ランウェイで笑って【第178話】ネタバレと考察・感想!研二の決断と二人に託された夢

ランウェイで笑って【第178話】ネタバレと考察・感想!研二の決断と二人に託された夢のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年15号(3月10日発売)の『ランウェイで笑って』第178話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第177話第178話第179話

『ランウェイで笑って』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ランウェイで笑って【第178話】のあらすじ・ネタバレ

研二の決断

 『ミルネージュ』がなくなってもパリに行きたいか。そう問われた千雪は何も答えられなかった。研二は千雪の様子を見て、選択に間違いがなかったか考えた。千雪は雫のショーに、パリの舞台に憧れていた。千雪の夢にミルネージュは必要ないと結論付けた研二は、千雪が自由に夢を見てほしいと願った。研二は千雪が決心できるよう『BEYOND』に所属することで得られるメリットを伝えることにした。まずは、4大コレクションの優先配役枠、展示会・社交界・文化祭典への招待、各モード雑誌の掲載枠、1流ブランドとのコネクション、そして一流のメイクなどスタッフと専属契約。格段にモデルとしてのチャンスとサポートが増えることは明白だった。事務所は千雪のことも受け入れると言っていた。自身の夢が千雪の夢から自由を奪っていたことを自覚した研二はとうとうミルネージュを畳む決心をしたのだった。

EGAOからのオファー

 ミルネージュを畳むことを聞かされた千雪は両手を握りしめ、研二の決心を受け入れるように笑った。研二はこの報告をしに来ただけだと言って立ち上がると、千雪は自分にいつも通りにと言い聞かせながら、返事をした。そこで研二は別件としてあることを告げた。千雪に『EGAO』からコレクションの出演オファーがあると言うことだった。研二に受けるか聞かれた千雪は自分で直接返事をすると言って研二を見送るため、マンションの下まで送った。

 研二にミルネージュを畳むと言われても普段通りにできていたよねと自分に問いかけ、私は平気だと自信を叱咤するのだった。早速育人に返事をすることにした千雪はいつも通りなら問題ないと言い聞かせるのだった。

 タクシーで帰る研二はEGAOのコレクションの出演オファーがあると伝えたときの千雪の表情を独り思い出すのだった。

千雪の本心

 千雪が育人の部屋に向かうと、玄関で出迎えてくれた。千雪は最近忙しいこと、1個1個の仕事にベストを尽くすためにはこれ以上仕事を増やせないこと、映画の撮影など大きな仕事もありスケジュールが埋っていることを並べた。千雪はいつも通りに話せると思っていたがそんなことはなかった。育人は千雪にゆっくり全部話してくださいと言うと、とうとう我慢できなくなった千雪は本心を話し始めた。

 ミルネージュがなくなることも平気で、少し気持ちが沈むくらいで済むと最初は思っていた。ところが実際に仕事をしてみたら身体がうまく動かせない、いつもどうやっていたのかも思い出せない。こんなこと今までなかった千雪は、やっとミルネージュがなくなることが自身にとってとても辛いことだと自覚した。今の自分にはなにもできないとすっかり自信を失ってしまった千雪は育人のショーに出る事をためらった。けれど本当は千雪のショーに出たいと思っていた。研二から聞かされた時も一瞬だけ千雪は明るい表情を見せていた。千雪の話を聞いた育人は自信の夢が”来てくれた人が笑顔になる服を作れるようになること”と語り、千雪が笑顔になれる服を作らせてほしいと告げた。千雪の瞳からは涙があふれた。

 研二はミルネージュがなくなっても千雪と育人ならパリに行けると想いを託すのだった。

ランウェイで笑っての最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年15号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ランウェイで笑って』第178話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年15号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ランウェイで笑って【第178話】の考察・感想

 どこか吹っ切れた様子の研二は千雪にミルネージュを畳むことを伝えました。ミルネージュのモデルとしてパリに行く、それは二人で一緒に見た夢で千雪にとっては選択肢を狭めてしまうものだと気づいた研二は自分の夢を諦め、千雪がもっと自由に夢を見るための決断をしました。そして育人のショーからのオファーを告げたときに千雪が見せた表情は研二にとって決断を後押しするものだったのでしょう。

 返事をするため育人の部屋に向かった千雪ですが、自信失ってしまい仕事を受けることをためらいます。育人はそんな千雪の気持ちを汲んで本心を聞き出し、改めて作った服を着てほしいとお願いしました。その時の千雪の表情が印象的でした。研二に夢を託された二人はいったいどんなショーにするのか楽しみですね。

まとめ

以上、『ランウェイで笑って』第178話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ランウェイで笑って』第179話は、週刊少年マガジン16号(3月17日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!