昴。

無意識で羌瘣から教わった音消しの術を使う昴に羌礼は少し感心する。

昴は初日に命を助けられた礼を言いに来た。

そのような昴に羌礼は「お前が殺されてから来た方がよかったな」と言い放つ。

飛信隊と早く馴染めるように皆と一緒にいることを提案する昴。

羌礼は「何も分かってない」と昴の首に剣を突き刺し殺そうとする。

すんでのところで昴を探しに来た仲間のおかげで昴は助かった。

快進撃の飛信隊

人格に問題があるが、羌礼が加わってからの飛信隊は快進撃を続けた。

押し込まれた戦線を押し返し、黄太森林地帯を抜けた飛信隊。

ようやく他の軍団と変わらぬ位置まで戦線を戻した。

だが、羌礼の暴走は日に日に苛烈になる。

崇原の我慢も限界に達していた。

李信に不満を訴える崇原。

李信も河了貂も問題の深刻さを認識しているが羌瘣に任せた以上待つしかできない。

決裂

大小30にも渡る軍律違反。

これを見逃し続ければ軍として機能しなくなる。

崇原は、本来なら極刑に処するところだが「見習い期間であるため除隊で見逃してやる」と追放する。

崇原に「そのような権限があるのか」と反論する羌礼に堂々と「ある」と返す歩兵長の崇原。

文句があるなら騎馬隊へ行けと突き放すも、騎馬隊の我呂たちも渋い顔をする。

いい加減面倒くさくなった羌礼は「全員殺すぞ」と凄む。

羌礼の言葉は脅しではない。

実力を伴った宣告である。

崇原はすでに覚悟はできている。

3日前に羌礼が昴を殺そうとしたことを聞いた飛信隊の総意でもある。

一触即発の状況で羌礼は冷静に「自分には矢は効かない」と語る。

まったく身動きをしていなかった切り札の弓矢兄弟の存在がばれている。

人死を避けられない状況だが、退くわけにもいかない。

戦闘開始…の瞬間、羌瘣が止めに入る。

「飛信隊に手を出すな」と止めた羌瘣は羌礼の真の目的を看破する。

羌礼は羌瘣を殺しに来た。

慕っていた妹分の血走る目線に悲しそうな表情を浮かべる羌瘣。

キングダムの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、キングダム第665話が含まれている、週刊ヤングジャンプ2021年4・5号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

キングダム【第665話】の考察・感想

羌礼には同世代の仲の良い姉妹のような存在がいたと思います。

ここに現蚩尤として来ているということはそういうことなのでしょう。

羌瘣が幽連を殺さなかったなら、祭が行われることはなかったのです。

完全な逆恨みですが、もう正常な判断などできないのでしょう。

それに羌瘣が幽連の死を秘匿していたことが劇中で示されています。

ここからは推測ですが、洗脳が解けている羌瘣の様子を知った村の上層部は、残された子供たちにより強固な洗脳を行ったのではないでしょうか。

羌瘣のせいで姉妹が殺されることになったのだという程度の洗脳はしていそうですね。

まとめ

以上、『キングダム』第665話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第666話は、週刊ヤングジャンプ6・7合併号(1月7日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

キングダムの59巻の画像

『キングダム』59巻が9/18に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※