あおざくら 防衛大学校物語【第218話】ネタバレと考察・感想!襲い掛かる船酔い!新たな問題発生か!?

あおざくら 防衛大学校物語【第218話】ネタバレと考察・感想!襲い掛かる船酔い!新たな問題発生か!?のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年13号(2月24日発売)の『あおざくら 防衛大学校物語』第218話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第217話第218話第219話

あおざくら 防衛大学校物語【第218話】のあらすじ・ネタバレ

船の揺れに慣れない訓練生達

続く夏季定期訓練。

近藤達は「74式アスロック」と呼ばれるミサイル兵器の説明を受けていた。

アスロックは標的を正確に狙うために上下左右、どんな位置にも稼働させることができる。

教官はアスロックをクルクルとまわして見せるが、その回転運動は船酔い耐性のついていない近藤達にとってはエチケット袋を用意せざるを得ない程の気持ち悪さであった。

占位運動訓練と戦術運動訓練

船を指示された位置までの移動計画を計算する「占位運動訓練」。

指揮官を目指す者には必須の能力であるため、近藤達訓練生は実際の航路の計算作業をしていた。

訓練生の中で一目散に計算を終える近藤。

教官千葉にチェックを求める。

すると近藤と同じチームβの班長である伊東も計算を終えたと手を上げる。

近藤と伊東の迅速な作業に感心する訓練生達。

そして千葉から見事正解をもらう近藤と伊東。

「近藤君みたいな優秀な部下を持てて光栄だよ」

と言う伊東に対し、「そんなことないよ」と何気ない感じで答える近藤であった。

次に行ったのが「戦術運動訓練」。

隊列を組んでいる艦が常に同じように移動を行う訓練である。

そして艦は外界に出たのち、蛇行運動を始めた。

艦が向きを変える度に号令をかけるので、復唱を行うようにと指示される訓練生達。

「オモーカージ」、「モドーセ」、「トリカジにアテー」の号令に従い、訓練生たちは復唱していった。

点呼の意味を持つ木札

戦術運動訓練を終え、グロッキーになる訓練生達。

船揺れ慣れのしていない訓練生達にとっては、艦の蛇行運動は想像以上にダメージだったのだ。

そんな中、チームβの伊東を始めとする第三大隊の三人は船酔いの様子を一切見せていなかった。

そして沖田も涼しい顔をして近藤の傍に立っていた。

沖田曰く、艦の食事は美味しいのだから船酔いをしている場合じゃないという事であった。

そんな能天気な沖田に対し、近藤は唖然とするばかりだった。

そうしていると、教官千葉が食事の知らせにやってきた。

それと共に、食事の後は必ず自分の木札を裏返すようにと再度の注意をしにきたのだ。

木札を裏返す事は点呼の意味合いもあり、たとえ船酔いで食事がとれなかったとしても絶対に裏返すようにとの事だった。

そんな中、姿が見えない谷。

谷は寝ても起きても船酔いの訓練に耐えきれず、トイレで嘔吐し続けていた。

フラフラの状態でトイレから出る谷だが、迎えに来た近藤により食堂へと向かうのであった。

谷の不調、伊東の視線

満面の笑みでカレーライスにありつく沖田。

海上自衛隊に伝わる金曜カレーは船上での曜日間隔を失わないためという定説もあるが、元々は土日に余った食材を一気に片付けられる為にカレーにしていたという話もある。

週休2日制で土日が休みになったために、土曜のカレーが金曜に定着したと説明する山並。

沖田は山並の説明を聞くも、自分はいつでもカレーで良いと笑っていたのであった。

談笑の中、谷は船酔いが酷く、全く食事に手をつけられないでいた。

そんな谷を気遣い、近藤と山並は食事を残すように言う。

近藤達の言う事に従った谷は、ふらつきながらも食事の残ったトレーを返却しに行く。

近藤は点呼の意味も兼ねる木札を返すように指示するが、谷は意識朦朧とした状態であった。

そして谷は自分の木札を返さないまま、フラフラと自室の方へと進んでいってしまう。

そんな様子を谷と同じチームβの班長、伊東は遠くで観察していたのであった。

あおざくら 防衛大学校物語の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年13号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『あおざくら 防衛大学校物語』第218話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年13号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

あおざくら 防衛大学校物語【第218話】の考察・感想

嫌な予感はしていましたが、谷がやらかしてくれましたね(汗)

そしてその様子を見つめる伊東はどういう行動に出るのでしょうか?

チームβ内は班が小分けされており、谷含む第一大隊の面々の班長は近藤になっています。

谷が木札を返さない事により後々問題になり、谷の班長である近藤に責任がふりかかるかもしれません。

伊東が悪人であれば、谷が木札を返さないのを見て見ぬふりをしてそういう風に仕向けるかも?

しかしそうだとしてもチームβの班長は伊東なので、自らにも責任追及はきそうですけどね。

伊東の行動で展開が天国にも地獄にも変わる次回、一体どうなってしまうのでしょうか?

まとめ

以上、『あおざくら 防衛大学校物語』第218話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『あおざくら 防衛大学校物語』第219話は、週刊少年サンデー14号(3月3日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※