ダイヤのA act2【第245話】ネタバレと考察・感想!殺気を放つ!!

ダイヤのA act2【第245話】ネタバレと考察・感想!殺気を放つ!!のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年15号(3月10日発売)の『ダイヤのA act2』第245話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第244話第245話第246話

ダイヤのA act2【第245話】のあらすじ・ネタバレ

粘り

電光掲示板に並ぶのは、〝0〟の数字。

4回表に1点を先制した市大三高だが、その後は0点・・・。

一方の青道は、ここまで完封されていた。

見事に8回表の攻撃を抑え、今は打席に入っている栄純。

8回裏、青道の攻撃だ。

鈍い音が鳴り、打球はファール。

カウントは既に、2ボール2ストライクになっている。

次の球は高めに外れ、1つ増えるボールカウント。

真夏の暑さの中、栄純は粘りを見せていた。

対してマウンド上の天久は、その粘りを暑苦しいと感じている。

セーフティの構えから、ヒッティングへ・・・。

栄純はいつもの打撃方法で、バットを振り抜く。

天久のジャイスラに対し、またしてもフェールで粘る栄純。

打撃要因ではない栄純が、天久に喰らいついている・・。

そう感じ、観客たちも盛り上がりを見せる。

自分なら先頭打者に粘られるのが嫌だ。

まずは粘り、次に出塁。

やることに優先順位をつけ、栄純は常に思考を続けていた。

特に、この後控えているのは青道が誇る1・2番コンビ。

栄純は、自分の役割を理解しているのだ。

裏切りたくない

栄純の粘りにより、一層暑さを感じる天久。

滴り落ちる汗を、うっとおしいと感じている。

ただ・・・去年、天久は自分でこの熱を手放していた。

自分の弱さから野球部を辞め、スタンドで市大三高の試合を見ていたのだ。

もう二度と、裏切りたくない・・・。

天久はそう考え、振りかぶる。

チームはもちろん・・・自分自身も!!

覚悟を決め、天久が投じた1球。

一方の栄純も、揺るぎない意志で立ち向かう。

絶対に、繋ぐ!!

しかし・・・結果は空振りの三振。

天久の気迫が、勝った瞬間だった。

殺気

悔しそうにベンチに戻る栄純。

打席に向かう倉持は、そんな栄純に声をかける。

8球粘った・・・。

その粘りを称え、いい繋ぎだったと声をかけたのだ。

打席に入った倉持に、期待がかかる場面。

むしろここで点を取っておかないと、まずい場面でもある。

そんな倉持を見つめるのは、スタンドにいる亮介。

去年まで、倉持と二遊間を組んでいたOBだ。

なるんだろ・・・日本一の二遊間に・・。

今の倉持は、亮介の弟である春市とコンビを組んでいる。

かつて、日本一の二遊間になると宣言していた倉持。

その言葉を実現しようと・・・打席で殺気を放っていた!!

放たれた殺気を受け、唖然とする天久。

市大三高の勝利までは、残るアウトは5つ。

ランナーもない状況で、圧倒的に有利なのは市大三高である。

殺気を放たれる意味が分からず、天久は困惑。

むしろ、殺るのはこっちだ・・・!!

そう意気込み、振りかぶる。

ただ、倉持はバントの構え・・・。

動揺した天久は、ボール球を投げ込んでしまった。

自分に落ち着けと言い聞かせ、平静を取り戻す天久。

第2球は・・・またしてもボール。

際どいコースに投げ込んだため、天久には不満が残る。

青道に、審判が肩入れしているのでは・・・?

天久の頭に湧き上がるのは、そんな雑念。

ビビっていないと自分に言い聞かせ、天久は3球目を投げた!

向かってくるボールを見て・・・〝殺す〟と心の中で叫ぶ倉持。

ドンピシャで、バットをミートさせる!!

打球は・・・ショートの横を抜け、センター前へ!

8回裏、1点を追う青道の攻撃は1アウト。

ここで最も信頼できるランナーが、出塁することとなったのだ。

ダイヤのA act2の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年15号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ダイヤのA act2』第245話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年15号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ダイヤのA act2【第245話】の考察・感想

8回裏に入り、先頭打者は栄純。

出塁は期待していませんでしたが、最大限できる仕事をしました。

8球を天久に投げさせ、倉持に繋いだのです。

ここまで、栄純に頼り切り・・・。

添おう感じていた倉持。

先輩として、後輩を援護したいと考えていますね。

その意地は天久を凌駕し、センター前にボールを運びました。

青道にとっては、最も信頼できるランナー。

市大三高にとっては、最も警戒すべきランナーです。

青道の誇る1・2番コンビが、同点にもっていくのでしょうか!?

まとめ

以上、『ダイヤのA act2』第245話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ダイヤのA act2』第246話は、週刊少年マガジンにて3月17日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!