葬送のフリーレン【第36話】ネタバレと考察・感想!フェルンを心配するフリーレン

葬送のフリーレン【第36話】ネタバレと考察・感想!フェルンを心配するフリーレンのアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年10号(2021年2月3日発売)の『葬送のフリーレン』第36話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第35話第36話第37話

『葬送のフリーレン』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

葬送のフリーレン【第36話】のあらすじ・ネタバレ

珍しく寝坊したフェルン

勇者ヒンメルが没してから29年が経過した。

フリーレンたちは勇者たちの魂が眠る地、魔王城を目指している。

ザインと別れた一行は北側諸国オッフェン群峰に到達していた。

早起きのシュタルクはいつものように周囲の見回りをして寝床に戻ってきた。

いつもならシュタルクが戻るころにはフェルンが起きて朝飯の用意をしている。

しかし、連日歩き詰めだったし疲労が溜まっているのかもしれない。

朝寝坊したフェルンを起こさないように朝食を作り始めるシュタルク。

熱があったフェルン

朝食の準備もできたので、フェルンを起こそうとするシュタルク。

シュタルクはフェルンの様子がおかしいことに気付いた。

慌ててフリーレンを起こそうと声をかける。

「あと半日まって」と時間軸が相変わらずおかしいフリーレン。

フェルンの具合が悪そうと言っても起きないフリーレンに冷たい手攻撃を仕掛けるシュタルク。

「やめてよ~」と仕方なく目が覚めるフリーレン。

フェルンの容体を確認すると熱があった。

フェルンをシュタルクがおんぶして安静にできる場所を探す。

幸運なことに山中だが人の住んでいる家があった。

心の支えが必要なのは子供だけじゃない

ずっとフェルンの手を握っているフリーレン。

「小さい頃から風邪をひいたときは、手を握ってあげると安心するのだ」と慈しむフリーレン。

フリーレンの手を振りほどくフェルン。

「子供扱いしないで」と恥ずかしがる。

少し、間が空いて「そうだね」と答えるフリーレン。

ザインが残してくれた薬草の手記を参考にフェルンの風邪に有効な薬草を採取することにした。

道中、フェルンのことを話すフリーレン。

あっという間に人間は大人になる。

自分より背が低かったフェルン。

自分の中ではまだフェルンは子供で、きっとそれはこの先も変わらない。

なかなか大変な道中を経て、ようやく氷柱桜がある場所に到着する。

とても綺麗な桜だった。

フリーレンはフェルンにも見せてあげたいと呟く。

シュタルクはフリーレンがなぜフェルンの手を握ったのか疑問に思った。

普段はそこまで子供扱いしていないからである。

フリーレンは子供扱いしたつもりはなかった。

自分が風邪で倒れた時、ヒンメルが手を握ってくれた。

「心の支えが必要なのは子供だけじゃない」というヒンメルはとても優しかった。

気遣う僕に酔っているのはうざかったけれど。

そして直後にハイターが薬を持ってきたけれど。

僧侶ではないフリーレンが苦痛を和らげる方法は、ヒンメルに教わったこの方法しか知らない。

自分はどうしたら良かったのだろうと宙を見上げる。

シュタルクはフェルンが恥ずかしがったのは自分が傍にいたからだと伝える。

そして人に支えてもらって悪い気がする奴はいないとも伝える。

シュタルクのフォローに感謝するフリーレンは風邪の時はシュタルクの手を握ってあげると言う。

恥ずかしいから嫌だと断る思春期のシュタルク。

子供じゃないのは知ってるよ

さて、氷柱桜の根元に生えるキノコを回収して薬を作ったフリーレン。

シュタルクのアドバイス通り、フェルンの手を握り続けるフリーレン。

「もう子供ではない」と反発するフェルンに「知っているよ」と慈しむフリーレン。

フリーレンの気持ちを察したフェルン。

元気になったフェルンと共に次なる目的地魔法都市オイサーストを目指す。

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年10号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『葬送のフリーレン』第36話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年10号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

葬送のフリーレン【第36話】の考察・感想

小ネタですが、起きないフリーレンに冷たい手攻撃を仕掛けるシュタルク。

君は少し前に同じことをフェルンにやって激怒されましたよね。

学習能力がないのか、フリーレンなら怒らないと信頼しているのか判断に困るネタだなと思いました。

多分、後者なのでしょうが、シュタルクのキャラ的に前者でもそれほど違和感はなかったりします。

同じ回でフリーレンを気遣うシュタルクですから、ガキなのか大人なのか評価が難しい男ですね。

今回はフリーレンがフェルンを慈しんでいるお話ですが、エルフの時間軸が長いことを考えると、地味に奥が深いなと思いました。

フリーレンにとってフェルンと過ごした時間感覚は私たちが感じるよりも本当に短いはずなのです。

それでもフェルンを大切に思っているということなのです。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第36話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第37話は、週刊少年サンデー11号(2月10日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!