MAO【第75話】ネタバレと考察・感想!覚醒していく妖達

MAO【第75話】ネタバレと考察・感想!覚醒していく妖達のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年6号(1月6日発売)の『MAO』第75話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第74話第75話第76話

MAO【第75話】のあらすじ・ネタバレ

白眉を追う百火

摩緒の診療所に訪れた菜花。

診療所の玄関口に百火と乙弥がいるのを見つけ、何かがあったのだと察する。

乙弥曰く、弟達が見つかったと言い、つい先ほど摩緒を連れて行った双馬。

その様子を見ていた乙弥は今回の事件に見え隠れする白眉の事も含めて百火を呼び出していたのだった。

白眉を追い詰める為に息巻く百火。

しかし菜花は双馬の後を追う事になにか罠の可能性を感じてしまう。

双馬の居場所を知るらしき雀の偵察隊と意思疎通をする百火。

双馬に追いつくために菜花と乙弥、そして百火は診療所を出発したのだった。

呪具、傀儡の針

双馬に太い針の様な物を刺され、猫鬼の姿へと変わっていく摩緒。

その姿を見た双馬は驚くと共に、どこか憧れの様な目つきで摩緒を見ているのであった。

橋の上でその状況を眺める白眉、そして双馬に針を渡した女性。

摩緒の体に関して詳しく知らない女性に対し、白眉は説明する。

「摩緒の体内に飼っているのは猫鬼、陰陽術では御しきれない最凶の蟲毒」

「俺はそれを使役してみたいのだ」

女性はそれを聞くと「私の傀儡の針で操れるのですね?」と嬉しそうにする。

しかし「かがり、おまえの針ではない。御降家のものだ」と白眉に訂正され、かがりと呼ばれる女性は笑いながら無礼を詫びた。

「傀儡の針」と呼ばれる現在摩緒の背中に突き刺さっている針。

それは摩緒や白眉たちの師が猫鬼を使役するための呪禁道の呪具の一つであり、宝物殿の炎上と共に盗まれていたものだったのだ。

暴走する摩緒

そんな中、菜花達が摩緒の下に駆けつける。

猫鬼化しかけている摩緒を見て動揺を隠せない菜花。

白眉は菜花達が関わってきた事に対し「面白い」と不敵な笑みを浮かべる。

そして摩緒の背中に刺さっている「傀儡の針」の効き目を試す為に「百火を殺せ」と摩緒に命じるのであった。

白眉の声を聞いた瞬間、摩緒の体は完全な猫鬼の姿になり、百火へと襲い掛かる。

摩緒の攻撃を間一髪避ける百火。

ただ事ではないこの状況に菜花は傍に居る双馬に説明を求めた。

双馬は菜花に一言謝罪すると、「獣は僕が引き受けないといけない」と述べた。

その獣を摩緒が祓おうとしていたのにどうして…。

菜花は疑問に思うが、百火はむしろそれがありがた迷惑だったのだろうと声を荒げる。

攻撃を続ける摩緒、それを避けつつも百火が狙うのは黒幕と思われる白眉。

百火は白眉に向かって複数の竜巻状の火炎を投げつけた。

対する白眉は真珠の数珠を取り出し、橋の下の河川に投げ入れる。

すると河川から白眉を守るように噴水が発生し、百火の火炎は打ち消されてしまうのであった。

百火がそれに見とれている内に摩緒が接近。

左肩を摩緒の爪に抉られ、百火は吹き飛ばされてしまう。

白眉との戦いを望んでいる百火だが、白眉からすると今回は摩緒を操る事ができるかどうかの実験であるため自分が手を出すことはないと語る。

そうこうしているうちに乙弥は摩緒の背中に不審な針が刺さっているのを発見した。

乙弥はその背中の針を抜けば摩緒は正気に戻るのでは、と仮説を立てた。

力を開放する双馬と菜花

橋の上から双馬に声を掛ける白眉。

「きみも試してみるか」と、白眉は以前にも双馬に使った「獣の巻物」を広げた。

そして菜花を殺せと双馬に命令を出す。

「冷静に」という言葉を強調して。

双馬は命令を了解したと言わんばかりに爽やかな表情で、

「そうすれば…獣の使い手になれるんですね…」

と答え、背後には以前現れたものと同様の巨大な獣が現れていた。

一方菜花は残虐非道な白眉、平然と摩緒を裏切った双馬の二人に対し猛然とした怒りを露にする。

それと同時に妖の力も開放していくのであった。

MAOの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年6号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『MAO』第75話が含まれている、週刊少年サンデー2021年6号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

MAO【第75話】の考察・感想

いよいよ白眉&双馬の危険度がMAXになってきました!

今回名前が明らかになったかがりの様に双馬はこのまま白眉の配下になっちゃいそうですね。

そして物語終盤まで摩緒一行を苦しめる強敵になりそうな雰囲気です。

一方なんだか最近やられ役が似合ってきている様な百火。

まさか今回の摩緒の一撃でKOされている訳ではないだろうから、次回では本気を出した百火を見れる事を期待します。

しかし今回は摩緒、双馬、そして菜花と力を開放している人が多いです

個人的には摩緒がどこかに落としているであろう「破軍星の太刀」を菜花が拾って一巻の時みたいに暴れまわってほしいですね(笑)

激戦が予感される次回、一体どうなってしまうのでしょうか?

まとめ

以上、『MAO』第75話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『MAO』第76話は、週刊少年サンデー7号(1月13日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

MAOの7巻の画像

『MAO』7巻が1/18に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※