少年のアビス【第40話】ネタバレと考察・感想!令児の本当の気持ちは?

少年のアビス【第40話】ネタバレと考察・感想!令児の本当の気持ちは?のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年9号(1月28日発売)の『少年のアビス』第40話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第39話第40話第41話

『少年のアビス』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

少年のアビス【第40話】のあらすじ・ネタバレ

ナギの社会復帰

先生のストーカー行為などにより心底疲れ果てた令児は茫然とネットを見ていた。

いつもの習慣でナギの音楽を聴いていると、ナギの復帰がもてはやされている。

表向きは病気療養で無期限活動休止していたが、公式が正式に復帰することをアナウンスしたのである。

ツアーの決定や現在の写真も公開しており、髪が伸びたナギの姿にコメントも盛り上がっている。

心中まで誓い合ったはずのナギは、令児に一言もなく表の世界に帰っていった。

もう暗くなった部屋で電気もつけずに布団をかぶり呆然と眺める令児。

そこにいた君はもういない

突然、母から電話がかかってきた。

我に返った令児は電話に応じる。

母親は仕事に出ており、令児に祖母の食事を頼みたかったのである。

いろいろあってお弁当のことをすっかり忘れていた令児はコンビニに買いに行く。

先生にストーカーされていないかとビクビクしながらコンビニに走る。

暗くなった田舎で燦燦と輝くコンビニの光。

外から中を窺うが、もうそこにはナギはいない。

中に入らずにかつてナギが休憩していた裏側に回ってみる。

いるはずのないナギに期待してそっと覗き込む令児。

人知れず一人で煙草を吸っていたナギはもういない。

呆然と立ち尽くす令児。

本当にナギはこの町に存在していたのだろうか。

令児の本当の気持ち

現実に向き合うのが辛くなってきた令児は、ただひたすら駆け出した。

全力で駆けて河原に向かう。

息が苦しい。

煙草を吸っていたナギ。

息が苦しい。

煙を吐き出すナギ。

息が苦しい。

息をしろって言ったのはナギじゃないか。

ナギに出会わなかったら、いつまでも死んだままでこの町に居られた。

なぜ、自分の心に火をつけたのだ。

火をつけておいて、なぜ勝手に消えるのだ。

涙を零す令児。

死を決意したあの河原には今は誰もいない。

先生が河原で令児を助けたのは運命だって言っていた。

運命なんて何も救ってはくれない。

自分はあのときこの場所で死にたかったのである。

誰と?

一緒に東京に行って欲しいと要望するチャコ。

死ぬまで一緒に町で暮らそうとする玄。

二人で知らない町へ行こうとする先生。

令児と心中を希望する母親。

令児は涙を流す。

そして自分を救ってくれたのはナギだった。

ナギと死にたかったのだ。

謎が残るナギの気持ち

夜の7時になると半額弁当が買える。

忘れずに祖母の弁当を買った令児が帰ろうとすると、似非森に呼び止められた。

そういえばこのコンビニは似非森もよく利用する場所であった。

ナギは東京に行ったのに、似非森がまだこの町に残っていることに不満を漏らす令児。

ナギが東京に行ったことを再度確認する。

煙草に火を灯しながら、一服した似非森は、心底興味がなさそうに「そうなの?」と聞き返す。

似非森は令児ではナギの灯火になれなかったかと感慨にふける。

そして似非森はナギのことを死体と表現し、また流れて行ってしまったと呟く。

似非森の言葉に怒りよりも戸惑いが隠せない令児。

ナギには生きる目的がないのだろうか。

少年のアビスの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年9号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『少年のアビス』第40話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年9号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

少年のアビス【第40話】の考察・感想

ずっと自分の事でいっぱいいっぱいだった令児ですが、遂に自分の本音に辿り着きました。

チャコにしても玄にしても腐れ縁で繋がっていただけです。

先生も状況から救ってくれるなら誰でも良かったのです。

母と心中するのもただ現実から逃げたかっただけです。

でも、ナギと心中するのはナギじゃなきゃ駄目なのです。

倒錯していることには変わりありませんが、それでも令児が選択した答えがそれなのです。

しかし、ナギも同じ気持ちとは限りません。

いや、一人で東京に帰った時点で、その可能性は限りなく低いのかもしれません。

この先、令児がどういう行動を起こすのかに注目しています。

まとめ

以上、『少年のアビス』第40話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『少年のアビス』第41話は、週刊ヤングジャンプ10号(2月4日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!