僕のヒーローアカデミア【第296話】ネタバレと考察・感想!オール・フォー・ワンが動き出す!

僕のヒーローアカデミア【第296話】ネタバレと考察・感想!オール・フォー・ワンが動き出す!のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年5・6号(1月4日発売)の『僕のヒーローアカデミア』第296話!

この記事では第296話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第295第296話第297話

『僕のヒーローアカデミア』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

僕のヒーローアカデミア【第296話】のあらすじ・ネタバレ

オール・フォー・ワンに体を乗っ取られた死柄木を逃がしたヒーローたち。

死柄木は脳無7体と共に行方をくらまします。

ヒーローたちは、ギガントマキア、Mr.コンプレスは確保。

また、リ・デストロ、外典、トランペット、超常解放戦線構成員1万6929人とその支部とシンパの制圧を完了しました。

しかし、ギガントマキアの行進により、超常解放戦線の幹部を含む132人を取り逃がし、街にも甚大な被害が出てしまいました。

ヒーローたちは、破壊された街から生存者を救出するべく活動をしますが、助けても助けても、救助者は減りません。

お茶子と梅雨が救助を続ける中、プロヒーローが救助を諦めてしまいます。

また、多くのヒーローが死亡しました。

それに加え、荼毘によるエンデバーの過去の暴露など、ヒーローは市民からの信頼を失い始めていました。

一方、オール・フォー・ワンが収容されている独房では、オール・フォー・ワンが死柄木を通して脳無に命令を出していました。

その命令は、オール・フォー・ワンを解放すること。

まだまだオール・フォー・ワンの策略は終わりません。

死柄木は脳無7体と共に逃走成功!

前線に向かったヒーローたちに逃走を阻まれる死柄木。

しかし、ヒーローたちは、脳無(以下、ニア・ハイエンド)による突然の陽動・攪乱行動により翻弄され、3体のニア・ハイエンドを撃破するに留まります。

結果、残った7体のニア・ハイエンドと共に死柄木は行方をくらませました。

ヒーローは敵連合の一部を確保!

ヒーローたちは、ギガントマキア、Mr.コンプレスの確保に成功。

また、群訝山荘では、リ・デストロ、外典、トランペット、超常解放戦線の構成員1万6929人の確保に成功しました。

他全国に点在する支部及びシンパの制圧を完了しました。

しかし、ギガントマキアの行進により、幹部を含む132人を取り逃がしてしまいました。

また、トガも逃走中であり、まだ近くに潜んでいます。

ヒーローは市民を救出するも、救助は終わらない

ヒーロー対敵連合との戦いにより、街は壊滅状態に。

市民の助けを求める声が町中から挙がっています。

そんな中、瓦礫に潰されそうになる兄妹を、お茶子と梅雨の2人で救出!

お茶子と梅雨が努力して救助を続けます。

しかし、助けても助けても終わらない救助活動に、1人のプロヒーローが「やめよ・・・これはもうダメでしょ」と諦めの言葉を口にします。

瓦礫の山から挙がる助けを求める声に、お茶子は言葉を失いました。

負傷したヒーローも助けることできず、ミッドナイトやエクスレスなど、多くのヒーローが死亡しました。

また、死柄木は間違いなく死んでおり、蘇生する可能性もありませんでした。

しかし、極わずかな感電により、死柄木の蘇生には不十分な状況にもかかわらず、夢と憎しみ、執念により、死柄木は復活を遂げました。

落ちる信頼、動き出すオール・フォー・ワン

街中では、ヒーローの信頼が落ち続けていました。

荼毘の放送によるエンデバーの過去の行いの暴露、街を守れず壊滅させてしまったこと。

人々は、今度こそお終いだとヒーローを見限っていました。

一方、オール・フォー・ワンは独房にて計画を進めていました。

乗っ取った死柄木の体を通して、ニア・ハイエンドたちに命令を下します。

その命令とは、オール・フォー・ワンの解放。

まだまだ戦いは終わっていないのでした。

僕のヒーローアカデミアの最新刊を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『僕のヒーローアカデミア30巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊(30巻)を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

僕のヒーローアカデミア【第296話】の考察・感想

敵連合、ヒーローともに大きく戦力を削がれてしまいました。

しかし、敵連合はまだまだ前進の余地があります。

132人の超常解放戦線の構成員、7体のニア・ハイエンド、スピナー、荼毘、トガ。

そして何より、これからオール・フォー・ワンが解放されようとしています。

戦力を削がれたとはいえ、敵連合の調子は良さそうです。

一方、ヒーローの信頼は地に落ちる始末です。

ヒーローにとってはおよそ最悪の事態と言っても過言ではないように思えます。

ヒーローを失い、信頼を失い、街を失い、お世辞にも良い状況ではありません。

もしかしたら、今回の事件を受けて、雄英を辞めてしまう生徒も出てしまうかもしれません。

ここからヒーローがどのように信頼を回復していくのか、雄英の生徒たちは今後どのような影響を受けるのか、不安要素は数多くあります。

敵連合に反し、ヒーローは圧倒的に不利な状況下にあります。

ヒーローの今後の活躍に期待です!

まとめ

以上、『僕のヒーローアカデミア』第296話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『僕のヒーローアカデミア』第297話は、週刊少年ジャンプ7号(1月18日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!