女神のカフェテラス【第4話】ネタバレと考察・感想!隼は素直で反省できる奴

女神のカフェテラス【第4話】ネタバレと考察・感想!隼は素直で反省できる奴のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年15号(3月11日発売)の『女神のカフェテラス』第4話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第3話第4話第5話

女神のカフェテラス【第4話】のあらすじ・ネタバレ

挨拶回りの必要性

朝食時、隼は挨拶回りの必要性について触れる。

そのため、周辺の事情に詳しい人に付いてきて欲しいのだが、誰に頼むべきか思案する。

真っ先に桜花が「子供じゃないのだから一人で行け」と不満を垂れる。

逆に秋水が自分が付いていこうかと手を挙げる。

一考して、隼は流星を指名した。

期待はしていない

挨拶回りに出かける隼と流星。

流星はなぜ自分が行かなければならないのかと不満を漏らす。

「もしかしてデートしたかったから?」とからかう。

隼が選んだ理由は消去法だった。

紅葉は強面で態度が悪いので挨拶回りには不向きだ。

白菊は逆に大人しくて人見知りだ。

桜花は文句ばかりだし、隼を立てることをしないので店の評判が下がりそうだ。

秋水はアホ過ぎて駄目だ。

確かに秋水に関しては流星も同意する。

アレは人前に出しては駄目だ。

まあ、そういうわけで案内してくれれば良いのだ。

意外な才能

まずは焙煎工場に向かった。

ファミリアにとってコーヒーはとても大切なところだ。

丁寧に挨拶する隼だが、会話が弾まない。

「隼が緊張しているみたいで」と流星が間に入る。

「店のことが何も分からない隼をよろしく」と笑顔で頼むとサービスでコーヒーを安く卸してくれるようになった。

直売所で休憩しているおばあちゃんたちにも挨拶する。

不愛想な隼を見かねて、また流星が間に入る。

隼の子供時代を肴に話が盛り上がる。

おばあちゃんの肩を揉んだりしながら、美味しい野菜を卸してくれることをお願いした。

もう魚屋では流星が先に挨拶する。

本当に役立たずなんだからと隼をだしに笑いをとる。

さて、大方の挨拶回りを終えて帰ろうとする隼にもう一箇所あると流星が告げる。

流星が隼を連れてきたのは神社だった。

お御籤でも引きに来たのかと思いながら付いていくと、お祈りをし始める流星。

何か新しいことを始めるときは自分の街の神社に挨拶に行けとおばあちゃんが言っていたのだ。

素直に反省する隼

外見がチャラついているのに、意外としっかりしている流星。

流星はヘラヘラしている隼に自営業を舐めるなと窘める。

隼がやっていたのは挨拶回りじゃない。

不愛想にお店を始めると伝えただけでは意味がないのだ。

お世話になる人には誠意をもって接しなければならない。

口先だけの隼に失望した流星は一年もたたずにファミリアは閉店すると評する。

覚悟…隼はおばあちゃんが資金繰りに苦労して人に頭を下げていたことを思い出す。

確かにおばあちゃんには覚悟があったのだ。

隼は流星に自分はそこまでの覚悟がなかったと素直に謝る。

言い返してくるかと思ったら、意外に素直だったので気勢が削がれた流星。

流星は経営初心者の大学生に言い過ぎたかもと少し反省する。

隼はそのまま帰らずにもう一度一人で挨拶回りしてくると階段を降りていく。

そういえば紅葉が隼のことを偉そうだけど反省と努力はする奴だと言っていたことを思い出す流星。

言い過ぎたお詫びと流星は隼を呼び止め、女子大生のパンチラを見せる。

隼は照れながら足を滑らせて落ちていく。

上司としても男としても頼りない隼だけど、流星のお御籤は仕事から発展する恋とあった。

ピッキーン。

家でまったりしていた秋水が流星のいやらしい行動を感じる。

女神のカフェテラスの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年15号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『女神のカフェテラス』第4話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年15号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

女神のカフェテラス【第4話】の考察・感想

大学生に挨拶回りの何たるかを求められても可哀そうに思いますが、お金がらみは非情ですからね。

とはいえ、隼は経営の才能がないことを自覚してファミリアを売ろうとしていました。

それなのに彼女たちのため、路線を変更したとも考えられます。

もちろん、決断したのは自分だし、言い訳しても状況が好転するわけではありませんが「お前たちに言われたくない」という感情が芽生えても良い場面でもあります。

先に隼が住んでいて、後から女の子が来たパターンだと印象は変わったかもしれません。

でも隼の素直さが強調されたのでこれはこれで良いかもしれませんね。

まとめ

以上、『女神のカフェテラス』第4話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『女神のカフェテラス』第5話は、週刊少年マガジン16号(3月17日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※