パラレルパラダイス【第146話】最新話ネタバレと考察・感想!ロミー、必死の抵抗

パラレルパラダイス【第146話】最新話ネタバレと考察・感想!ロミー、必死の抵抗のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年13号(2月22日発売)の『パラレルパラダイス』第146話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第145話第146話
(最新話)
第147話

パラレルパラダイス【第146話】のあらすじ・ネタバレ

ミミ、復讐の為に動き出す

ミミは、地下牢にやって来たロミーに言いました。

今生で最後の頼みがある。

自分と戦ってほしいと言うミミ。

ロミーは、その考えが理解できないと言います。

ミミは、今まで誰にも戦闘で負けたことが無かった。

今回ロミーに負けたことがやはり納得できない。

死ぬ前にもう一度ロミーと再戦したい。

負けたとしても気が済むしこの世の未練も無くなると言いました。

しかし、ロミーは、まだ殺されるとは限らないとそれを否定します。

それでも食い下がるミミ。

ミミは、ユーマは悪と認定した相手に容赦はしないから絶対に殺される。

素手の勝負でいいから戦ってくれとロミーに訴えました。

もう一度全力でやって負ければ納得する。

人生最後の願いを叶えてくれと言います。

するとロミーは、地下牢を開けました。

耳の手に嵌められた鎖を外すロミー。

するとミミは、立ち上がりロミーに言いました。

ミミは、ロミーをバカで可哀想だと言います。

ミミの顔は、邪悪な表情になっていました。

ミミの過去

ミミは、以前から部下達を殺していました。

食料を狩りに行くと言う名目で人気の居ない森で部下達を痛めつけてから殺す。

部下達に、自ら体を差し出せば頭を潰して楽に死なせてやる。

逃げるのであれば腹等を刺して苦しんで殺すと脅します。

それは、殺した人間の肉を食べるのがマズくなるからだと笑うミミ。

逃げる者は、容赦なく刺突で倒すミミ。

そして立ち向かってきた者は、砂で目つぶし等を行い、怯んだ隙に頭を突き刺して倒す。

次々と斬殺し、死を迎える部下達にミミは言いました。

本気の殺し合いをした事が無い者は自分に勝てない。

自分は何十人も殺して食べてきたので負ける気はしないと不気味な笑みを浮かべるのでした。

ミミ、ロミーを殺そうとする

ミミは、突然、ロミーの顔にランタンをぶつけます。

ロミーの左側の顔が燃え上がりました。

ミミは、火傷したロミーに向かって攻撃を仕掛けます。

自分は、命が掛かっているのに正々堂々と試合する気はない。

それを解かっていないとミミは、ロミーを罵り馬鹿で殺し合いを教えてやると顔面に蹴りを入れました。

血を流し地面に倒れるロミー。

ミミは、ロミーを蹴って仰向けにさせます。

ロミーの左側の顔は、火傷して無惨にも爛れていました。

そんなロミーを見て嘲笑うミミ。

ミミは、動かなくなったロミーに対し、今まで数えきれない人間を殺してきたと言いました。

そして、その理由は、魔女になる為。

魔女になれば数千年生きれる。

だから殺し合いでは自分に勝つことは出来ない。

後でロミーを美味しく食べてやると迫るミミ。

するとロミーは起き上がりました。

左手の二本の指で目つぶしをするロミー。

するとミミの眼が潰れて血を流しました。

ロミーは、ミミに対し武器でしか人を殺したことが無いことが丸わかりだと言います。

そして、鬼の形相を見せていました。

ロミーは、自分は素手を殺したことがあるとミミの頬に拳を思いっきりぶつけました。

ロミーの渾身の一撃がミミにヒットしたのでした。

パラレルパラダイスの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングマガジン2021年13号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『パラレルパラダイス』第146話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年13号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

もうU-NEXTに登録してしまった方は以下のサービスがおすすめ!

登録で貰えるポイントやクーポンで、最新話がお得に楽しめます。

配信サービス特徴登録
コミック.jpのロゴお試し登録で
1350P
※期間限定!
30日間無料
ebookjapanのロゴ半額クーポン
6枚貰える
(月額無料)
まんが王国のロゴ毎日最大
50%オフ
(月額無料)

パラレルパラダイス【第146話】の考察・感想

ミミは、何か企んでいるなと思ったら案の錠でした。

ロミーに最後の頼みで自分と試合をして欲しいと言うミミ。

自分は、今まで戦闘で誰にも負けたことが無かったので納得できないと言います。

ミミは、素手で闘うので全力でやって負ければ納得するので頼むと願います。

仕方なく、牢を開けるロミー。

するとランタンをぶつけてロミーを火傷させ攻撃を始めるミミ。

ミミが部下達を殺し食べていたことがドン引きです。

邪悪でとんでもない奴でした。

隙を見せたロミーに容赦ない攻撃を仕掛けるミミ。

倒れたロミーの顔が生産で見てられませんでした。

人を食べて魔女になり数千年生きると野心を語るミミが邪悪すぎます。

ロミーを殺して食べようと迫るミミ。

するとロミーの目潰しと、渾身のパンチがミミに決まりました。

ロミーは、ミミを倒すことが出来るのか気になります。

次回の展開がとても楽しみです。

まとめ

以上、『パラレルパラダイス』第146話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『パラレルパラダイス』第147話は、週刊ヤングマガジン14号(3月1日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

パラレルパラダイスの12巻の画像

『パラレルパラダイス』12巻が11/6に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※