もういっぽん!【第111話】ネタバレと考察・感想!ついに先鋒戦決着!その結果は!?

もういっぽん!【第111話】ネタバレと考察・感想!ついに先鋒戦決着!その結果は!?のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年10号(2月10日発売)の『もういっぽん!』第111話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第110話第111話第112話

『もういっぽん!』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

もういっぽん!【第111話】のあらすじ・ネタバレ

残り5秒の真剣勝負

ラスト5秒…未知は小鳥遊相手に、まだ出していない戦法を思い返すと共に、
一番効果的であろう攻撃を一瞬で組み立てる。

組手チェンジからの左組からの左と見せかけての、永遠直伝右の一本背負い!
それが未知が導き出した最善手だった。

残り4秒…すぐさま奥襟をとりに行く!
だが、この大袈裟すぎるアクションはフェイント!

小鳥遊は、未知のフェイントにかかり、奥襟狙いの右手を注視する。
そして警戒がそちらに行ってる中、未知は右手を引っ込めると同時に左手で小鳥遊の右を掴みに行く!!

この組手チェンジ…成功するかに思えた。
だが、未知の左手は空を切る。

そして、そのまま小鳥遊は未知の懐に潜り込み、未知の伸びた左腕を掴み…
一本背負いの体勢へ…流れるような一連の動作!

ダァァァン!!

これ以上ないほど綺麗な一本だった。
呆然と天を仰ぐ未知。

未知のフェイントは確かに、いい線は行っていた。
だが、最後の最後…未知の視線が小鳥遊にフェイントを見抜かれた原因となってしまった。

強くなったからこその悔しさ

未知を励ます早苗と安奈。
試合直後ということもあって、まだ放心状態の未知。

そんな中、すぐさま中堅戦が始まろうとしていた。
次は永遠の出番。

早苗は永遠を送り出し、元気のない未知に切り替えて応援するように言うが、
やはり負けた直後…悔しさでいっぱいなのが、その表情から伝わってくる。

顧問の紫乃は、未知の今の気持ちが痛いほど理解できた。
未知は格上相手と互角以上に渡り合うほど、本当に見違えるほど強くなった。

だからこそ本当に勝てると思ったし、勝ちに行った。
だが結果として、その気持ちはわずか数秒で打ち砕かれ、敗北した。
悔しくないはずがない。

噛み締める唇、畳に押し付ける握りこぶし…
爆発寸前の感情を押し殺してはいるが、それでも伝わってくる悔しさ。

そんな未知を見て声をかけたのは梢だった。
それは励ましや慰めとは程遠い厳しいものだった。

人には散々応援しろと言いながらも、自分が負けたら黙りこくる。
そんな未知の姿に失望したというのだ。
畳の上ではリスペクトされるような先輩でありたい…未知は自分の言葉を思い出した。

確かに厳しい言葉ではあるが、今の未知にとっては、
どんな励ましよりも効果覿面だったようで、立ち直って大声で永遠の応援をはじめた。

確実なんてものはない

中堅戦…氷浦永遠VS矢城美礼!
今のところの試合展開では永遠が押しているように見えるが、
まだどちらも得点はなしだ。

未知は個人戦の成績を元に永遠の勝ちは確実だと見ているようだが、
安奈は、未知のように楽観視していない様子。

一方、東体大栄サイドでも、未知と同様に対象の檀の勝ちは揺るがないから、
たとえ中堅で美礼が負けたとしても勝ちは確実だと小鳥遊は語る。

そんな生意気な一年を一喝する檀。
勝負に確実なんてものは存在しない、それは小鳥遊や檀、そして永遠にも言えることだと。

檀の言葉を裏付けるかの如く、美礼が永遠から技ありを取った!
美礼は金鷲旗で、立学のエマを止めた程の実力者…簡単な相手ではないのだ。

もういっぽん!の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年チャンピオン2021年11号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『もういっぽん!』第111話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年11号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

もうU-NEXTに登録してしまった方は以下のサービスがおすすめ!

登録で貰えるポイントやクーポンで、最新話がお得に楽しめます。

配信サービス特徴登録
コミック.jpのロゴお試し登録で
1350P
※期間限定!
30日間無料
ebookjapanのロゴ半額クーポン
6枚貰える
月額無料
まんが王国のロゴ毎日最大
50%オフ
月額無料

もういっぽん!【第111話】の考察・感想

未知は残念だったけど、最後の最後までもつれ込むいい試合でした。
あれだけ格上相手に、あそこまでの粘りを見せたのだから、
きっと次に繋がるはず!

悔しさが大きければ大きいほど、きっと大きく成長できるはず!
何とか永遠と安奈が勝利して、次へ駒を進めて欲しいですね。
ですが、檀も言っていたけど勝負に確実ということはない。

現に確実に勝てると踏んでいた永遠が先に技ありをとられてしまった。
何とか逆転一本勝ちを見せて欲しいものですね。

まとめ

以上、『もういっぽん!』第111話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『もういっぽん!』第112話は、週刊少年チャンピオン 2021年12号(2月18日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

もういっぽん!の11巻の画像

『もういっぽん!』11巻が2/8に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※