ダイヤのA act2【第244話】ネタバレと考察・感想!ボールにのせる魂

ダイヤのA act2【第244話】ネタバレと考察・感想!ボールにのせる魂のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年13号(2月24日発売)の『ダイヤのA act2』第244話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第243話第244話第245話

ダイヤのA act2【第244話】のあらすじ・ネタバレ

沢村は絶対に諦めない

背番号1番を背負っているものの宿命。

それに対してブルペンからも一個ずつアウトを取っていこうと声援が浴びせられる。

これが 青道高校のエースなのである。

そして降谷もまだこのままでは終わらせるつもりはないと投球練習を始めました。

勝てばまだまだ試合は続いていくのだと。

それを見ていた三高の監督は心の中で考えていた。

確かに考えてみればこれほど投手層の厚いチームは全国にもそうそういないであろうと。

しかしどれだけ いい投手をそろえれたとしてもマウンドに立て今はただ一人の選手だけなのだと。

一対一の投げ合いなら天久は誰にも負けることがないと監督は思っていた。

そして監督は声高らかに皆にはっぱをかけた。

クライマックスは近いと言っている。

次の一点は 価値のある一点になるだろうと。

打順は宮本に回った

宮本はタイミング が遅れるのでバットを短く持つとしていた。

ここで沢村が投げたボールは 外角いっぱい 。

そこにストライクを放り込んできた。

この場所に放り込まれるとバットを短く持っていたら間に合わないのである。

そして次に放り込まれる4球目でストライクバッターアウト空振り三振であった。

青道高校のナインは ツーアウトだと みんなが吠えていた。

一番のレフト千丸くんに打順が回る  

ここに来て前半は変化球が多かったがストレートが増えてきていると判断した千丸。

つまり 後半になって 球の勢いが落ちているのではなくてまだ通過点なのではあるのだと。

千丸 にできることはボールをカットすることだけで精一杯であった。

沢村は心の中で考えていた。

自分はチームの代表としてここに立っているのだと。

さらに速いストレートをど真ん中に投げる。

千丸は このストレートに対して振ることすらできなかった。

自分たちの魂は 軽いもんじゃねえぞと 3球目を投げた。

自分の投げているボールに込められた魂は一人ぶんではないのだと。

そうしてバッターを 生きとって沢村は吠えたのであった。

ダイヤのA act2の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年13号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ダイヤのA act2』第244話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年13号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ダイヤのA act2【第244話】の考察・感想

ここまではいい投球を続けている沢村。

しかし一点負けているので打線が奮起しないと勝つことができません。

そうそう簡単に打たせてくれない ピッチャーを仕留めるためには やはり奇策が必要になってくるのではないでしょうか。

一人で野球をやっているわけではない。

逆転をするには少なくても二人の力が必要になってくるわけですが果たして。

まとめ

以上、『ダイヤのA act2』第244話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ダイヤのA act2』第245話は、週刊少年マガジンにて3月10日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!