少年のアビス【第42話】最新話ネタバレと考察・感想!それぞれの悲喜

少年のアビス【第42話】最新話ネタバレと考察・感想!それぞれの悲喜のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年11号(2月10日発売)の『少年のアビス』第41話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第41話第42話
(最新話)
第43話

『少年のアビス』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

少年のアビス【第42話】のあらすじ・ネタバレ

ナギの意思

似非森から凪と名付けた熱帯魚の世話を頼まれた令児。

貰った部屋の鍵を利用して世話に行く。

今は誰もいないナギの部屋。

ほのかに香るナギの匂い。

寝室の机の上に熱帯魚はいた。

よかった、まだ生きている。

熱帯魚を見つめながら、似非森の言葉を反芻する。

ナギは生き方を知らない。

水死体のように漂うことしかできない。

令児はナギの気持ちに気付けなかった自分を責める。

「心中しようか」と令児に投げかけたナギ。

生き方を知らないナギのたった一つの意思だったのかもしれない。

東京へ行くことができる令児

別に令児だったから心中を持ち掛けたとは限らない。

誰でも良かったのかもしれない。

それでもあの時、あの場所でその言葉を聞いたのは自分だ。

餌をやり終わった令児は机の上に似非森からメモが残されていることに気付いた。

そこにはナギの携帯番号と旅費があった。

似非森が「東京に行きたいなら連れて行ってあげる」と言っていたことを思い出す。

ナギに会いに行ける。

令児の心がざわめき始める。

告げ口

令児から返信が来なくて心配していたチャコは何度もスマホを確認する。

令児から返信が来てようやく安心できた。

友達との会話も上の空で令児の先生のことを思い出す。

きっと令児の先生と付き合っていたのはナギと出会う前なのだ。

アイドルとやれるなら、おばさんとは別れるだろう。

そのようなことを考えていたら、担任に呼ばれた。

内申点を上げるために生徒会選挙に出ようとした件だろうか。

一言も喋らない担任に違和感を覚えつつも黙って後ろをついていくチャコ。

教育相談室に入ると先に学年主任がいた。

面倒臭いけど、内申点をあげるために生徒会長に立候補しようかなと考えていると、担任が口火を切る。

「昨日、他校の男子生徒と漫画喫茶で不適切なことをしたそうね」

目の前が真っ暗になるチャコ。

担任はそのまま話続ける。

先ほど向津高校の先生が来た。

その男子生徒の先生だ。

その先生はチャコが「交際もしていないのに体の関係を迫ってきて困っている」と男子生徒に相談

れたと報告してきた。

チャコの学校では生徒だけで漫画喫茶に行くことは禁止している。

「それどころの話じゃないだろう」と学年主任が声を荒げて机を叩く。

担任も「早稲田に行くために態度で示す」と言っていたのに軽率な行動をとったチャコを責める。

チャコは泣きながら「すみません」と謝る。

嗚咽と涙で視界が歪む。

担任の言葉も頭に入ってこない。

どうやら男子生徒のプライバシーに配慮して先方は大事にしたくないらしい。

意欲的に勉強をしている男子生徒のために、今後近づかないことを要請されたチャコ。

内々で処分を決めるために放課後また来るように言われる。

さらにチャコの母親も呼ぶらしい。

親には言わないで欲しいと訴えるチャコだが、聞き入れられない。

親に知られれば、東京行きは許可されないだろう。

絶望で打ちひしがれるチャコ。

先生は怖いよ

ラ~ララ~ラ~ララ~。

告げ口の帰り道だろうか。

鼻歌でご機嫌な先生。

完全に自分が正しいことをしたと疑わない目だ。

少年のアビスの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年11号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『少年のアビス』第42話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年11号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

もうU-NEXTに登録してしまった方は以下のサービスがおすすめ!

登録で貰えるポイントやクーポンで、最新話がお得に楽しめます。

配信サービス特徴登録
コミック.jpのロゴお試し登録で
1350P
※期間限定!
30日間無料
ebookjapanのロゴ半額クーポン
6枚貰える
月額無料
まんが王国のロゴ毎日最大
50%オフ
月額無料

少年のアビス【第42話】の考察・感想

ナギの事で頭が一杯の令児は次の行動に移ることが示唆されています。

前回の描写も考えると東京に向かうのでしょう。

それに対して、未来を夢見ていたところから落とされたのがチャコです。

告げ口をした先生の何が怖いって、ノーガードの打ち合いだと先生の方が分が悪いのです。

未成年に手を出していますから。

そのような点にまったく気が回っていない先生は怖いです。

目が逝っています。

素直に認めてしまったチャコですが、先生の虚言だと反発していたらどうなっていたのでしょうね。

カウンターになっていたかもしれませんが、今の先生と争いたくない気もします。

まとめ

以上、『少年のアビス』第42話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『少年のアビス』第43話は、週刊ヤングジャンプ13号(2月25日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

少年のアビスの3巻の画像

『少年のアビス』3巻が12/18に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※