ダイヤのA act2【第247話】ネタバレと考察・感想!繋いでくれ!!

ダイヤのA act2【第247話】ネタバレと考察・感想!繋いでくれ!!のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年17号(3月24日発売)の『ダイヤのA act2』第247話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第246話第247話第248話

ダイヤのA act2【第247話】のあらすじ・ネタバレ

春市の打球は・・・

8回裏、1アウトランナー2塁。

1点を追う青道は、塁上に倉持を置く絶好のチャンスを作っている。

打席に立つ春市は・・・強烈な打球をライト方向に放っていた!!

1・2塁間に向かって、放たれたライナー性の打球。

セカンドの宮本は必死に飛びつくが・・・ボールは目の前を通過・・・。

ライト前に、抜けていくのだ。

打球の行方を見て、唖然とする天久。

対照的に、青道側のスタンドからは歓声が沸き上がる。

しかし・・・抜けた打球を、すぐさまライトの佐々木が捕球した。

打球に反応し、前に詰めてきていた佐々木。

捕球後は素早い動きで、ファーストに送球する。

星田がボールを捕球し、春市はアウト・・・。

流石の倉持も、3塁でストップするしかない。

まさかの展開に、響めく球場。

前進していた佐々木の好判断により、春市はライトゴロに倒れたのだ。

仕事人登場

春市を打ち取り、俊足の倉持も3塁でストップ。

ここにきて市大三高は、完璧な守備を見せる。

ツーアウトとなり、勝利までのアウト数は残り4つ。

マウンド上の天久は、頼りになると呟いた。

一方、盛り上がりが静寂に変わっていた青道スタンド。

しかし、次のバッターの登場に再び声を上げる。

掲げられたボードには、〝必殺仕事人〟の文字。

打席には、3番の白州が向かっているのだ。

ツーアウトながら、3塁に倉持を置くチャンスには変わりない状況。

青道の主軸を打つ白州に、皆の期待が集まる。

そんな中、ベンチに戻った春市。

金丸はナイスバッティングと声をかけ、打球が速すぎただけだと慰める。

後は先輩に任せようと、同じく声をかけるのは東条。

全員の期待を背負う白州は、既に天久と対峙していた。

ここまでチャンスを造りながらも、後1本が出ない今日の青道。

市大三高の外野陣は、定位置に戻っている。

田原監督の願いは、白州を抑えて終わること・・・。

願い通りにいけば、9回裏は御幸が先頭バッターとなるのだ。

そんな監督の意思を理解し、警戒心を高める高見。

前打席はライト前にヒットを放たれているため、多数の球種で揺さぶろうと考えている。

高見のリードを受け、揺さぶりすぎて歩かせることはしたくないと感じる天久。

ネクストバッターサークルで睨みをきかせる、御幸を見て怖さを感じているのだ。

ここで切っておきたい市大三高に対し、ここで決めるしかないと感じているのは青道の片岡監督。

御幸には回したくないという市大三高の心理を読み、白州に狙っていくよう指示を出した!!

白州vs天久

注目の1球目は・・・スライダーが内角低めに外れ、ボール。

2球目も内角に投げ込んでくるが、白州はこれをファールにした

ミートできていない白州を見て、自信を深める天久。

一方の白州は、焦らず呼び込もうと考えている。

低めを意識している白州を見て、天久が考えるのは高めの釣り球・・・。

余裕のある天久とは対照的に、白州の脳内にはあることが浮かんでいるのだ。

バットを強く握った白州は・・・川上のことを思っている。

試合直前に、ドクターストップをかけられた川上。

もう1度川上をマウンドに送るには、勝つしかない・・・!!

白州と同じ思いを持つのは、キャプテンの御幸。

心の中で、こう叫んだ。

繋いでくれ!俺に繋いでくれ!!

そんな願いを受けた白州は・・・投じられた球に向かって、バットを振り抜く!!

ダイヤのA act2の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年17号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ダイヤのA act2』第247話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年17号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ダイヤのA act2【第247話】の考察・感想

春市のヒットにより、倉持がホームに・・・。

そんな展開を予想していましたが、外れてしまいました。

佐々木の好守備、好判断によって、春市はまさかのライトゴロ。

倉持も3塁でストップし、市大三高には願い通りの展開となります。

俊足の倉持ですが、3塁まで行けばバッター集中で天久は投げられますね。

天久に全幅の信頼を置く、市大三高。

ただ、白州も簡単に終わるバッターではありません。

疲れが出てきている天久に対し、3年生の意地を見せて切れるのではないでしょうか!?

次回は白州がレフトにヒットを放ち、同点に追いつくと思います。

白州を塁に置いて、打席に入るのは御幸。

この8回裏で、逆転まであるかもしれません!

まとめ

以上、『ダイヤのA act2』第247話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ダイヤのA act2』第248話は、週刊少年マガジンにて3月31日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※