ダイヤのA act2【第242話】ネタバレと考察・感想!ピンチの後にチャンスあり

ダイヤのA act2【第242話】ネタバレと考察・感想!ピンチの後にチャンスありのアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年11号(2月10日発売)の『ダイヤのA act2』第242話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第241話第242話第243話

ダイヤのA act2【第242話】のあらすじ・ネタバレ

ツーアウト3塁で迎えた場面、バッターは金丸

ここまでは何とかつなぐ野球で得点圏にらんだを運んだ青道。

ヒットが出れば同点となるチャンスである。

観客も応援には気合が入っていくであろう。

試合を決定付けかねないような場面だ。

天久は最初のボールはストレートを放り投げた。

金丸はそれをファールにした。

電光掲示板には151キロと言う表示が出ていた。

天久は下位打線だからといって甘く見ていないと言うことを監督も理解していた。

天久のボールはここにきて最も早く投げられているようだ。

しかし天久はバッターが思いっきりバットを振ってきたことに対して少しプレッシャーを感じているように見えた。

そして次のボールを振りかぶって投げる。

次のボールはカーブ、これは見極めてバットを振らずボールを取る。

ネクストバッターズサークルからも見えてる見えてると声がかかった。

金丸は心の中でこう思っていた。

まずは同点にすることが優先だと。

同点にすれば沢村を楽にしてやれるんじゃないかと思っていたのだ。

続いてのボールはまたしてもボール、そして次のボールはわずかに切れてファール。

これでCountはツーツーになった。

金丸ではここまで粘ったら甘い球狙いで振るつもりであった。

そしてついにその時が訪れた。

ど真ん中の天井ボードを狙う金丸

しかしこれはセンター前ゴロになってしまった。

これを簡単にさばいて1塁に送球してアウト。

これにてスリーアウトチェンジである。

天久に対しての歓声がより大きくなった。

意気消沈のベンチかと思いきや、沢村が1番大きな声を出して激励をしていた。

沢村はまだまだこれからだとメンバーに対してハッパをかけていた。

ここで突然青道に驚くべきことが起きた。

なんと川上がブルペンに向かおうとしているんだった。

川上は肩を作っていないはずであったが

川上は投げることを禁止されていたはず誰もがそう思っていた。

しかし川上は何やら妙な行動をしている。

実際にボールを投げる形だけやっているのであった。

シャドーピッチングである。

川上クラスの選手になるとこれでも調整できると観客たちは言っている。

体力を温存しようと言う川上の考えなのであろうか。

周りのメンバーたちも固唾を呑んでそれを見守っていた。

ダイヤのA act2の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年11号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ダイヤのA act2』第242話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年11号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ダイヤのA act2【第242話】の考察・感想

青道で声を出してハッパをかける役目をしているのはエースの沢村ですか。

こういう時は普通はベテランの年上の人がそれをやるのが一般的ですね。

手を挙げるとソフトバンクの松田さんなどがそうでしょう。

そして多少意味合いは違いますが去年の日本シリーズで、同じく気合を見せたらソフトバンクの長谷川などがそれにあたります。

アウトになったりチャンスをつぶしたりして意気消沈をしているようでは野球は勝てないのです。

まとめ

以上、『ダイヤのA act2』第242話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ダイヤのA act2』第243話は、週刊少年マガジンにて2月17日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!