僕のヒーローアカデミア【第301話】ネタバレと考察・感想!エンデヴァーこと轟炎司と冷、燈矢の過去が明かされる!!

僕のヒーローアカデミア【第301話】ネタバレと考察・感想!エンデヴァーこと轟炎司と冷、燈矢の過去が明かされる!!のアイキャッチ画像
最新刊を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年11号(2月15日発売)の『僕のヒーローアカデミア』(ヒロアカ)第301話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第300話第301話第302話

『僕のヒーローアカデミア』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

僕のヒーローアカデミア【第301話】のあらすじ・ネタバレ

物語は轟家の過去について語られます。

炎司は燈矢にNo.1ヒーローになるよう教育してきましたが、燈矢の体質上、オールマイトを越えることは不可能であることを悟りました。

それから炎司の『炎』と冷の『氷結』、2人の個性を引き継いだ理想の個性をもつ焦凍が誕生します。

2人の個性を兼ね備えた焦凍の誕生を知った燈矢は酷くショックを受け、自分の炎が自身をも焼くことを知りながら、個性の訓練をしました。

炎司は燈矢が訓練をすることを注意し、普通に生きるように忠告するも、燈矢は聞く耳をもちません。

燈矢はヒーローになることを諦めきれず、炎司の説得を受けるも逆上し、焦凍と冷に向かって個性を使って襲いかかります!!

冷は炎司と一家の未来について話しに来た

炎司の病室に荼毘こと燈矢を除く轟一家が全員集まりました。

炎司は冷に、

「おまえ・・・ 大丈夫・・・なのか」

と恐る恐る聞くも、冷は

「大丈夫じゃないよ だから来たの」

と、言葉とは裏腹に気丈な態度で答えます。

話す内容は、もちろん死んだと思われていた燈矢の件について。

轟一家みんなで、燈矢のこと、これからの轟一家のことについて話し合います。

炎司は燈矢がオールマイトを越えられないと悟る

炎司は個性の訓練に付き合うように駄々をこねる燈矢をなだめ、病院へ向かいます。

燈矢の体質について病院で調べてもらい、その結果を聞くためです。

医者が言うには、

「炎の個性の因子はより色濃く引き継がれているのですが 肉体はお母さんの方を強く引き継いでしまっているんです」

「つまり・・・ 炎への耐性よりも 氷結・・・寒さに適正のある身体なんです」

と、燈矢の個性と体質が合わないことを炎司と冷に伝えました。

個性を充分に発揮できないことは、個性を使うヒーローにとっては致命的な欠点です。

そのため炎司はこのことを知り、『燈矢はオールマイトを越えられない』ということを悟ります。

炎司は燈矢に普通に暮らすことを強要する

燈矢がオールマイトを越えられないと知ってから、焦凍が誕生しました。

焦凍は、炎司の『炎』と冷の『氷結』の個性を併せ持ち、燈矢と違い体質にも問題はありません。

燈矢は、自分と違い炎司の望む『理想の個性』を持って生まれた優秀な弟・焦凍の存在を知り、ショックを受けます。

それでもなお、個性の訓練を止めずに火傷をつくって家に帰ってくる燈矢に、炎司はヒーローを目指すこと、個性を使うことを止めさせるため、厳しく注意しました。

「燈矢・・・!! おまえは・・・外を見ろ」

「冬美や夏雄と遊べ!! 学校で友達をつくれ!」

「ヒーロー以外にも・・・ 沢山の世界がある・・・ わかるだろう!」

しかし、それでも燈矢は諦めません。

燈矢は炎司の言葉に聞く耳を持たず、逆に言い返します。

「・・・・・・わかるはずないだろ・・・!」

「俺はお父さんの子どもなんだから」

「お父さんが火をつけたんだ・・・! 消えないんだよ・・・!!」

「なかったことになんて・・・ できないんだよ!」

燈矢はそう言い終えると、涙を流しながら炎の個性を使い、焦凍と冷に向かって襲いかかります!!

僕のヒーローアカデミアの最新刊を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『僕のヒーローアカデミア30巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊(30巻)を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

僕のヒーローアカデミア【第301話】の考察・感想

轟家の痛ましい過去が語られる今回のお話し・・・

読んでいて心にくるものがありますね・・・

燈矢は個性で多くの人の命を奪ってきた『大量殺人鬼』ですが、このような背景があると、つい同情してしまいそうになります。

とはいえ、社会に仇名す敵であることに変わりはありません。

いずれは誰かが燈矢を刑務所、ないしは殺害する必要があります。

その役目を果たすのが誰なのか、今回の轟一家の話し合いでは決まりそうですね。

おそらくは焦凍が名乗り出ることになると思われますが、燈矢の超火力を前にしてどう立ち向かうのか、考え物です。

また、今回のお話しでは燈矢が死ぬ(と思われていた)場面まで物語が進みませんでした。

いったいどのようにして燈矢は生き延びたのか、どのような経緯で今まで生きてきたのか、次回はそれらの秘密が明かされると思われます。

重たい話が続きそうですが、次回もどのような展開になるのか、気になります・・・!!

まとめ

以上、『僕のヒーローアカデミア』第301話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『僕のヒーローアカデミア』第302話は、週刊少年ジャンプ12号(2月22日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!