葬送のフリーレン【第40話】ネタバレと考察・感想!ヤバそうな相手に見つかった

葬送のフリーレン【第40話】ネタバレと考察・感想!ヤバそうな相手に見つかったのアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年14号(2021年3月3日発売)の『葬送のフリーレン』第40話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第39話第40話第41話

『葬送のフリーレン』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

葬送のフリーレン【第40話】のあらすじ・ネタバレ

優秀な魔法使いと未熟な魔法使い

一人暇になったシュタルクが街をぶらついている頃、魔法使いの試験も動きが出ていた。

フリーレンたちが強大な魔力で中央の湖を凍らしてしまったため、隕鉄鳥が湖に近付くことはなくなった。

それを察した未熟な魔法使いたちが空中に浮かびあがり、他の水場を探す。

だが、空に魔物がいることは優秀な魔法使いであれば周知のことだ。

優秀な魔法使いと未熟な魔法使いが判明していく。

地上組の中でも力量には差がある

第13パーティーのデンケン(2級)、ラオフェン(3級)、リヒター(2級)たちは地上を歩いて作戦を練る。

地上を歩く他の魔法使いはフリーレンの目的が分からず無茶苦茶だと評する。

だが、デンケンはフリーレンたちが入念に立てた計画だと看破する。

歩いていると、空に浮かんだ未熟な魔法使いが魔物に殺されて墜落している。

せめて木から降ろしてやろうとラオフェンが進言するが、デンケンは上空に旋回している魔物を指摘する。

彼らは屍誘鳥と呼ばれる魔物で、死体に魔法をかけている。

死体に近づいた人を次の獲物として狩りをするのだ。

受験者の死亡を前提とした魔法使い試験に苦言を呈するラオフェン。

初めて1級試験を受けるラオフェンにリヒターは魔法協会の考え方を説明する。

魔王軍と戦っていた頃の強い魔法使いを夢見ている連中が魔法協会の幹部にいる。

そのため、魔法協会は1級魔法使いの質を気にしている。

弱い奴は1級にいらないというのが魔法協会のスタンスなのだろう。

時代遅れだと嘆くデンケン。

リヒターは意外だと驚く。

デンケンが魔法協会側の考え方をしていると思っていたからだ。

デンケンは魔法使いに質なんて必要ないと思っている。

どのように優秀な魔法使いであっても人心を掌握する能力がなければ人の世では無力なのだ。

デンケンは自分より優秀な魔法使いが、失脚して迫害される様を山ほど見てきたのだ。

なるほど、デンケンくらい臆病な方が長生きできるのだなと軽口を叩くリヒター。

リヒターくらいなら目を瞑っていても勝てると豪語するデンケン。

細かいことから伝わるデンケンの力量

湖を溶かそうとする魔法使いなど、各自の判断で動き出す魔法使いたち。

水場に魔力を注ぐカイネ。

他の魔法使いを尾行するラヴィーネとフリーレン組も計画に沿って動いているようだ。

力量の足りないグループは屍誘鳥に苦戦し、フェルンたちは魔法使い同士で争っている。

デンケンは歩きながら水場を調べていた。

今まで調べた全ての水場に魔力が籠っているのだ。

残念ながらラオフェンもリヒターも水場の魔力を感知できない。

それほど微量な魔力なのだ。

おそらく魔力を注いだ本人すら感知できないほどだが、隕鉄鳥なら感知するだろう。

ようやくフリーレンたちの狙いが読めてくる。

デンケンは小休止することを提案する。

広大な試験区域を闇雲に探しても無意味だ。

待てばフリーレンたちが潜伏する場所はいずれ分かる。

避けられない戦い

大方の水場に魔力を注ぎ終わったカイネ。

魔力を注いでいない水場に陣取ったフリーレンは、魔力を絞っていく。

完全に魔力を閉じたフリーレン。

同じ真似はできないカイネとラヴィーネは、邪魔にならないように見張りすることにした。

フリーレンの側を魔物が水を飲みにやってくる。

フリーレンにまったく気付かない魔物。

魔力を閉じるとはそのくらい凄いことなのだ。

フリーレンの肩に隕鉄鳥が止まる。

微笑んだフリーレンは「鳥を捕まえる魔法」で隕鉄鳥を確保した。

フリーレンの気配を掴んだデンケン。

どんなに優秀な魔法使いであっても、魔法を使う瞬間だけは気配を消せない。

転送魔法だろうか。

ラオフェンが一瞬でフリーレンの前に姿を現す。

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年14号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『葬送のフリーレン』第40話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年14号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

葬送のフリーレン【第40話】の考察・感想

前話からデンケン主体で話が進む中で、2級の中でも力量が高いことが分かってきました。

同じ2級でもリヒターより一段高みにいるようですね。

魔法使いは狭い世界のようですし、高位な魔法使いならフリーレンと面識があったりするかもしれませんね。

さて、完全に魔力を閉じたフリーレンの側を魔物がうろついています。

魔力を閉じるとは無機物のように見えているのでしょうか。

動物とかなら匂いで気付かれそうな気もしますが、細かい設定までは分からなかったです。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第40話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第41話は、週刊少年サンデー15号(3月10日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※