MAJOR 2nd【第222話】ネタバレと考察・感想!睦子の手のひら返し!?

MAJOR 2nd【第222話】ネタバレと考察・感想!睦子の手のひら返し!?のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約3分で読めます

週刊少年サンデー2021年10号(2021年2月3日発売)の『MAJOR 2nd』第222話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第221話第222話第223話

MAJOR 2nd【第222話】のあらすじ・ネタバレ

風林メンバーが練習を始めた

アニータが清水大河のシートノックを受けている。

大吾も練習には参加しているが道もぼんやりとした様子のようだ。

佐藤監督は魚住の練習についているようだ。

魚住はあのレジェンドの佐藤監督の下で練習できるなんて夢みたいだと言っていた。

佐藤監督は魚住の使っているミットを見た。

使っているミットはしっかりと手入れがされている。

次は魚住のキャッチングが見たいので、誰か受けてくれないから佐藤監督は頼んだ。

佐藤監督からの指名で息子がボールを投げることになる。

睦子は千代姉さんとキャッチボールやって肩を作ることにする。

睦子にはまだ気持ちの整理がついていなかった。

自分がだいご以外の人にボールを投げるのは考えられなかったからだ。

睦子は意を決して魚住にストレートボールを投げる

睦子のボールは今までより少し早くなっているようだ。

そしてボールはどんどん勢いが上がってきている。

魚住も自分にどんどんボールを投げるように要求する。

魚住がキャッチングでボールの補球音をひびくようにとっているらしい。

魚住は何かを感じ取って、いきなり睦子を下の名前呼びしてきた。

睦子の心変わり

佐藤監督は音の秘密を魚住に尋ねた。

球を取る瞬間やや押し付け気味にとっているらしい。

練習終えた睦子にだいごが駆け寄ってきた。

睦子はすっかり魚住のキャッチングに惚れ惚れしているようであった。

さすがに画然とする大吾‥。

MAJOR 2ndの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年10号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『MAJOR 2nd』第222話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年10号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

MAJOR 2nd【第222話】の考察・感想

ええと、阪神タイガースのファンみたいに手のひら返しを高速でやられた回ですね。

これって、魚住と睦子、道塁と大吾っていうのも現実味を帯びてきたんじゃないか?

野球とプライベートを別に考えているのかもしれないですけど。

しかし今回のエピソードを見る限り魚住はやっぱり中学生なんで、人との距離感が天然でわかってないだけだったんじゃないかなぁー。

しかしキャッチャーとしては確実に今の大吾よりは上、まじで大吾の退団もあり得るぞ‥。

まとめ

以上、『MAJOR 2nd』第222話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『MAJOR 2nd』第223話は、週刊少年サンデーにて2月日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!