パラレルパラダイス【第145話】ネタバレと考察・感想!復讐に燃えるミミ

パラレルパラダイス【第145話】ネタバレと考察・感想!復讐に燃えるミミのアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年12号(2月15日発売)の『パラレルパラダイス』第145話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第144話第145話第146話

パラレルパラダイス【第145話】のあらすじ・ネタバレ

恨みの念を抱くミミ

牢獄に囚われた上位ガーディアンのミミ。

そんなミミをピアノとルーミは見ていました。

ミミは、ピアノ達に向かって怒鳴り始めました。

国母様に逆らう者達は全て許せない。

処刑をして殺すと叫び声を上げるミミ。

だから、自分に従えば許してやるとピアノ達に向かって発狂するミミ。

ピアノは、ミミの叫びを静かに聞いていました。

ピアノは、口を開き耳に言いました。

自分達のアルスレイヤの街は国母様に対して反旗を翻した。

そんなミミは、自分達反乱軍に捕らえられた国母様の正規軍兵士である。

処刑よりも自分の命の心配をした方が良いと冷徹に語るピアノ。

ミミは、歯ぎしりをして悔しがります。

ピアノは、鉄球をミミに見せました。

これ以上静かにしないのなら監視するとはいえ、ミミの詭弁を聞くのは正直きつい。

理解できないなら口だけ潰すと迫るピアノ。

ミミは、ピアノを睨みました。

そして、自分が今こんな目に合っている原因を作ったのは、全てロミーのせいだと。

ロミーが覚醒しなければこうはならなかった。

ロミーを必ず嬲り殺すとミミの眼が怪しく光るのでした。

求め合う陽太とロミー

その頃、寝室で陽太とロミーは抱き合って交尾をしていました。

自分の感情と欲望に身を任せて陽太を求めるロミー。

ロミーの女性らしい変化に驚きと戸惑いを見せる陽太。

2人は、延々と互いを求め合い絶頂を迎えます。

翌朝、ピアノは陽太の寝室にやってきました。

そこには、疲れ果てて眠る陽太とロミーが居ました。

2人の痴態を見て呆れ果てるピアノ。

ピアノは、ロミーと陽太を起こしました。

ロミーは、ミミの監視の為にルーミと交代の時間だと告げました。

陽太には、ユーマが呼んでいるので直ぐに向かうようにと言いました。

ミミ、ロミーを倒し脱走する

地下の牢獄に来たロミー。

ロミーは、ルーミにユーマが呼んでいるから監視を交代すると言いました。

去っていくルーミと変わるロミー。

ミミは、やって来たロミーを見て睨みつけます。

ミミは、ある事を閃きました。

ミミは、ロミーに話し始めました。

今生で最後の願いがあると。

ロミーは、ミミに近づいて行きました。

その頃、ユーマ達に呼ばれた陽太達。

陽太は、今までの出来事をユーマ達に全て教えました。

ユーマは、陽太達の話から自分達に崩月の呪いをかけた者が嫉妬深い神だと理解しました。

陽太は、呪いを解くためには仁科の記憶を取り戻すしか手段はない。

自分達は記憶を司る魔女サーニャと会う為にこの街にやって来たと言います。

しかし、サーニャは、陽太達に記憶を取り戻す代わりに生きた人間の脳を要求してきた。

その事を聞き、無茶な要求だと驚くピアノ。

するとトリスは、とても簡単な事だと告げます。

地下牢に捕らえているミミの脳を使えばいいと簡単に言いました。

生かすよりも殺した方が合理的だと淡々と話すトリス。

ユーマは、サーニャにミミの脳を食べさせて嫉妬深い神の記憶を取り戻すと宣言しました。

一方、地下牢では異変が起きていました。

ロミーは頭から血を流し倒れていました。

そこに息を荒くして見下ろす復讐の鬼、ミミが居ました。

パラレルパラダイスの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングマガジン2021年12号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『パラレルパラダイス』第145話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年12号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

パラレルパラダイス【第145話】の考察・感想

ミミの黒い恨みと怒号が凄まじかったです。

まさに狂気でした。そんなミミを見てピアノは自分の命を心配しろと語りました。

自分がこのような目に遭ったのは全て覚醒したロミーの仕業だと復讐を更に誓うミミ。

陽太は、ユーマ達に嫉妬深い神の事について教えます。

そして、仁科の記憶を取り戻すためにサーニャの所に行ったが要求されたのは、生きた人間の脳だ

告げる陽太。

トリスは、ミミの脳みそを渡せば解決すると淡々と言う様が少し恐怖でした。

その最中、ミミの監視に行ったロミー。

ロミーは、ミミの口車に乗り倒され傷付きました。

復讐のミミはどんな行動をしていくのでしょうか。

そして陽太達の運命は。

次回もとても楽しみです。

まとめ

以上、『パラレルパラダイス』第145話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『パラレルパラダイス』第146話は、週刊ヤングマガジン13号(2月22日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!