天堂家物語【第39話】ネタバレと考察・感想!天堂家のお家騒動、周の思惑が明らかに!

天堂家物語【第39話】ネタバレと考察・感想!天堂家のお家騒動、周の思惑が明らかに!のアイキャッチ画像
『天堂家物語』掲載
この記事は約5分で読めます

月刊LaLa2021年1月号(11月24日販売)の『天堂家物語』第39話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第38話第39話第40話

『天堂家物語』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

『天堂家物語』第39話のあらすじ・ネタバレ

天堂家のお家騒動と周の思惑

周は、らんに天堂家について語り始めた。

天堂家の当主になるには3つの条件があること。

直径の血筋であること、華族の令嬢と婚姻関係にあること、直系傍系の成人の推薦があること。

この条件を満たす者の中から、現当主が指名するのだという。

本来ならば、次の当主は現当主の正妻の長男である隼人が継ぐことになっている。

しかし隼人は体が弱く、そもそも病弱な現当主と表に出ないその妻を厭わしく思う親族は多い。

そこに当主の名を狙っていると名乗りを上げたのが、亡き長男天道貴人の血を引く天道雅人だった。

雅人は、もともとは母親と天堂家の離れで慎ましく暮らしていた。

しかし2年前に母親が殺されてから、天堂操に近づき、操の伝手で落ちぶれた伯爵令嬢と強引に婚約して当主争いに加わる権利を得た。

そんな雅人を財産狙いだと揶揄する者が多い中、周の考えは違っていた。

「おそらく雅人の目的は、母親を殺された犯人を捜すことだろう。」

そう言い当てる周に、らんは思わずぎょっと顔色を変えた。

2年前の事件の犯人の意図はわからないが、結果的に天道雅人は跡目争いに巻き込まれることとなった。

さらに実質的に天堂家を取り仕切っていた周たちの祖母が死に、天堂家の中は混乱の真っただ中にあるのだ。

そこに、鳳城蘭を攫ったのは隼人だという偽りの情報を雅人に渡すことで、不安定な土台の上でお家騒動をさらに加速させ、この家を滅茶苦茶にさせる。

そしてその隙に、周は晶と家を出る。それが周の思惑であった。

「先刻のお前の話 天堂雅人の情報を意図的に隠しただろう」

周は見透かした瞳でらんを見る。

黙り込むらんに、周は微笑んで脳があることは良いことだ、と言った。

今はまだ駆け引きを楽しもうじゃないか、と――。

らんは再び脱出を試みるが…

周が語り終え、いくらか時間がたった。

周は、らんの側にひいてある布団に腰を下ろして読書をしている。

縛られているらんの顔には、疲れが浮かび始めていた。

(体が重い このままでは逃げる体力が無くなる)

早く逃げなければと焦るらん。

梁にくくりつけられた縄を、行灯を倒して炎で焼き切ることを思いつくものの、危険すぎて躊躇する。

ふと、周が部屋を出て行った。

その隙に、らんは布団を足でひっぱって行灯を倒そうと目論む。

ようやく届いた、その瞬間

「楽しそうだな」

周が部屋に戻ってきた。手には、なにやら香を携えている。

双子の歪んだ愛情

香は、薬だった。

「香が利くまで 俺の話をしよう」

そう言って、周は再び語り始めた。

周と晶の母親は、小さい頃から二人を毛嫌いしており、数えで3つの時晶を間引こうとしたらしい。

周が騒いだことでその事件は祖母の耳に入り、二人は祖母に預けられることになった。

祖母は、頭の固い人物だった。その教育方針に反駁した周は、一人だけ離れに隔離されることになる。

ある時祖母は思い出したように二人に家庭教師をつけた。

周曰く、そいつがまたいかれた奴でどうしても周か晶、どちらかが欲しいという。

周は自分を選ぶように仕向けたが、やはり晶も欲しいと言い出したので、井戸に落として殺してしまった。

自分一人でやるつもりだった周に、晶はついてきた。

そして震える手で周の手を握って、”2人でやった”と言った――だから罪も半分こだと。

晶は周を守っているつもりなのだ。だから周は自分のものだと。

そのくせ、周がいないと何もできない晶は恐れてもいる。

逃げられないから周を愛している。

周もまた、美しい姉を愛していた。

晶は、無知で、高慢で、汚れない、美しい俺だと。誰にも侵させるものか、と言った。

話を聞いていたらんには、限界が近づいていた。

喉の渇きを覚えるらんに、周は水の入った杯を差し出した。

「これが欲しいか?」

思わずごくりと喉を鳴らすらん。罠だと思いつつ、このままでは体が持たないと思ったらんは周に乞うた。

「いい子だ」

ほら、と喉に流し込まれたものを飲み込んだらんは、思わず吐き出した。

水だと思っていたものは、酒だったのだ。

口が軽くなるように、と。

さあ、次はお前の番だと周が誘う。その胸のうちをすっかり話してしまえ、と――。

『天堂家物語』第39話の考察・感想

天堂家のごたごたが、見事に解説されていた回でしたね。

周がらんを攫ったのは、実はお家騒動を加速させてその混乱に乗じて晶と逃げるためだとは…。

双子のシスコン・ブラコンっぷりがすごいなと思いました。重度です。

酒を飲まされたらんは何を語ってしまうのか…雅人への思慕なんでしょうか?

そろそろらんがほんとにピンチなので、誰か助けに来てほしい!

次回は立花さんが助けに来てくれることを、いややっぱり雅人様が助けに来てくれることを期待して次回も楽しみに待ってます!

『天堂家物語』の最新話を無料で読む方法

クランクイン!コミックの『月刊LaLa2021年1月号』詳細画像

『天堂家物語』の最新話を漫画で読んでみたい…

そんなあなたにクランクイン!コミックがおすすめ!

初回の無料登録で、すぐに3000円分のポイントを貰えるので、『天堂家物語』第39話が含まれている、月刊LaLa2021年1月号を無料で読むことができます

『天堂家物語』掲載

まとめ

以上、『天堂家物語』第39話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『天堂家物語』第40話は、LaLaにて12月24日に発売予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

天堂家物語の8巻の画像

『天堂家物語』8巻が10/5に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※