ウマ娘シンデレラグレイ【第24話】ネタバレと考察・感想!

ウマ娘シンデレラグレイ【第24話】ネタバレと考察・感想!のアイキャッチ画像
『ウマ娘シンデレラグレイ』掲載
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年3号(2020年12月17日発売)の『ウマ娘シンデレラグレイ』第24話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
23第24話第25話

『ウマ娘シンデレラグレイ』の1巻についての情報は、以下の記事で解説しています。

『ウマ娘シンデレラグレイ』第24話のあらすじ・ネタバレ

敗北を経験して

毎日杯レース、オグリキャップに完全敗北を喫したヤエノムテキ。

おそらくトレーナーであると思われる道着姿の男性の前でその時の思いを語っていた。

コンディションも作戦も完璧な状態であったにも関わらず、負けてしまうのは無念だと。

ヤエノムテキの目には涙が浮かんでいた。

クラシック初戦の皐月賞は断念するしか――、そう言いかけた時、トレーナーから「喝」が飛んだ。

皐月賞の抽選枠はまだ3つあるため諦めるのはまだ早いと、励ましの混じった激を飛ばす。

僅かな希望を見出したヤエノムテキは「押忍」と気合の入った返事をするのであった。

六平の予感

皐月賞当日、東京レース場からテレビの中継が流れていた。

そこには見事抽選枠を勝ち取り、皐月賞出馬を決めたヤエノムテキが威風堂々と映っていた。

その様子を部屋のテレビで観ていたオグリキャップ、ベルノライト、六平。

レースの出走馬の紹介を見ていると、ベルノライトがディクタストライカの不在に気付いた。

一方会場の観客席、ディクタストライカは会場の観客席でひとり悔しさを露にしていた。

ディクタストライカは脚の怪我により、皐月賞レースを棄権していたのであった。

レースのスタートが近づく中、六平はこのレースのメンバーは嫌な予感がすると何か意味深な事を呟く。

少し時間が経ち、レースは滞りなく終了。

一着はヤエノムテキ。

抽選枠から皐月賞を制した見事な勝利であった。

ヤエノムテキの勝利に歓声を挙げるベルノライト。

しかし一方の六平は顔を曇らせる。

今回のレースの結果に対し、大変なことになると神妙な面持ちで語った。

民衆の声

ヤエノムテキの抽選枠からの勝利に会場のギャラリーは湧いていた。

ふとそのヤエノムテキに勝利したオグリキャップの話題が出る。

もしオグリキャップが皐月賞に出場していたらどうなっていたか、ダービーへの出走の希望の声、ギャラリーの話題はいつの間にやらオグリキャップ一色になっていた。

その様子を聞いていた眼鏡の関西弁記者。

記者は自分のオグリキャップに対する気持ちと民衆の声が一致したと確信する。

いかなる方法を使ってでもオグリキャップをダービーに出場させるという決心した記者は一人奮起し、走り出した。

後日、競馬記事としてオグリキャップの特集が複数出版される。

しかし、それはどの誌もオグリキャップのダービー出走を望む記事ばかりであった。

そして当然の如くオグリキャップのトレーナー、六平の下に報道陣が詰め寄せる。

ダービーに参戦できない事に対し、執拗な質問攻めに遭う六平。

六平は例の眼鏡の記者の仕業だという事を確信し、報道陣を追い払うのであった。

藤井の理想

そしてその眼鏡の記者はトレセン学園の生徒会室、シンボリルドルフの下を訪れていた。

シンボリルドルフは無言のまま記者を睨みつけ、例のオグリキャップの記事を書いたのは「藤井泉助」、つまり目の前にいる眼鏡の記者だという事を確認する。

記者、藤井はシンボリルドルフの気迫に押されつつも、大量のとある書類を机の上に用意した。

それはオグリキャップのダービー特例出走の署名、一万人分の書類であった。

ダービーウマ娘にもなれるポテンシャルを持ったオグリキャップが挑戦する機会すらも与えられないのは如何なものか、藤井は熱く語る。

自分の様な一般記者が一人でどうあがいてもURAはまともに取り合ってはくれない。

したがってトレセン学園の生徒会長、かつて「皇帝」の名で呼ばれていたシンボリルドルフの力が必要だと。

藤井の顔は真剣そのものだった。

対するシンボリルドルフは椅子から立ち上がり、藤井の事を軽んじて見てしまっていた旨を伝えた。
そして自分の理想も藤井と同じであることを語るのであった。

『ウマ娘シンデレラグレイ』の最新話を無料で読む方法

『ウマ娘シンデレラグレイ』の最新話を漫画で読んでみたい!

そんなあなたにクランクイン!コミックがおすすめ!

初回の無料登録で、すぐに3000円分のポイントを貰えるので、『ウマ娘シンデレラグレイ』第24話が含まれている、週刊ヤングジャンプ2021年3号を無料で読むことができます

『ウマ娘シンデレラグレイ』掲載

『ウマ娘シンデレラグレイ』第24話の考察・感想

数話にわたって登場してきた眼鏡の関西弁記者は「藤井泉助」という名前だとわかりました。

藤井は胡散臭い見た目と言動ですが、ウマ娘への熱き想いは人一倍のようですね。

想いは伝わったのかシンボリルドルフは「理想は貴方と同じ」という発言をします。

しかしそれは理想は同じだけれども過程は違う、現実は違うと言った話の流れになっていきそうな気がしますね。

実際の史実でもオグリキャップはダービーには出走しなかった馬とされていますからウマ娘のオグリもダービーには出ないのでしょうか?

史実と重ね合わせてみるのもまた違った楽しみ方ができますね。

いよいよオグリの行く先が決まってしまうのか?

次回に期待です。

まとめ

以上、『ウマ娘シンデレラグレイ』第24話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ウマ娘シンデレラグレイ』第25話は、週刊ヤングジャンプ4&5合併号にて12月24日に発売予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!