チェンソーマン【第97話】最終回ネタバレと考察・感想!マキマはどうなったのか!?

チェンソーマン【第97話】最終回ネタバレと考察・感想!マキマはどうなったのか!?のアイキャッチ画像
50%OFFクーポンでお得に読める!
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年2号(12月14日発売)の『チェンソーマン』第97話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

チェンソーマン【第97話】最終回のあらすじ・ネタバレ

デンジは、パワーの飼っていたミーコと、マキマの飼っていた愛犬たちを連れて、ベンチに座る岸部に会いに行きます。

デンジがマキマを全部食べたことを岸部に告げると、岸部が「どうしてマキマに気づかれず攻撃できた?」と質問すると、その答えをデンジから聞きました。

デンジと岸部の2人で話していると、デンジの知らない子供が犬と遊んでいます。

デンジは追い払おうと手を振りますが、指をかまれてしまいます。

その時のかむ力で、デンジは子供がマキマだと思いこんでいますが、岸部曰く、「もうマキマではない 支配の悪魔だ」とのこと。

岸部は支配の悪魔の世話をデンジに任せると、その場を去りました。

支配の悪魔の子供の名前は『ナユタ』。

一緒に暮らすことになったナユタとデンジですが、ある夜、デンジが夢を見ます。

夢では、ポチタが自分の夢が叶ったこと、支配の悪魔の夢を叶えてほしいことをデンジに言い残します。

そして夜が明け、街に悪魔が出ます!

その悪魔を殺すのは、高校生となったデンジでした!!

こうして、『第一部 公安編 完』となります。

ペットを連れて岸部のもとへ!どうやってマキマを殺せたのか!?

デンジは、パワーの飼っていたミーコと、マキマの愛犬たちを連れて、ベンチに座る岸部のもとへ会いに行きます。

開口一番、デンジが「全部食いました オレん腹からも便所からも マキマさんは復活しませんでしたよ」と岸部に告げます。

それを聞いた岸部は、「マキマに攻撃は通じない・・・・・・それをどうして殺す事ができたのか・・・・・・」という疑問をデンジに投げかけました。

デンジ曰く、「攻撃じゃない 愛ですよ 愛」とのことですが、岸部からすれば、「契約内容か認識の問題をたまたま上手くつけたんだろうな」という答えでした。

最後に、岸部は「どうしてマキマに気づかれず攻撃できた?アイツのことだ すぐに気づかれるだろう」と聞きます。

デンジはこれに対し、「なんとなく今までの会話とか敵の情報から察せた事があるんです」

「マキマさんはね・・・匂いで俺達を見てるんです」

「一人一人の顔なんて覚えちゃいなくて・・・ 気になるヤツの匂いだけしか覚えていない」

「俺はね賭けたんですよ マキマさんが俺じゃなくず~っとチェンソーマンしか見てない事に・・・・・・」

「俺ん事なんて最初から一度も見てくれてなかったんだ・・・」

そうして、マキマとの『賭け』に勝ち、殺す事ができたのです。

子供の正体はマキマ!?支配の悪魔!?

デンジと岸部が話している間、1人の子供が犬を触っていました。

デンジが子供を追い払おうと手を振ると、人差し指をかまれてしまいます!

しかしそこで、デンジは、かむ力がマキマさんであることに気づきます。

岸部曰く、「そいつは中国で発見されたのを俺が盗んできたのさ」

「もうマキマではない 支配の悪魔だ」とのこと。

また、岸部はこれから忙しくなるそうなので、この支配の悪魔の世話をデンジに任せると言い残し、その場を去りました。

支配の悪魔の名前は『ナユタ』。

こうして、ナユタとの共同生活が始まりました。

ポチタの夢と支配の悪魔の夢について

ある夜、デンジの夢にポチタがでてきます。

ポチタは、自分の夢が誰かに抱きしめてもらうことだった、とデンジに抱きしめられながら言いました。

そして、支配の悪魔の夢も叶えてあげてほしい、とデンジにお願いします。

ポチタ曰く、「恐怖の力でしか関係を築けない彼女にとっては 家族のようなものにずっと憧れていた」とのこと。

デンジが「どうやって・・・・・・?」と聞き返すと、ポチタは笑顔で、「たくさん抱きしめてあげて」と言います。

すると、デンジはナユタを抱きしめながら、眠りにつきました。

そして時間が経って・・・・・・

街に悪魔が現れ、人々がパニックに陥り逃げ惑う中。

チェンソーマンに関する噂がささやかれています。

「またチェンソーマンが悪魔を倒したの!?」「趣味で悪魔を殺してるらしいよ」「チェンソーマンって人間なのかなあ」「女の子しか助けないんだって!」

「ねえ聞いた聞いた? チェンソーマン 今は高校生だって噂だよ!」

その中には、逃げていく人波とは逆の方向を向き、胸から垂れ下がったチェーンソーの紐を引っ張るデンジの姿が!

学ランを着崩し、鞄を背負った格好のまま、チェンソーのけたたましい音が辺りに響き渡って、第一部公安編は終わりました!!

チェンソーマン【第97話】最終回の考察・感想

チェンソーマン、遂に連載が終わってしまいました!

しかし、『第一部公安編』ということは、第二部、第三部がある可能性が高いと思われます!

デンジの、チェンソーマンの活躍は、これからもまだまだ見れそうです!!

また、アニメ化も決定しました!

チェーンソーを振り回すデンジを見る日がくるのも、そう遠くないかもしれません!!

連載が終わったとはいえ、まだまだ続いていくチェンソーマン。

アニメ化やグッズ化などなど、今後の展開に期待です!!

追記

チェンソーマンの公式Twitterから発表がありました。

チェンソーマンのアニメ化が決定し、ジャンプ+で第2部の連載が決定しました!

まとめ

以上、『チェンソーマン』第97話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

『チェンソーマン』はこれにて連載終了ですが、これからの展開を要チェック!