ランウェイで笑って【第172話】ネタバレと考察・感想!東奔西走するEGAOと研二

ランウェイで笑って【第172話】ネタバレと考察・感想!東奔西走するEGAOと研二のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます


週刊少年マガジン2021年9号(1月27日発売)の『ランウェイで笑って』第172話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第171話第172話第173話

『ランウェイで笑って』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ランウェイで笑って【第172話】のあらすじ・ネタバレ

奔走する研二

 ミルネージュの事務所存続のため千雪の父・研二はオリヴィアに指定された中国・韓国・シンガポールとの商談をまとめることに成功していた。次はシャルにやりたい仕事を確認すると広告塔とCMとショーがやりたいと返答があった。余裕余裕と口にしながら次の仕事に向かった。

 その後もシャルのプロモーションを続けた。ブランドの担当者には20~30代のゴージャスなファッションを求める人の目に留まることを説き、ショーの主催者には今年の”グラマラス””ミステリアス”のテーマが得意だと話し、CMのプロデゥーサーには出演料以上の広告効果が望めることを説明することでいずれの仕事の契約を取り付けることに成功した。

最高の布陣

 EGAOの代表として育人と美依は北谷の事務所にいた。デザインのラフを見せながら衣装の提案を行うが絵だけではよくわからないと言われ、サンプルを作って見せることになった。

 その後もサンプルを見せに行くと、既製服の色味が強すぎて品が足りていないこと、右下から切り取る構図で撮るシーンの衣装のチャームポイントがカメラに映らないといった指摘を受けつつ修正に努めた。時に花岡が勝手に改造したことを注意しつつも作業を進め、ついに北谷の求める合格ラインに達すことができた。

 早速オフィスに戻りデザインが全て通ったことを心に伝えると、ホッとした表情を受かべ机に伸びた。花岡がパターンを上がったと報告して確認したところ、またしても無断でデザインを変更しており育人は注意するのだった。

 美依は心のデザインと作りが育人のやり方に馴染んでおり、育人っぽさのあるシンプルな普段着に仕上がっているため今後ブランドを拡大した際に必要となる”2ndライン””2ndデザイナー”に適任なのではないかと考え、育人が集めた4人はEGAOにとって最高の布陣だったのかも知れないと思うのだった。

研二を認めたシャル

 シャルの滞在するホテルに研二がやってきた。研二は初対面の挨拶をすると早速仕事の相談を行った。相談の内容は新しく承った中華ブランドの広告塔の仕事が、先に決まった案件と相まって先方が渋っているためシャルに協力をお願いするというものがった詳細を話そうとする前にシャルは協力することを受け入れた。研二が有能なことはすでに認めているため研二の言ったようにすれば仕事が決まることをわかったためだ。マネージャーは念のため内容を確認すると案の定不備はなく次の仕事をお願いした。

 シャルは東京ガールズコレクションで身長の低い千雪に観客の視線を奪われたことでアジアで価値が低いことを痛感していた。その事実を許すことのできないシャルに研二は少し内容を見直すべきだと新たに提案書を取り出した。その内容もよくできておりシャルはオリヴィアの前で失言したことが信じられなくなっていた。通訳が過剰に訳してしまったことだと思うことにし、シャルは新たな提案をそのまま進めるよう研二に指示するのだった。

ランウェイで笑っての最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年9号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ランウェイで笑って』第172話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年9号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ランウェイで笑って【第172話】の考察・感想

 映画の衣装制作に奔走するEGAOのメンバーとシャルのプロモーションを行うためアジアの各地を回る研二がそれぞれ描かれていました。まさしく東奔西走でしたね。

 EGAOのほうは前話でブランドのイメージを明確にできたことで大きな障害はなくスムーズに進行していました。描かれてはいませんが営業担当の美依は相当がんばっていたことでしょう。

 研二は事務所をなんとしても残すためにシャルをアジアの企業に売り込んでいました。これまでは過去の失言が尾を引いていたのか情けない印象が強かったのですがそれを払しょくするような働きぶりが描かれていました。ここで一緒に描かれたということはいずれストーリーが交わるような気がするので目が離せませんね。

まとめ

以上、『ランウェイで笑って』第172話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ランウェイで笑って』第173話は、週刊少年マガジン10号(2月3日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!