葬送のフリーレン【第38話】ネタバレと考察・感想!フェルンで鍛えた教師適正

葬送のフリーレン【第38話】ネタバレと考察・感想!フェルンで鍛えた教師適正のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年12号(2021年2月17日発売)の『葬送のフリーレン』第38話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第37話第38話第39話

『葬送のフリーレン』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

葬送のフリーレン【第38話】のあらすじ・ネタバレ

相変わらず喧嘩ばかりしている臨時仲間

北側諸国ゴローブ盆地で第一次試験を受けるフリーレンたち。

第一次試験のルールは日没までに隕鉄鳥を確保していること。

その時点でパーティメンバー全員が揃っていることだ。

もちろん、試験区域外に出た場合は失格である。

相変わらず喧嘩しているフリーレンの臨時仲間カンネとラヴィーネだが、ルールはしっかり聞いていたようだ。

やんちゃなんだか良い娘なんだか呆れるフリーレン。

先に作戦を立ててから行動すべきという頭脳派のカンネ。

いや、隕鉄鳥を見つけないと作戦も何もないという行動派のラヴィーネ。

もう、面倒臭くなったフリーレンが歩きながら自己紹介しようと提案する。

ラヴィーネの実力は確かっぽい

どちらも三級魔法使いであり、同じ魔法学校出身の幼馴染だった。

隕鉄鳥について知っているか尋ねるフリーレン。

フリーレンは知識はあるが、実物を見たことがない。

フリーレンのアドバイスに従ってまずは隕鉄鳥を見つけることから始めた。

先にへばったのはカンネだ。

休憩を提案するフリーレン。

まだ元気だとラヴィーネが一人で先に行こうとする。

第一試験は最終的に全員揃っていなければならない。

効率を上げたいラヴィーネはカイネより自分は強いから大丈夫だと宣言する。

それまでゆる顔だったフリーレンが真面目な顔で尋ねる。

ラヴィーネがカイネより強いのは分かった。

なら、フリーレンと比べてどちらが強いのか、と問うた。

負けん気が強くてカイネと喧嘩ばかりしていたラヴィーネだが、真剣な顔でフリーレンとは戦いたくないと答える。

実力を隠しているフリーレンの力量を見破れる程度の力はあると判断したフリーレンは、ラヴィーネの単独行動を許す。

見事な連携ができるカイネとラヴィーネ

空に気を付けてとラヴィーネにアドバイスするフリーレン。

その言葉の意味を理解しているラヴィーネ。

何のことか分かっていないカイネ。

フリーレンは喧嘩ばかりしている臨時パーティーに頭を悩ます。

なんだか先生みたいだと思ったカイネはフリーレンがリーダーに向いてると褒める。

フリーレンはカイネたちが喧嘩ばかりするから仕方なくで、リーダーの器じゃないと答える。

昔からの幼馴染であるカイネたちはいつもこんな感じだった。

先ほどの空を気を付ける意味を聞くカイネ。

フリーレンは魔力探知をしてみれば分かると答える。

そのとき、隕鉄鳥を見つけたラヴィーネが戻ってきた。

湖にいる隕鉄鳥。

フリーレンがよく観察してと言いかけたところでカンネが魔法を仕掛ける。

水を操って捕えようとするが逃げる隕鉄鳥。

そのタイミングで水を凍らせて隕鉄鳥を捕縛するラヴィーネ。

一朝一夕で出来るタイミングじゃない。

二人の連携の高度さを感じて少し光明を見出したフリーレン。

だが、隕鉄鳥は厄介な鳥である。

極めて頑丈で飛行速度は音速を超える。

氷くらいじゃブチ破って逃げてしまう。

隕鉄鳥に逃げられたフリーレンは今日一日は観察に当てると宣言する。

ラヴィーネに助けを求めるカイネ

その夜、何かの音に気付いたカイネは寝所を離れる。

上空から巨大な魔物が襲ってきた。

初手で杖を弾き飛ばされたカイネは、思わずラヴィーネに助けを求める。

カイネの危険に気付いたフリーレンが助けに入る。

カイネはラヴィーネは口は悪いけど、悪い奴じゃないと話し出す。

カイネが臆病で困っていた時も、決して見捨てなかった。

そういえばヒンメルもそうだったなとフリーレンは昔を思い出す。

あれば初めての竜討伐だった。

大人しいアイゼンに怖いのかとからかうヒンメル。

怖いと素直に答えるアイゼン。

そうか、実は僕も怖いと格好をつけながら吐露するヒンメル。

無意味な会話をつっこむフリーレン。

ヒンメルなりに緊張を解こうとしたらしい。

なるほど、緊張を解かすにも個性があるらしい。

カイネとラヴィーネの関係は思ったより悪くないのかもしれない。

カイネが隕鉄鳥を捕らえるアイデアを出していた頃、すでに隕鉄鳥を捕縛していたフェルン。

この試験の本当の難しさは対人戦だ。

隕鉄鳥を他のパーティーに奪われずに守らなければならない。

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年12号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『葬送のフリーレン』第38話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年12号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

もうU-NEXTに登録してしまった方は以下のサービスがおすすめ!

登録で貰えるポイントやクーポンで、最新話がお得に楽しめます。

配信サービス特徴登録
コミック.jpのロゴお試し登録で
1350P
※期間限定!
30日間無料
ebookjapanのロゴ半額クーポン
6枚貰える
月額無料
まんが王国のロゴ毎日最大
50%オフ
月額無料

葬送のフリーレン【第38話】の考察・感想

まだ未熟なカイネとラヴィーネとそれを導くフリーレンです。

しかし、普段のだらしなさとは思えない教師適正でしたね。

あれだ、普段はフェルンに甘えてたんですね。

口数は少ないですが、質問にはちゃんと答えていますし、答えを教えるよりも気付かせようとしていますし、本当に適職かもしれません。

さて、フリーレンたちが右往左往している間に、すでに隕鉄鳥を捕縛していたフェルンチーム。

対人戦がキモと油断していないフェルンチームは強そうですね。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第38話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第39話は、週刊少年サンデー13号(2月17日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

葬送のフリーレンの4巻の画像

『葬送のフリーレン』4巻が12/18に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※