ウマ娘シンデレラグレイ【第28話】ネタバレと考察・感想!最後に微笑むのは誰だ

ウマ娘シンデレラグレイ【第28話】ネタバレと考察・感想!最後に微笑むのは誰だのアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年9号(1月28日発売)の『ウマ娘シンデレラグレイ』第27話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第27話第28話第29話

『ウマ娘シンデレラグレイ』を無料に読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

ウマ娘シンデレラグレイ【第28話】のあらすじ・ネタバレ

レースの勝利者

日本ダービーも残すところラスト100メートルとなり、先頭を走るのはメジロアルダン。

しかし、負けたくない一心で最後の力を振り絞ったサクラチヨノオーがメジロアルダンを差し返した。

最高峰から一気に追い上げを見せ大外から強襲するオグリキャップ。

その姿を見て直談判に来た時を思い出しながら物憂げな表情で見つめるシンボリルドルフ。シンボリルドルフはオグリキャップを強いと認め、その実力を同世代どころか学園屈指と称えるが……。

日本ダービーを制したウマ娘はサクラチヨノオーだった。その後をメジロアルダンとダブルインター、ヤエノムテキが続いていく。

次々とアナウンサーがゴールするウマ娘の名前を呼んでいくが、そこにオグリキャップの名前はなかった。

何故ならシンボリルドルフの気持ちを踏まえたとしても、なおオグリキャップの出走に対して理事長の答えはノーだったからだ。

オグリキャップの日本ダービーへの出走は叶わなかった。

無情にもオグリキャップの前に強豪ウマ娘たちではなく制度の壁が立ちはだかっていた。

ウマ娘の魅せる「夢」

七バ身の差を付けて勝利したオグリキャップに声をかけるベルノライト。

まだ勝利の実感のないオグリキャップに六平は事実を告げる。

オグリキャップは確かに勝ったのだ。ただし日本ダービーではなくニュージーランドトロフィーというグレード2のレースだが。

初のグレード2を難なく勝利し、中央重賞四勝目を手にしたオグリキャップに機嫌の良さそうな六平だったが、オグリキャップの表情は愕然としていた。

オグリキャップの魅せたレースに日本ダービーを重ねてしまっていたシンボリルドルフは自分を未練がましく思っていた。

シンボリルドルフの意見は尊重され理事長は日本ダービーの出走にクラシック登録が必要だというルールの改定を検討すると約束する。

それはダービーの直前に規約を改訂してしまうのはURAの掲げる公平性に反するとしながら、何年かかっても必ず改訂してみせるという強い意志で応えられたものだった。

「いつか私たちが目にする夢のために」というその誓いの先には輝ける一人のウマ娘がいた。

日本ダービーへの出走は叶わず、クラシックの栄光を手にする機会を断たれたオグリキャップ。
だが、その姿を見つめるシンボリルドルフはそんな彼女に誇れと奮い立てた。

自らの宣言通りに常識もルールも覆したオグリキャップという夢を見せてくれるウマ娘に期待していると暖かい眼差しで見守るシンボリルドルフ。

日本ダービーへ挑戦したいがためにやれることはやったと思うオグリキャップだが、それでも日本ダービーを走りたいという希望は叶わなかった。

それを運命だと言い訳したくないオグリキャップは今までも、これからも自らの脚で立って自分の道を走り続けることを決意する。

静寂の中でゲート前にたたずむ一人のウマ娘がいた。彼女はオグリキャップの前にライバルとして立つことになる一人のウマ娘だった。

ウマ娘シンデレラグレイの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年9号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ウマ娘シングレラグレイ』第28話が含まれている、週刊ヤングジャンプ2021年9号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

もうU-NEXTに登録してしまった方は以下のサービスがおすすめ!

登録で貰えるポイントやクーポンで、最新話がお得に楽しめます。

配信サービス特徴登録
コミック.jpのロゴお試し登録で
1350P
※期間限定!
30日間無料
ebookjapanのロゴ半額クーポン
6枚貰える
月額無料
まんが王国のロゴ毎日最大
50%オフ
月額無料

ウマ娘シンデレラグレイ【第28話】の考察・感想

まさかの日本ダービー出走が叶ったと思いきや、全ては諦めきれなかったシンボリルドルフの見ていた幻でした。

言われてみれば他の出走者と一緒に描かれているシーンがないような気も。

自身の出走は叶わなかったオグリキャップでしたが、彼女が一石を投じた波紋から何人ものウマ娘が救われていくことになります。

その筆頭がまだ見ぬ姿として描かれたテイエムオペラオーでしょう。

最後にはもう一人の芦毛の名馬を継いだウマ娘、タマモクロスが再登場。

彼女が主役になるであろう新章に期待です。

まとめ

以上、『ウマ娘シンデレラグレイ』第28話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ウマ娘シンデレラグレイ』第29話は、週刊ヤングジャンプ2021年10号(2月4日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

ウマ娘 シンデレラグレイの1巻の画像

『ウマ娘 シンデレラグレイ』1巻が1/19に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※