少年のアビス【第41話】最新話ネタバレと考察・感想!似非森と令児の関係性

少年のアビス【第41話】最新話ネタバレと考察・感想!似非森と令児の関係性のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年10号(2月4日発売)の『少年のアビス』第41話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第40話第41話
(最新話)
第42話

『少年のアビス』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

少年のアビス【第41話】のあらすじ・ネタバレ

似非森から見たナギ

似非森はゆっくりと煙草をふかしながら「令児ではナギの灯火になれなかったか」と呟く。

ナギを死体と表現し、帰ろうとする似非森。

意味の分からないことを言う似非森に憤る令児。

帰ろうとする似非森に八つ当たりするかのように訴える。

ナギは結局は自分で明るい世界に帰っていったのだ。

令児との関係は本気ではなかったのだ。

足を止めた似非森は、後ろを向いたままナギは生き方を知らないと語る。

ナギを水に浮かぶ水死体と表現する似非森は、少し掻けばナギをこちらに引き寄せられると言う。

奥さんにもなってくれるし、アイドルにも戻る。

ああしろ、こうしろといえばその通りになるのである。

似非森はナギが令児といた夜のことを指摘する。

似非森はあの日も令児がナギを引き寄せたのだろうと推測している。

似非森と令児の母の関係

令児はナギと共に過ごしたあの日を思い出す。

あの日はナギから令児に心中を持ち掛けたのだ。

はかなく消えた人魚のようなナギを思い出しながら、令児は「あの夜に戻りたい」と呟く。

ナギに執着のない似非森は、ナギと令児の邪魔をしてしまったことを謝る。

あの日、似非森はどうしてもナギに確認したいことがあったのだ。

コンビニの裏であった少年、令児とナギは何かを話したのだろうか。

まさか、その少年がフルチンで家にいるとまでは想像できなかったけれど。

笑いながら話す似非森は、そのとき令児を見て、一目で誰かが分かった。

切なそうな顔で似非森は「令児に会いたかった」と伝える。

似非森の言葉で、令児の額の古傷が疼く。

この傷は父親に投げつけられた灰皿でできた。

父親は「どうせお前は俺の子じゃない」と声を荒げて灰皿を投げつけた。

過去の古傷を思い出した令児は気分が悪くなり、祖母の世話を口実に会話を打ち切った。

似非森も母の世話があると言い、お互いに帰ることにした。

すれ違う時に足を取られてぶつかる二人。

倒れた似非森に手を差し伸べる令児。

見上げた似非森には、かつて学生だった令児の母がほほ笑んでいるように見えた。

状況は動き始める

しばし呆然とする似非森。

「大丈夫ですか」と心配する令児の声で我に返った似非森は寝不足のせいだとごまかす。

思い出したかのように似非森は令児に部屋の鍵を渡す。

凪と名付けた熱帯魚に餌をやりに行って欲しいからだ。

部屋を好きに使って良い、さらに似非森は令児が東京に行きたいなら連れて行ってあげるとも言う。

なぜそこまで自分の面倒をみようとしてくれるのか疑問に思う令児。

多少の違和感はあるが、それでも令児は餌やりをすることを約束して鍵を受け取った。

去っていく令児を見つめながら、似非森は令児を見届けたいのだと呟く。

なぜなら自分は作家だから。

さて、時間は経過する。

どうやら令児はしばらく学校にいっていないようだ。

クラスメートたちが心配する中、副担任が現れた。

どうやら柴沢先生が家庭の事情で休みらしい。

少しずつ留まった状況が動き出す。

少年のアビスの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年10号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『少年のアビス』第41話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年10号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

少年のアビス【第41話】の考察・感想

状況が動き始めました。

おそらく令児は東京に向かったのでしょう。

柴沢先生がストーカーで追っていそうですね。

チャコに対しては強気で出た柴沢先生ですが、ナギに対してはどういう感じになるのでしょうか。

さて、似非森と令児の母、令児の義父(?)あたりの情報が少し出てきました。

令児は似非森の子の可能性はあるのでしょうか。

まだ情報が断片的なので決めつけは良くないかもしれません。

令児と父の関係が鍵になりそうなので楽しみにしています。

まとめ

以上、『少年のアビス』第41話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『少年のアビス』第42話は、週刊ヤングジャンプ11号(2月10日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!