パラレルパラダイス【第152話】ネタバレと考察・感想!陽太、トリス達を挑発する

パラレルパラダイス【第152話】ネタバレと考察・感想!陽太、トリス達を挑発するのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年22・23号(4月26日発売)の『パラレルパラダイス』第152話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第151話第152話第153話

パラレルパラダイス【第152話】のあらすじ・ネタバレ

認めないトリス

陽太は、ルーミとの行為をトリスに見せつけていました。

無表情で何事も無かったかのようにその光景を見るトリス。

しかし、トリスは、両手で自分の股にいつの間にか手を当てていました。

陽太は、それを見逃さずにトリスに勝手な事をするなと指摘しました。

トリスは、自分は股間が痒いから書いているだけだと笑顔を見せました。

苦しい言い訳だと呆れる陽太。

陽太は、トリスに身体から焼き芋の様な匂いがするので充満させるなと言いました。

すると顔を赤くするトリス。

陽太は、焼き芋の匂いを指摘されると動揺するトリスを変な奴だと思っていました。

陽太は、更にいい加減に自分に発情していることを認めろと詰め寄ります。

トリスは、自分の発情があったとしたらそれは陽太の影響ではない。

全くの無関係だと断じて認めないトリス。

するとそこにユーマが部屋にやってきました。

ユーマは、陽太達を見てどういう状況なのかとトリスに質問しました。

トリスは、人間の交尾の観察だと笑いました。

ユーマは、トリスの匂いに気づき陽太達の行為を見て発情したのかと質問しました。

違うと全力で否定するトリス。

トリスは、陽太達を見てユーマとの情事を思い出して粗相をしたのだと告げるのでした。

陽太、ユーマ達を否定する為に挑発を始める

陽太は、トリスとユーマの関係が変でおかしいと感じていました。

ユーマは、陽太達の事を見学すると言いました。

陽太は、これは見世物ではない。

トリスとユーマは、この街で1番の年長で崩月でいつ死んでもおかしくはない。

2人とも抱くので変な意地を張るなと言いました。

トリスは、自分達には命より大事なものがあると断りました。

それは、正義と貞淑だと告げるトリスとユーマ。

2人は、多くの住民を差し置いて自分達だけ生きるのは正義ではない。

愛する人を裏切ってまで抱かれたくないと断言しました。

陽太は、自分の命より大事なものがあると言う2人の信念に自分の考えや行為を勧めるわけではな

と諦めそうになりました。

しかし、考え直す陽太。

陽太は、トリス達に向かって言いました。

命より大事なものはない。

自分がトリス達に触れれば発情し自分を求めてくる。

そんな奴等に正義や愛を語るなと強気で挑発を始めました。

そして、陽太は、トリスとユーマにそこまで言うのなら愛の強さを証明してみせろと言いました。

自分が触って発情せずに求めもしなかったら認めると。

トリスは、受けて立つと言いました。

ユーマは、メリットのない挑発に乗るなと止めようとしました。

トリスは、自分はユーマ以外に身体を許す事が無いという事実を証明したいと笑うのでした。

トリスの異変

陽太は、ルーミにユーマを拘束するように指示しました。

都合が悪くなったら大剣でぶん殴られたくない。

トリスを信用していないのかと強く言いました。

仕方なく拘束されたユーマ。

トリスは、陽太の前に立ちました。

陽太は、自分の事を舐めている。

自分は絶対に発情しないと笑顔を見せました。

陽太は、トリスの笑顔が可愛いと思いながら、無理矢理に交尾はしたくないと内心思っていました。

陽太は、トリスの前に手を差し出しました。

握ればいいのかと笑い握手するトリス。

ルーミは、それを見てトリスが墓穴を掘ったとドン引きしていました。

すると全身に電流の様な衝撃が走るトリス。

息を荒くして床に倒れてしまいました。

トリスの様子がおかしいと気づくユーマ。

トリスは、顔を赤くしながら心配無用だとユーマに大声で叫びました。

ユーマは、トリスに気の毒だが陽太に触れてしまうと陽太無しではいられなくなると言いました。

陽太は、このような状況の時の自分の勝率は10割だと言いました。

トリスは、興奮しながら陽太とは絶対に交尾はしないと必死に抵抗するのでした。

パラレルパラダイスの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングマガジン2021年22・23号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『パラレルパラダイス』第152話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年22・23号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

パラレルパラダイス【第152話】の考察・感想

陽太とルーミを見て平然としていたトリス。

しかし、それを装っていただけでだいぶ動揺していました。

言い訳凄く無理があって笑えます。

でも、トリスが赤面したり今まで見られない一面も見れてギャップが激しくて楽しかったです。

命より大事なものがあると陽太を拒否するトリスとユーマ。

それでも陽太は、強気な長髪を繰り返しました。

トリスは、ユーマとの愛の強さを示すと受け入れました。

絶対に屈しないと宣言するトリス。

陽太に手を握られた瞬間、崩れ落ちる様に倒れるトリス脆すぎます。

陽太の勝利が確実となりました。

トリスは、抵抗し陽太を拒否し続けられるのか。

それとも受け入れることになるのか、勝負の行方が楽しみです。

次回も見逃せません。

期待しています。

まとめ

以上、『パラレルパラダイス』第152話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『パラレルパラダイス』第153話は、週刊ヤングマガジン24号(5月10日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!