ウマ娘シンデレラグレイ【第30話】ネタバレと考察・感想!原点と目標

ウマ娘シンデレラグレイ【第30話】ネタバレと考察・感想!原点と目標のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年11号(2月10日発売)の『ウマ娘シンデレラグレイ』第30話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第29話第30話第31話

『ウマ娘シンデレラグレイ』を無料に読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

ウマ娘シンデレラグレイ【第30話】のあらすじ・ネタバレ

最強のルーツ

走るコースを見つけ、喜ぶ少女。

それは・・・幼い頃のタマモクロスだ。

母はタマモクロスの横で、アパートの部屋を借りようとしている。

この場所に部屋を借りようとした理由は、走る場所が近くにあるから・・・。

走るのが大好きな娘のために、母はいつでも走れる環境を用意したいと考えていた。

事情を説明している母の言葉を聞き、アパートの大家さんに話しかけるタマモクロス。

自分は天才で、日本一のウマ娘になると宣言する。

ただ・・・部屋が全部埋っていると、断られてしまった。

ショックのあまり、タマモクロスは叫び声を上げる。

さらに、ここに住みたいと泣き叫ぶのだ

大家さんに謝りながら、娘を引っ張って行く母。

そんな親子の姿を、アパートに住む1人の住人が見下ろしていた。

無言

宝塚記念を制したタマモクロス。

トレセン学園でレースを観戦していたウマ娘たちは、黙っている。

その雰囲気に耐えかねて、何か話せと口を開いたのはディクタストライク。

しかし、ヤエノムテキは口にしたのは、何も語る必要がないという言葉。

それほどタマモクロスの強さは、圧倒的なのだ!

間違いなく中央最強のウマ娘は、彼女・・・。

ヤエノムテキは、そう断言するのだった。

その頃、自室で下を向いているのはオグリキャップ。

タマモクロスのことが頭から離れず、その実績を振り返っている。

大きな実績は、超長距離レース天皇賞(春)の勝利。

デビュー当時の戦績は目立っていなかったが、昨年の秋頃から頭角を現す。

そして現在は、怒濤の7連勝中!!

今日のレースではマイル女王アキツテイオーと比較され、中距離実績が不足していると2番人気。

ただ・・・結果は圧倒的な勝利だった。

六平はそんなタマモクロスの実績を説明し、覚悟しろと話す。

今後、直接対決もある・・・!!

電話

〝最強〟という称号が、ずっと耳に残っているオグリキャップ。

その時、ベルノライトが部屋に入ってくる。

笑顔のベルノライトは・・・電話がかかってきたと話すのだ。

戸惑いながらも、受話器を手にするオグリキャップ。

受話器からの声を聞き・・・マーチと呟いた。

電話の相手は、フジマサマーチだったのだ!

テレビでオグリキャップの活躍を見ていると話すフジマサマーチ。

話しの中で、オグリキャップはフジマサマーチの調子を尋ねる。

その言葉に、暫く黙るフジマサマーチ。

その後ニヤリと笑い・・・東海ダービーに出走したと話した。

どうだったのかと問われ、当然1着だと答える。

ただ・・・そう言えれば良かったとフジマサマーチは続けたのだ。

本当の成績は、東海ダービー4着。

中央で快進撃を続けるオグリキャップの、ライバルだったのに・・・。

フジマサマーチは、残酷な現実に直面していた。

少し、挫けそう・・・。

ポツリと呟いたフジマサマーチに、オグリキャップは声をかける。

それはダメだ!!

中央に旅立つ日、フジマサマーチはオグリキャップより長くレース場に立つと宣言。

言葉足らずではあるが、オグリキャップは励ましの言葉を贈ったのだ。

新たな目標

オグリキャップの言葉に、笑い声を上げるフジマサマーチ。

励ましの言葉を受け、元気になっていた。

一つの山を登り切ったなら、次の山を目指せばいい・・・。彼女は既に、次の目標を見据えている。
そんなフジマサマーチは、オグリキャップにも次の目標を尋ねた。

その問に、分からないと答えるオグリキャップ。

東海ダービーに日本ダービー。

目標とするレースに出走すらできず、彼女は目標を見失っていたのだ。

次は何を目指せばいいか、分からない・・・。

そう呟いたオグリキャップに、フジマサマーチは簡単なことだと言う。

最高のレースをすればいい!

フジマサマーチはそう話し、ある言葉を贈った。

日本一のウマ娘になれ、オグリキャップ。

フジマサマーチの言葉を受け、彼女の頭に浮かんだのはタマモクロス。

それと同時に、フジマサマーチのところにノルンエースが現れる。

オグリキャップと電話をしていることに気付き、声を上げたノルンエース。

うるさいからと、フジマサマーチは電話を切るのだった。

日本一へ・・・

笠松の仲間から、新たな目標を授かったオグリキャップ。

今日はGⅡの高松宮杯を、レコードタイムで圧勝している!

ただ、彼女に満足感はない・・・。

目指すは、〝最強〟の称号を持つタマモクロス!!

彼女に勝って日本一になると、オグリキャップは誓うのだった。

ウマ娘シンデレラグレイの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年11号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ウマ娘シンデレラグレイ』第30話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年11号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

もうU-NEXTに登録してしまった方は以下のサービスがおすすめ!

登録で貰えるポイントやクーポンで、最新話がお得に楽しめます。

配信サービス特徴登録
コミック.jpのロゴお試し登録で
1350P
※期間限定!
30日間無料
ebookjapanのロゴ半額クーポン
6枚貰える
月額無料
まんが王国のロゴ毎日最大
50%オフ
月額無料

ウマ娘シンデレラグレイ【第30話】の考察・感想

目標をなくしたオグリキャップを励ましたのは、笠松時代のライバルであるフジマサマーチ。

最後に彼女が発した言葉には、感動しました!!

日本一のウマ娘になれ!

苦しんでいるフジマサマーチが言うからこそ、説得力が増したように思います。

原点に戻ったことで、オグリキャップには見えてきたものがあるのが・・・。

〝最強〟に挑む覚悟が、今できたのです!!

ここからは、白い稲妻との直接対決。

最初の対決は、天皇賞(秋)となります。

まとめ

以上、『ウマ娘シンデレラグレイ』第30話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ウマ娘シンデレラグレイ』第31話は、週刊ヤングジャンプ2021年12号(2月18日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

ウマ娘 シンデレラグレイの1巻の画像

『ウマ娘 シンデレラグレイ』1巻が1/19に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※