Dr.STONE【第185話】ネタバレと考察・感想!スイカが敵に見つかり大ピンチに!!

Dr.STONE【第185話】ネタバレと考察・感想!スイカが敵に見つかり大ピンチに!!のアイキャッチ画像
最新刊を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年11号(2月15日発売)の『Dr.STONE』(ドクターストーン)第185話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第184話第185話第186話

Dr.STONE【第185話】のあらすじ・ネタバレ

カセキは石化装置に入っているダイヤ電池と全く同じ形になるようにダイヤモンドを削りますが、上手くいきません。

しかし、千空のアドバイスとクロムの発見により、ダイヤ電池の構造に気づくことができました!

一方、スタンリー一行を千空たちごと石化させる作戦での重要な『復活役』として、スイカとフランソワが抜擢されます。

スイカとフランソワは身を隠すべく、千空たちからは別行動をとり、ジャングルの中を進んでいました。

しかしそこで、敵の一人が毒グモに噛まれ、痙攣を引き起こします!

スイカはその敵を助けますが、スタンリー一行に見つかってしまい、絶体絶命の状況に!!

カセキは石化装置を開けることに成功!

カセキは石化装置に入っているダイヤ電池を取り出すための部品を外し、石化装置を開けることに成功しました!

カセキ曰く、ド根性で開けた、とのこと。

ダイヤ電池を一度取り外して再度付け直して起動するか試してみるも、作動はしません。

どうやら数千年ものの石化装置のため古すぎて起動しないようです。

そのため、新品のダイヤ電池を作るべく、職人・カセキが腕を振るいます!

ダイヤ電池には劈開面が必要なことに気づく!

ジョエルとカセキ、2人の職人がダイヤ電池を作るも、どれも上手く作動しません。

千空は、何かが違うのでは、と疑問を投げかけ、クロムもカセキの削ったダイヤが元から石化装置に入っていたものよりも丈夫であることを確認しました。

カセキはクロムが金づちで叩いても割れないダイヤ電池を見て、

「バッチシ割れない向きに削ったの」

とクロムに自慢げに言います。

しかしそこで、カセキはあることに気づきます!

「・・・そうよ ワシ職人だからわかるもの」

「フツーに割れない向きにだって削れるんじゃない? んじゃどして―――――」

そしてカセキは以前、ゼノが

「ヒビがあるな おそらくは劈開面―――」

と言っていたことと、コハクが

「どれもヒビが入っているな!」

と言っていたことを思い出します。

それらの記憶をもとに、カセキは石化装置に入っていたダイヤ電池を持ってきて、釘と金づちで叩いて割っていきました。

すると、全てのダイヤ電池が真ん中で綺麗に割れることに気づきます!

これらのことから、『ダイヤ電池には劈開面を作る必要がある』ことに気づいたカセキは早速新しいダイヤ電池作りに取り掛かりました!!

スイカとフランソワは別動隊としてジャングルへ

スイカは石化した千空たちを復活液で元の体に戻す『復活役』として、ジャングルへ向かうことに。

また、龍水はスイカにフランソワを同行させることで、スイカの身の安全を保障します。

スイカとフランソワはジャングルを進む中、川を遡上してくるスタンリー一行を見つけます!

スタンリー一行は銀狼と松風を人質にとりながら川岸からジャングルに侵入し、千空たちを探し回っていました。

スイカは敵を助けるも、他の敵に見つかってしまう

ジャングルを進んでくる敵の一人が、毒グモに噛まれてしまい、毒が全身に回ってしまいます!

痙攣を引き起こして苦しんでいる敵を見かねたスイカは、千空から譲り受けたニトログリセリンを染み込ませたパッチを敵に使いました。

このニトログリセリンを染み込ませたパッチには、毒などで発作を引き起こした時に冠動脈を拡張させて、心臓を復活させる応急処置の効果があります。

しかし、スイカが敵を助けたことにより、他の敵にスイカの存在が見つかってしまいます!

銃を突きつけられて、

「FREEZE!!(動くな!!)」

と命令されるスイカ!

フランソワはその様子を木陰から伺っていました。

スイカはこの先どうなるのか!?

この状況でフランソワはどう動くのか!!?

次の行動次第でスイカたち別動隊の運命が決まります!!

Dr.STONEの最新刊を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『Dr.STONE21巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で、すぐに50%OFFクーポンを貰えるので、『Dr.STONE』の最新刊(21巻)を今すぐ半額で読むことができます。

最新刊も50%OFFで読める!

Dr.STONE【第185話】の考察・感想

最初は困難がありつつも、なんとか乗り越えてきた千空たちですが、ここにきて別動隊にトラブルが!

スイカたちは無事なのか、千空たちはどうするのか!?

これからの展開を考察してみましょう!

これからの展開①:スイカとフランソワは人質になるも、実はもう一つ別動隊がある

これからの展開の考察その1は、もしもスイカとフランソワが敵に捕まった場合を考えて、保険としてもう一つの別動隊がある、というもの。

スイカとフランソワが人質となった場合でも、確実に石化装置でスタンリー一行を石化させるための秘密の作戦です。

耳のいい羽京やズル賢いゲンなどが、もう一つの別動隊のメンバーとして選ばれてそうですね。

石化装置を作動させることが千空たちの勝利条件なので、もう一つくらいは別動隊がある可能性は高いと思います。

これからの展開②:全員石化して、アメリカにいるメンバーに復活してもらう。

これからの展開の考察その2は、千空たちもスタンリー一行も全員石化するも、アメリカにいるメンバーにアラシャまで来てもらって復活してもらう、というもの。

石化装置を作動させて石化する直前に、アメリカまで通信を一方的に送ってメッセージを届けておけば、可能だと思います。

復活液の作り方も以前、千空が暴露しているので大丈夫・・・かもしれません。

アメリカにいるメンバーに科学屋がいないので、多少不安ではありますが、どこかに千空が復活液のレシピなどを残していたらこの展開もあり得ます。

これからの展開③:人質交換で石化させる

これからの展開の考察その3は、人質交換で石化装置を作動させ、スタンリー一行を石化させる、というもの。

千空たちの人質はゼノ

スタンリー一行の人質は銀狼と松風、あとはスイカとフランソワが加わる可能性があります。

彼ら人質を交換する時に、ゼノには石化装置をくっつけて交換するのです。

ゼノがスタンリー一行のもとに着いたとたんに、石化装置が作動!

スタンリー一行はゼノ共々石化してしまう、という作戦です。

スタンリー一行は人質を多く捕らえているので油断してくれていれば、さらに成功する可能性が上がります。

まとめ

以上、『Dr.STONE』第185話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『Dr.STONE』第186話は、週刊少年ジャンプ12号(2月22日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!