ダイヤのA act2【第243話】ネタバレと考察・感想!声なきエール

ダイヤのA act2【第243話】ネタバレと考察・感想!声なきエールのアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年12号(2月17日発売)の『ダイヤのA act2』第243話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第242話第243話第244話

ダイヤのA act2【第243話】のあらすじ・ネタバレ

試合終盤になって突如肩を温め始めて川上  

こういう苦しい試合で何の役にも立てない川上は自分自身を歯がゆく思っていたのであった。

今の自分ではチームの力にも誰の誓いにもなることができないのだと。

そのシャドーピッチングに周りのものは息を飲んでいた。

川上は自分の肩や肘が壊れても構わないと思いながらシャドーピッチングを始めている。

誰もがその姿を見ながら言葉に出さずとも何かを思っている。

沢村もその姿を見て 心の中で 一礼をするのであった。

沢村は川上の意図を汲み取っているのであった。

川上は言葉に出さずとも自分たちと一緒に戦ってくれているのだと。

そして回はいよいよ8回の表になった。

打順は8番の天久だった。

ピッチャー対ピッチャーの対決である 。

下位打線とはいえ油断ならない相手の天久  

沢村のストレートの勢いは8回ながらもさらに勢いを増していた。

もう8回の表だというのに ものすごい勢いのある ことにに天久も驚いていた。

終盤に来てこんな球を投げれるなんて人間を超えている存在であると。

さらに連続でストライクを取って行く 。

次に投げた球は 同じコースからのスプリットであった。

終盤にきてさらにそのコントロールの精度も上がってきているようであった。

キャッチャーもこの大会に入って初めて Runners High のような状態に澤村がなっているのを感じ取っていた。

そして外からのカットボールが決まって 連続ストライクで見逃し三振 アウト。

天久は信じられないというような顔をしていた  

沢村の投げた球は外の ボールゾーン からカットボールになるバックドアであった。

ただに信じられないことに今投げた球は試合で初めて投げた球なのであった。

しかしこういう場面でできることができる佳代子と沢村は沢村なんだろうとキャッチャーもう思っていた

ブルペンに入る川上からもナイスボールという声がかかった。

こうして8回の表は 調子良くわかアウトを取ったことから始まったのであった。

ダイヤのA act2の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年12号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ダイヤのA act2』第243話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年12号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ダイヤのA act2【第243話】の考察・感想

川上がブルペンで投げているさまは、 去年の日本シリーズの4戦目で菅野が 形を作り始めていたのにヒントを得たのかな。

知っての通り 完全なる 負け試合濃厚でしたが 菅野も動かざるを得なかったのでしょう。

こういった プロ野球には漫画を超えるような シーンが作り上げられることが多いので、 世の中の状況的に色々大変だとは思いますが皆もプロ野球を応援しましょう。

リードしていても 相当難しい8回と9回を切り抜けられるか。

まとめ

以上、『ダイヤのA act2』第243話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ダイヤのA act2』第244話は、週刊少年マガジンにて2月17日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!