ランウェイで笑って【第182話】ネタバレと考察・感想!EGAOの戦略と研二の策略

ランウェイで笑って【第182話】ネタバレと考察・感想!EGAOの戦略と研二の策略のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年19号(4月7日発売)の『ランウェイで笑って』第182話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第181話第182話第183話

ランウェイで笑って【第182話】のあらすじ・ネタバレ

研二の実力

 千雪は「ミルネージュ」がなくなって「beyond」に変わったことに今も思うところがあった。

 一方研二は精力的に働いていた。シャルのアジアでの認知度を獲得するために、化粧品メーカーとのコラボを加速する必要があると考えていた。そのために石油商社とコンタクトを取っていると話すが、担当者はシンガポールのメーカーが弱いため最大手を捕まえてほしいと口にした。

 ただ内心はすでに中韓日のトップクラスのメーカーを短い時間で捕まえていたことに驚嘆していた。改名に反対していたにもかかわらず精力的に働いていることを指摘しつつ、「BEYOND」の名を得ることで一層活躍する研二の実力を認めるのだった。

運営を動かすために必要な要素

 EGAOはSNS戦略のためとりあえずカメラを回すことにした。すると花村がカメラの前でポーズを取り始めた。それを見た育人は「変な人」としてバズらないか美依に尋ねるが、面白いのは身内だけだと答えた。

 美依は本当に狙ってバズることができるのか考えていた。キャッチーさ、タイミング、物の良さ、色々なものが重ならなければファッションウィーク運営を動かすことは難しく、あまりの不確定要素の多さに頭を抱えた。SNS戦略だけでなくあと一つ運営が食いつく要素が必要だと美依は考えた。

 美依はそれからも地道に営業を続けるが方法も量も、案件も運営を動かすには足りず、徐々に焦りを感じていた。

研二の策略

 研二はその後も精力的に働き続けていたが、シャルのダブルブッキングが発生した。社員が研二を呼びに行くと、すでに姿はなく雫はニューヨークに向かったことを告げた。

 オリヴィアは研二を呼び出すとまずは精力的に働いていることを労うが、それに対して研二は謝罪を返した。オリヴィアがなぜ謝罪をしたのか問いかけるとシャルのダブルブッキングを起こしてしまったからだと答えた。オリヴィアはわざとやったのか詰め寄るが、研二はあくまで判断ミスだと答えた。

 研二は「BEYOND」の名を利用することでより仕事が獲得できることはあらかじめ予想していた。だから策を立てていた。仕事を獲得することで研二自身の評価を高めつつ、シャルのスケジュールをコントロールすることができる。そして並のモデルでは到底得られないシャルの仕事のどれかを問題を起こして代役を立てざるを得ない状況に追い込むことで千雪のためになる仕事に穴をあけることができると考えた。もちろんむやみにダブルブッキングを起こせば信用が落ちるため、慎重に一つだけにする必要があった。

 研二はアジア再王手のランジェリーブランドの仕事はシャルに以外にも多数候補が上がっていたためリスケの選択肢を提案することはできないと判断し、代わりに「Ocelot」の特集ページの代替案を提示した。それは以前「Aphro I dite」の合同展示会でオリヴィア自身が目をかけたデザイナーが新しくブランドを発足したことを告げた。研二はオリヴィアに「EGAO」の記事を特集してもらえないか売り込むのだった。

ランウェイで笑っての最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年19号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ランウェイで笑って』第182話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年19号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ランウェイで笑って【第182話】の考察・感想

 ミルネージュがなくなったことが消化しきれない千雪とは対照的な研二の姿が描かれていました。以前よりも余裕があるにも関わらず「BEYOND」の名を得た研二は次々と成果をあげます。そこには裏の狙いがありました。それはシャルのスケジュールをコントロールして代替役が必要な状況を作り上げる事でした。その狙いは見事にはまると、予想通りオリヴィアに呼び出されました。わざとやったのか詰め寄られてもあくまで判断ミスだと答える辺り流石としか言えませんね。

 そして穴をあけることになる雑誌の特集の代替案として「EGAO」を売り込む研二によって、美依が求めていたファッションウィーク運営に対する打開策となるのか、来週も目が離せません。

まとめ

以上、『ランウェイで笑って』第182話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ランウェイで笑って』第183話は、週刊少年マガジン20号(4月14日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!