もういっぽん!【第110話】ネタバレと考察・感想!未知は生意気な1年に勝つことは出来るのか!?

もういっぽん!【第110話】ネタバレと考察・感想!未知は生意気な1年に勝つことは出来るのか!?のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年10号(2月4日発売)の『もういっぽん!』第110話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第109話第110話第111話

『もういっぽん!』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

もういっぽん!【第110話】のあらすじ・ネタバレ

幾度の勝利と敗北を糧に

ジョーカー園田未知と東体大栄1年・小鳥遊涼との試合が幕を開ける中、
梢は応援に集中できずにいた。
かつて中学時代に自身も小鳥遊涼と試合経験があり、その時の事を思い出していた為のようだ。

開始5秒で投げられ1本を決められた梢。
その時の記憶がまざまざと蘇ったため放心していたようだ。

一方、未知は小鳥遊の攻めに必死に食らいついていた。
実際に戦ってみて理解できた事が一つある。
それは紫乃の小鳥遊の評価がメチャクチャ低いという事だ。

紫乃は試合前に相手の実力をトランプの数字で表していたが、
とてもじゃないが”9”の強さではないと実感していた。

メチャクチャ速く、そして巧い…!!
だが未知も、そんな相手に食らいついていけている。
もの凄い笑顔で!

まだまだ余裕を見せる未知は、相手が9以上の実力だとしても、
自身はジョーカーなのだと、単純ではあるものの強気で攻めていく!

得意のゾンビ投げを披露するが、惜しくも決まらない!
去年のインハイでは闇雲に攻めていた未知だが、これまでの沢山の勝利と敗北が未知を成長させているようで、組手に応じた技をかけられるようになっている。

応援できない理由

司が声を張り上げて応援する中、梢は声を出せずにいた。
やはり小鳥遊の実力が身に染みているからこそ、未知が本気で勝てるとは思えないようで、そうなるとどうしても本気で応援できないようだ。

自身でもこの嫌な性格に嫌悪しているようだが、ウソをつけない正確故に、どうしようもないらしい。
見かねた安奈が梢の背中を叩き、とりあえず声を出せと発破をかける。

そんな最中、未知はピンチを迎えていた。
十分に警戒する中で食らってしまった小鳥遊の大内刈り!!
何とか『技あり』に抑えたものの、今のはかなり危なかった。

大内刈りと言えば前進から放たれるイメージがあるが、小鳥遊は回転させながら刈り倒したオリジナル。
故に未知も回避できなかった。

高校に進学し、更なるレベルアップを果たしていた小鳥遊。
やはり環境がいいのだろう。
東体大栄の先輩たちから、様々な技術を学び、自身の技として昇華させる。

持ち前のセンスに更なる磨きをかけたといったところか。
だが、当の本人は、生意気な一面とは裏腹に、一本が決まらなかったことに対し反省していた。

かなり生意気で誤解されやすい部分はあるものの、
常に向上心を持ち、努力を積み重ね高みを目指し続けているようだ。

反撃開始!

混戦続く中、ドンドン圧され始める未知だが、決して諦めずに食らいつく!
この未知の異様なまでの回避能力に驚く小鳥遊!

そんな中で見つけたわずかな隙!
すかさず寝技に持ち込む未知!
”後輩返し”なる未知流の技で攻め立てるも、梢はその様子が、ただただヤケクソに見えているようだ。

だが、早苗に言わせれば、未知は『寝技は練習量が大事』だという事を信じきっているという。

相手が各上であろうと、未知が2年で相手が1年な以上、1年という練習量の差がある!
寝技の先輩としての力を信じ、果敢に挑み続ける!
どんなに都合がいい理屈でも、それはある意味ジョーカーを体現しているようで未知らしくもある。

永遠包みを仕掛ける未知だが、これも回転で回避され、ついには逃げられてしまう。
未知は相手が立ち技に絶対の自信を持っていることから、絶対に立ち技で挑んでくると山を張り、それにあわせてリスペクト背負いを仕掛ける!!

かつて早苗にかけられた背負い投げ…!
掛け声も”さなええええい”と、完全にリスペクトしている様子。
この意表をついた背負い投げは、くしくも技ありとなったが、点数的にはこれで同点!

まだまだいける!!
未知の活躍に呼応されるように応援の声も大きくなる。

そんな中、一人声を出せない梢に紫乃は、未知が決して都合のいいだけのカードではないと語りだした。
今までの経験から導き出された技の繋ぎ…
1年間の勝利と敗北…これまでの全ての経験を経て辿り着いたジョーカーなのだと。

それが2年・園田未知!!
残り10秒を切り、ラスト5秒。
ここで初めて梢は心の底から未知を大声で応援する!

「ラスト5秒!!ファイトォ!!」

「おう!!!」

後輩の心からの応援は背中を押す!
未知は残り5秒で勝ちきれるのか!?

もういっぽん!の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年チャンピオン2021年10号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『もういっぽん!』第110話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年10号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

もうU-NEXTに登録してしまった方は以下のサービスがおすすめ!

登録で貰えるポイントやクーポンで、最新話がお得に楽しめます。

配信サービス特徴登録
コミック.jpのロゴお試し登録で
1350P
※期間限定!
30日間無料
ebookjapanのロゴ半額クーポン
6枚貰える
月額無料
まんが王国のロゴ毎日最大
50%オフ
月額無料

もういっぽん!【第110話】の考察・感想

未知のこれまで積み上げてきた柔道が試される時!
相手は1年とはいえ、相当な実力者!
決して楽な相手ではない中、楽しみながら柔道をする未知の姿がとても熱くさせてくれますね。

梢も過去の敗北から、未知がどう足掻いても勝てないと思い、
本気の応援ができずにいたけど、まさに身をもってやれるんだぞという所を見せつけてくれた未知!
そんな先輩への心からの応援!

この先輩後輩の、徐々に信頼を勝ち得ていく姿も実に熱いものを感じますね。
残り5秒というわずかな時間で、果たして勝負の行方はどう転ぶのか。
非常に気になりますね。

まとめ

以上、『もういっぽん!』第110話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『もういっぽん!』第111話は、週刊少年チャンピオン 2021年11号(2月10日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

もういっぽん!の10巻の画像

『もういっぽん!』10巻が12/8に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※