キングダム【第666話】ネタバレと考察・感想!羌瘣と羌礼、それぞれの想い

キングダム【第666話】ネタバレと考察・感想!羌瘣と羌礼、それぞれの想いのアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年6&7合併号(1月7日発売)の『キングダム』第666話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第665話第666話第667話

『キングダム』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

キングダム【第666話】のあらすじ・ネタバレ

非情になり切れない羌礼

飛信隊に囲まれた状況であるにも関わらず、不遜にも羌礼は「羌瘣を殺しに来た」と宣言する。

ざわめく周囲をよそに羌礼はニヤリと笑みを浮かべる。

そのような羌礼を黙って見つめる羌瘣。

その脳裏には幽連の最後の言葉がよぎる。

「必ず次の蚩尤が羌瘣を殺しに行くぞ」

蚩尤の掟では外界に出られるのは1人だけである。

掟に従い羌瘣を殺めようと里を出てきたが、表情とは裏腹に非情になり切れない羌礼。

羌瘣が弱体化していることに気付いた羌礼は、その隙を狙うこともなく「回復を待ってやる」と告げる。

その反面、羌瘣は羌礼と争う気はない。

様子がおかしい羌礼に祭で何があったかを尋ねた。

羌瘣が払った対価

羌瘣が羌礼と仲の良かった羌識のことについて触れた瞬間、羌礼が激怒して羌瘣を制圧にかかる。

目潰しをすんでのところで躱すも、すぐに手首を捻って抑え込む。

明らかな実力差を示したところで、羌礼が羌瘣の異変に気付く。

これは体が鈍ったとか怪我をしているとかではない。

体の中の気の道がズタズタになっているのである。

羌瘣は李信を救うために禁術「呼び戻しの術」を使ったことがある。

禁術の使用に気付いた羌礼が罵倒する。

禁術は成功しても失敗しても術者の寿命を大幅に削るからである。

その場にいた飛信隊全員がその事実を知る。

寝耳に水で戸惑いを隠せない李信。

「俺のために」と李信が発言したところで羌礼が制する。

その発言から李信が羌瘣の大事な人だと察する。

羌礼は「羌瘣の後で李信も殺さなければならない」と宣告する。

不気味な羌礼の言動

羌礼は羌瘣に3日の猶予を与えた。

3日後に羌瘣を殺し、次に李信を殺す。

そして残った飛信隊を全員殺す。

明らかに自分にヘイトを集める羌礼は「これこそが本来の蚩尤の姿だ」と威圧する。

ターゲットにされた飛信隊の面々は、ただ殺される順番を待つわけにはいかない。

お互いに示し合わせて飛びかかろうとするところを河了貂が止める。

羌礼はそのまま堂々と去った。

蚩尤の掟が紡ぐ悲劇の連鎖

羌礼が羌瘣の力量を察したように、羌瘣もまた羌礼が抱える闇を察していた。

今、羌礼は人として理性を保てるかの瀬戸際にある。

もし羌瘣を殺してしまったら、最後の理性を失うだろう。

羌瘣は何とか羌礼を助けたいと思っているが、最悪の場合は羌礼を殺さなければならないと悲痛に決意する。

河了貂が羌瘣に羌識について尋ねる。

羌瘣と羌象姉と同じように羌礼と羌識はいつも一緒に育った。

羌礼の回想が入る。

羌礼と羌識が共に修行し、笑い、喧嘩し、ずっと一緒にいることを疑いもしない純真な眼をした頃の日々。

祭で血走った目の出場者が集められる。

河了貂が羌識の存命について尋ねる。

羌瘣は羌識が命を落としたと断言する。

蚩尤の掟では姉妹のように育った相手であっても殺さなければ生き残れないのである。

羌識の死が羌礼を蝕んでいる。

羌瘣は羌礼が自らの手で羌識を殺めたのかもしれないと推測している。

キングダムの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年6&7号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『キングダム』第666話が含まれている、週刊ヤングジャンプ2021年6&7合併号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

キングダム【第666話】の考察・感想

ややこしい羌礼と直接関係ない禁術の話ですが、ようやく李信がその事実を知ることになりました。

李信が気付かない状況がモヤモヤしていたので、そこはグッジョブでした。

寿命を削るほどの対価を払った羌瘣に対して李信の対応が軽すぎて羌瘣が不憫すぎましたからね。

しかし、この世界の暗殺者は正面戦闘能力が高すぎます。

今更ですが飛信隊全員に囲まれて、逆に返り討ちにできる力量は戦略級兵器ですよ。

李牧が使う龐煖をずるいポケモンだと揶揄されたりしますけど、多分李牧も羌瘣をずるいポケモンだと思ってる気がします。

まとめ

以上、『キングダム』第666話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第667話は、週刊ヤングジャンプ2021年8号(1月21日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

キングダムの59巻の画像

『キングダム』59巻が9/18に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※