サタノファニ【第160話】ネタバレと考察・感想!龍野の最高傑作、桜川円

サタノファニ【第160話】ネタバレと考察・感想!龍野の最高傑作、桜川円のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年12号(2月15日発売)の『サタノファニ』第160話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第159話第160話第161話

サタノファニ【第160話】のあらすじ・ネタバレ

桜川、戦う決意と願い

巴あやとの戦いで傷を癒していた桜川円は、龍野と共にベッドで寝ていました。

龍野は、再びあやと戦ってくれと桜川に懇願していました。

桜川は、龍野にあやは強くてとても怖いと正直な気持ちを打ち明けました。

龍野は、不安に陥る桜川にキスをしました。

龍野は、桜川に君が自分の造り上げた最高傑作のダーキニーだ。

巴あやを殺して、その証明をして欲しいと頼む龍野。

桜川は、龍野に承知したと言います。

その代わりに、あやを殺した暁には自分の事を名前で呼んでくれと龍野に願う桜川でした。

桜川の嫉妬

龍野の案内で再び戦う事となったあやと桜川。

桜川は、雄叫びを上げながら巨大なハンマーをあや目掛けて振るいました。

あやは、桜川のハンマーを躱して行きます。

しかし、ハンマーは壁に当たり次々と砕いて行きました。

あやも日本刀で応戦します。

が、桜川はハンマーで防ぎ、キックを仕掛けます。

あやは、自分の身体能力を活かし、桜川よりも先に攻撃をし、顔面に蹴りを当てました。

桜川は、自分の攻撃が速かったはずなのにと悔しがりました。

同時にあやは強いと改めて実感する桜川。

桜川は、あやの事を面白く思ってませんでした。

それは、龍野がずっとあやの事ばかり話していたからでした。

桜川は、龍野と共に教団の施設内で2年過ごしていました。

自分は、龍野にとって特別な存在だった。

龍野の期待に応える為、人を上手く殺したら褒められた。

でも、自分は名前で呼ばれたことは全くなかった。

龍野があやを名前で呼ぶ事に密かに嫉妬していた桜川。

桜川は、龍野が望む最高傑作になる為。

そして、自分の事を名前で呼んでもらえるようにしてもらう。

桜川は、あやの胸にドロップキックを喰らわせました。

壁に吹き飛ばされてあや。

あやは、ダメージを受けて苦しむのでした。

あや、桜川を説得する

龍野は、桜川を見て自分の最高傑作のダーキニーはメデューサを凌ぐと確信し喜んでいました。

しかし、あやの動きの切れのなさを見抜いていました。

しかも、あやが桜川を殺す気配がない事も感じ取っていました。

あやは、桜川の攻撃を回避しながら思っていました。

龍野が自分を騙そうとしていることは理解していた。

龍野に付いて行ったのは、再び桜川に会えるだろうと思っていた。

自分は、過去に龍野に踊らされて人殺しになってしまった。

桜川を見て自分と重なるあや。

鍔迫り合いとなるあやと桜川。

あやは、桜川に自分と一緒に来いと逆勧誘を始めました。

驚く龍野。

あやは、自分を友達と呼んでくれた桜川を助ける。

羽黒には受け入れさせる。

羽黒は、教団と違い仲間同士や友達を殺すことは無いと言います。

戸惑う桜川。

龍野は、その光景を見て無駄な事だと笑っていました。

龍野、真言を唱える

桜川に異変が起きます。

自分が殺した友達の薫や三上の顔が浮かぶ桜川。

龍野は、薫達が桜川を騙していた敵だったと教えていました。

薫達の事を思い出して、ハンマーを落とす桜川。

桜川は、何が正しいのかわからないと頭を抱えて唸り声を上げました。

龍野は、あやの説得で戸惑う桜川に驚愕していました。

しかし、気を取り直す龍野。

龍野は、真言を唱え始めました。

桜川の内なる殺人鬼ケンパーを目覚めさせようとしていました。

真言を聞き苦しむ桜川。

あやは、龍野の真言に怒りを覚えました。

あやの身体の中の悪魔が今、目覚めようとしていました。

サタノファニの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングマガジン2021年12号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『サタノファニ』第160話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年12号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

サタノファニ【第160話】の考察・感想

桜川は、龍野に再びあやと戦うように頼まれました。

それは、桜川が龍野が作り上げた最高傑作だと証明する為です。

あやの強さと恐怖を感じ拒否する桜川は、龍野に従い戦いを始めます。

あやと桜川の斬撃の激しい攻防が迫力がありました。

桜川は、龍野と2年濃厚な時を過ごしたのに不満がありました。

それは、あやの事を名前で呼んでいる事。

桜川の嫉妬が殺人鬼でなく、普通の人間であり女の子なんだなと思いました。

桜川が自分と同じように龍野に利用されていたことをあやは自分自身に重ねます。

あやが桜川に自分と共に羽黒に行こうと勧誘する所は衝撃的でした。

心が揺れ動き悩み始める桜川。

しかし、龍野の真言で内なる殺人鬼が目覚めようとしていました。

あやは、桜川を救う事ができるのでしょうか。

あやと桜川の戦いの決着が気になります。

次回もとても楽しみです。

まとめ

以上、『サタノファニ』第160話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『サタノファニ』第161話は、週刊ヤングマガジン13号(2月22日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!