Dr.STONE【第187話】最新話ネタバレと考察・感想!コハク・氷月・司がスタンリー一行と交戦する!!

Dr.STONE【第187話】最新話ネタバレと考察・感想!コハク・氷月・司がスタンリー一行と交戦する!!のアイキャッチ画像
最新刊を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年13号(3月1日発売)の『Dr.STONE』第187話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第186話第187話
(最新話)
第188話

Dr.STONE【第187話】のあらすじ・ネタバレ

スイカとフランソワがスタンリー一行に捕らわれたことを知った千空たち。

その報告を受けたコハクはスイカ救出のためジャングルへ向かって駆け出します!

コハクを追って、氷月と司もジャングルへ。

まともにスタンリー一行と戦っても勝ち目がないと判断したコハクたちは、スタンリー一行の持っている通信機を破壊することに目的を変更!

コハク・氷月・司の3人は通信機を持つスタンリー一行の部隊と戦いを始めました!!

コハクはスイカ救出のためスタンリー一行のもとへ向かう

千空たちは、フランソワの報告により敵の位置を知ることができました。

しかし同時に、スイカとフランソワが敵に捕まったことを意味します。

コハクはその報告を受けて、スイカを救出するべくスタンリー一行目指してジャングルに向かって駆けだしました!

感情的任せに動くコハクを見たゲンは動揺するも、龍水はコハクの行動が最善手だと言います。

千空も、

「先制攻撃のゲリラ戦でスタンリー達を足止めするしかねえ……!!」

との意見なので、コハクを止めることはありませんでした。

コハクは千空たちが割り出したスタンリー一行の位置に到着し、捕らわれたスイカとフランソワを発見します。

スタンリー一行からスイカたちを救出するべく様子を伺いますが、攻撃を仕掛ける隙が一切見つからず、立ち往生することに。

そんな中、氷月と司がコハクのもとに助っ人としてやってきました!

銃声の罠を作動させてスタンリー一行を分断させる

氷月と司は以前クロムが作った手動式のレコードを作動させます。

レコードに記録されている音は、かつては石化装置を起動させるメッセージが入っていました。

しかし現在は新たに別の音を記録しています。

それは、幾重にも重ねられた『銃声』!

スタンリー一行は派手な銃声を聞いて千空たちからの奇襲に遭ったと勘違いし、3人組の別同部隊を作り、二手に分かれて移動を開始しました。

コハクはその様子を見てスイカたちの奪還を試みようとしますが、司に止められてしまいます。

司が言うには、

「難しいね 側にスタンリーがいる 乱戦になれば人質が死ぬよ」

とのこと。

一方、氷月は別同部隊の持つ通信機を破壊することをコハクに提案しました。

コハクたちは通信機の破壊を目指して戦う

氷月がコハクに通信機の破壊を提案した理由は、『その時点で千空たちの勝利が決まるため』です。

スタンリー一行はアメリカにいるニッキーたちを、千空たちはゼノを人質を取っているために力の均衡が生まれています。

千空たちがゼノを傷つけようものなら、スタンリー一行は即座にアメリカにいるニッキーたちを攻撃することでしょう。

しかし、それは『通信機でアメリカと連絡ができれば』という条件があって初めてできること。

その条件を無効にするべく、コハクたちは通信機の破壊を目指して戦うことを決意します。

木の上にいるコハクたちに気づいたスタンリーの別同部隊!

戦いが避けられないことを悟ったコハクたちは別同部隊目がけて飛び降り、各々の武器を手に取りました!!

Dr.STONEの最新刊を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『Dr.STONE21巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で、すぐに50%OFFクーポンを貰えるので、『Dr.STONE』の最新刊(21巻)を今すぐ半額で読むことができます。

最新刊も50%OFFで読める!

Dr.STONE【第187話】の考察・感想

本格的に始まった、千空VSスタンリー!

まず最初は千空たちの武闘派トリオ、コハク・氷月・司の戦いからです。

対する別働部隊は、マシンガンを持った男性が2人とスイカを捕まえていた大柄な女性が1人。

この戦いがどのような展開になるのか、考察してみましょう!

考察①:勝利して通信機を破壊する

考察1つ目は『戦って勝利し、通信機を破壊する』です。

ジャンプ漫画の三大原則『友情・努力・勝利』にのっとった超王道展開ですが、あり得なくはないかと思われます。

リーチの長い武器を持つ氷月と司がマシンガンを無力化し、そこからコハクが敵を1人ずつ仕留めていけばいけそうです。

とはいえ、攻撃の射程距離でいえば、銃を持つ別同部隊の方が有利ですがそこは石化装置を使って隙を作ります。

もちろん、電池切れの使用済み石化装置です。

しかし、電池切れであることを知らない別同部隊からすれば脅威そのもの。

「石にされる!」という恐怖心から冷静さを欠いて、大きな隙ができる可能性は充分にあると考えられます。

司とコハクは石化装置を砕く作業をしていたので、一つくらい持っていてもおかしくないと思うので、この展開はありそうです。

考察②:敗北して捕虜となる

考察2つ目は『戦いに負けて捕虜になる』です。

科学の武器『銃』の前では氷月の槍も司の剣も通じず、もちろんコハクの刀も別同部隊に傷一つつけることなく惨敗します。

しかし、ただ負けるだけではありません。

負けたふりをして相手を油断させ、通信機を破壊する作戦です。

スイカとフランソワを殺さなかったように、相手はあくまでも『軍人』

無抵抗であることを示せば、攻撃してくることはありません。

その隙を突いて通信機を破壊してしまえば、戦いには負けるものの目的は達成できるので、可能性としてはあり得ると思います。

考察③:相打ちになる

考察3つ目は『両者ともに倒れて、相打ちになる』です。

別同部隊も戦闘のプロとはいえ、武闘派トリオも負けてはいません。

氷月は槍の名手、コハクは並外れた身体能力を持ち、司に至っては『霊長類最強の高校生』の異名で呼ばれるほどの実力者です。

子供とはいえ超人じみた能力を持つコハクたちに、別同部隊も苦戦すると思います。

しかし、その結果相打ちという悲惨な結果に…

千空たちは通信機を破壊できるものの、大きな戦力を失ってしまうのでかなりの痛手。

こうならないよう、コハクたちには必ず勝ってほしいものですね!

まとめ

以上、『Dr.STONE』第187話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『Dr.STONE』第188話は、週刊少年ジャンプ14号(3月8日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!