ミミズクと夜の王【第4話】最新話ネタバレと考察・感想!フクロウに許される

ミミズクと夜の王【第4話】最新話ネタバレと考察・感想!フクロウに許されるのアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

LaLa2021年2月号(12月23日発売)の『ミミズクと夜の王』第4話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第3話第4話
(最新話)
第5話

ミミズクと夜の王【第4話】のあらすじ・ネタバレ

森に迷い込んだ男

『にんげん…?』

森で、迷い込んできたらしい人間の男を見かけたミミズク。

背後から声をかけると、男はミミズクを魔物と勘違いしたのか、大声で命乞いを始めた。

「ねぇー大丈夫?」

声をかけてきたのが女の子だとわかると、男は顔を上げて安心したようだった。

ミミズクは、男にあまり魔物の出ない道を教えてやり、魔物除けにと煉花の花粉の部分を手渡した。

そのまま立ち去ろうとするミミズクに、男は一緒に来ないのかと聞いた。

この花をフクロウに持って行かないと行けないから、とミミズクは男に笑顔で手をふった。

去っていくミミズクの後ろ姿を茫然と見送った男は、はっと我に返って呟いた。

「聖騎士様にお知らせしなければ……」

フクロウに花を

ミミズクは、川のほとりの大きな木の根に立っているフクロウ(夜の王)を見つけた。

思わず目を見張るミミズク。ブンブンブンと頭を強く振って、声をかけた。

「フクロウー!」「これあげるよ!」

取ってきた煉花をフクロウに差し出す。フクロウは、冷たい目でその花を一瞥し、

「見返りはなんだ」

と尋ねた。

みかえり。ほしいもの。ミミズクは何のために花を取って来たのか思いを巡らせる。

「ほめて」(なんでもいいから)

そう言ってほほ笑むミミズクから、フクロウは花を受け取った。そして、クロを呼び寄せる。

ミミズクの頭の上に舞い降りたクロは、ミミズクが無事に戻ったことをねぎらった。

フクロウは、クロに色料を作るための火を焚くように命じた。それを聞いたミミズクは、自分がやる!と勢いよく手を挙げた拍子に倒れてしまう。

煉花を持ち帰るときに、血を吸わせすぎたのだ。

クロは、フクロウに問うた。

この者がまた目を覚ませば王の下へ参ろうとするでしょう、お望みとあらばこの目障りな人間の息の根を即刻お止めいたします。

それを聞いたフクロウは、ただ「好きにしろ」とだけ答え空へ飛び立っていった。

フクロウを見送ったクロは、ミミズクの元に戻って魔法でミミズクを癒した。

「安心するがいい ミミズクよ。おぬしはまた一つ 許されたのだから」

酒場にて

場面は変わり、王都レッドアーク。

聖騎士は、多くの人で賑わいをみせる酒場にやってきた。

聖騎士の気さくで人懐っこい性格に人々も親しみを持っているのか、次々と声をかけられる。

聖騎士はいつもの通りハーブティーを注文し、酒場の人々の営みを嬉しそうに眺めながら飲み始めた。

「そういえばねぇ 聞いたかい騎士様」

酒場の女主人が話しかけてきた。なんの話だい、と返す聖騎士に、女主人は夜の森に巣食う魔王の話を始めた。

フクロウとミミズク

夜が更けた。フクロウは、大木の枝の上で満月を眺めていた。

ふと、下のほうで鎖の音が鳴ったのに気づいた。目を向けると、根の方にミミズクがいた。

「そんなものつけて邪魔ではないのか」

突然フクロウに話しかけられ、ミミズクは驚いた。今まで話しかけられたことなどほとんどなかったからだ。

ミミズクは、鎖のことが嫌いじゃないのだと答える。きれいな音もするし、自分の持っているものはこれしかないから、と。

フクロウのいる枝まで登り、隣に座る。

どうしてフクロウは人間が嫌いなのかとミミズクは尋ねた。

魂が醜いからだと答えるフクロウ。ミミズクは自分だってきたないけれど、きれいなフクロウのとなりにいられることは幸せだと思った。

「あたし今 もうすーごい幸せぇー」

笑うミミズクを見て、フクロウはミミズクの額に手を向けた。

額に手を差し伸べられたとき、とうとう食べてくれるのかと目を閉じたフクロウは、しばらくしてそれが違っていることに気がついた。

川で自分の顔を見ると、焼きごてで押された番号は美しい紋章に変わっていた。

喜び、自分を抱きしめて笑うミミズク。生まれて初めてだ、ミミズクがきれいだなんて。

その様子を見ていたフクロウは、うっすらと微笑みを浮かべていた。

ミミズクと夜の王の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『月刊LaLa2021年2月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ミミズクと夜の王』第4話が含まれている、月刊LaLa2021年2月号を無料で読むことができます。

※配信予定は1月14日です。
お知らせ予約することで、発売日にすぐ読むことができます。

31日間無料でお試し可能

ミミズクと夜の王【第4話】の考察・感想

ミミズクとフクロウの心の距離が、少しづつ近づいてきていることを感じさせられた回でしたね。

何度突っぱねられても、あきらめずに何度もフクロウに尽くそうとするミミズク。

そんなミミズクに、心が動かないはずないですよね。

奴隷だった頃に、殴られたり焼きごてで数字をつけられたり、今までひどい扱いをされてきたことをミミズクは笑顔で話していますが、笑顔なだけに余計に胸が痛みます。

夜の王ともっと仲良くなってほしいですね!

さて、夜の王の噂は王都まで広がってきたみたいですが、とうとう聖騎士も動くのでしょうか?

次回の展開が気になります!

まとめ

以上、『ミミズクと夜の王』第4話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ミミズクと夜の王』第4話は、LaLa3月号(1月22日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!