MAJOR 2nd【第223話】ネタバレと考察・感想!新たな伏兵現る

MAJOR 2nd【第223話】ネタバレと考察・感想!新たな伏兵現るのアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年12号(2021年2月17日発売)の『MAJOR 2nd』第223話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第222話第223話第224話

MAJOR 2nd【第223話】のあらすじ・ネタバレ

  野球部では魚住のことで話題になっていた

女子達もそれは 絶賛している。

魚住のバッティングは何球もフェンスまで届く えげつないパワーであったと。

さらに二塁への送球も甲斐キャノンのごとく 凄まじいスピードであったと話している。

この正捕手争いに 茂野先輩が勝てる 要素が見当たらないと女子達もいっている。

しかし自分もキャッチャーであるアニータだけは 中立の立場をとっていた。

キャッチャーに大切なのはまずピッチャーが投げやすいかどうかであると。

魚住がいくらすごい選手であったとしても ピッチャーとキャッチャーで今まで作ってきた 呼吸や絆は簡単になれるものではないと。

しかしそれに対して睦子はそういう閉鎖的な考え方はダメだと注意するのであった。

男子メンバーは男子メンバーで色々と考えていた。

茂野は キャッチャーから外れるとしてもキャプテンだしまあまあ打つから外野に回るのではないのかと。

そうやって話していると仁科は 朝からバッティングの練習をやっている茂野を発見した。

俺は今でもキャプテンのことを応援するのだと。

それを聞いて千葉も奮起してだいごの練習に付き合うのであった の練習に付き合うのであった。

佐藤監督から明日以降の練習についての説明がなされた  

今日は2学期の終業式が腕午後の練習はやらなくていいとか。

明後日から合宿なので明日の練習も休みにすると佐藤監督は伝えた。

明日はクリスマスだから みんなは家族とゆっくり過ごしたいしなさいと。

茂野は睦子が言った言葉が 脳内でリフレインしていた。

睦子が何か 傷つけるようなことを言ったのかと問いかけると 茂野は自分が頑張ればいいだけだと走り去っていってしまった。

茂野は怒って走り去ってしまったがそれがお門違いということも心の中では分かっていた。

自分で結果で証明すると言ってしまっていたからだ。

  帰り道にアニータが話しかけてきてくれた

アニータは茂野が来ることを駐輪場で待っていたらしい。

茂野が明日練習がないから自主練習することを予想して自分でよければ練習を付き合うと いっている。

母さんが見ている前で二人は練習をする事になった。

茂野はボールを体で受け止めてブロッキングをする練習をしているようであった。

姉ちゃんは他にも この庭を 見ている女の子がいたことに気がついていたらしい。

実は沢さんも茂野のことが気になって様子を見に来ていたのであった。

練習を終えて アニータは帰っていく。

アニータは 今まで睦子と間に付け入るチャンスはないと思ったが 今がチャンスかなと茂野に告げた。

MAJOR 2ndの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年12号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『MAJOR 2nd』第223話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年12号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

MAJOR 2nd【第223話】の考察・感想

まさかの予想外の 伏兵が現れてのラブコメ展開ですね。

アニータがこんなポジションになると予想した人は誰もいないんじゃないでしょうか。

確かにあっさり鞍替えした睦子よりも さわさんやアニータの方が好感度が持てます。

2番手と3番手のキャッチャー 同士でラブロマンス が始まってしまうんでしょうか 。

まとめ

以上、『MAJOR 2nd』第223話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『MAJOR 2nd』第224話は、週刊少年サンデーにて2月日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!