呪術廻戦【第142話】ネタバレと考察・感想!腸相は禪院直哉を圧倒!しかし乙骨は虎杖を撃破!!

呪術廻戦【第142話】ネタバレと考察・感想!腸相は禪院直哉を圧倒!しかし乙骨は虎杖を撃破!!のアイキャッチ画像
最新刊を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年15号(3月15日発売)の『呪術廻戦』第142話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第141話第142話第143話

『呪術廻戦』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

呪術廻戦【第142話】のあらすじ・ネタバレ

腸相は『赫鱗躍動・載(せきりんやくどう・さい)』により禪院直哉のスピードを目で追うことができるようになりました!

しかし、それでも禪院直哉による反撃を食らい、横腹を刺されてしまいます。

腸相はそのまま横腹から血を流し続け、大量の血を禪院直哉目がけてぶちまけて追い込み、最後は『超新星』を食らわせて撃破!

ピンチをチャンスに変えて勝利した腸相ですが、そこに乙骨が虎杖を引きずって来て、腸相の背後に立っていました!

腸相は乙骨の攻撃を食らってダウンしてしまうことに…

乙骨の圧倒的な実力の前に、虎杖と腸相は手も足も出ませんでした…!!

腸相は禪院直哉の速さに対応する

腸相の『赫鱗躍動・載』により外眼筋の力を底上げして動体視力を向上させ、禪院直哉の超スピードに対応できるようになりました!

早速、禪院直哉に攻撃を加えようとするも、空振り。

というのも、禪院直哉曰く、

「こっちはカウンター前提で動き作っとんのや」

と腸相の横腹に刃物を突き刺しながらタネ明かしをします。

腸相の横腹からは血がとめどなく溢れており、足元に血が広がっていきました。

腸相は大量の血で禪院直哉を追い詰めて勝つ

腸相は傷口から出た血を、禪院直哉目がけて一斉に放ちます!

禪院直哉は失血死しない腸相に疑問を抱くも、腸相の出自が呪霊と人間の混血にして、呪力を血液に変換できる特異体質であることを知りません。

そのため対応が遅れてしまい、距離をとらされた上に大量の血により腸相を見失ってしまいました。

禪院直哉が驚いている間に、腸相は禪院直哉に放った血を避けるようにして回り込み、『穿血(せんけつ)』を放ちます!

『穿血』はかわされるも、腸相は続けて蹴りを入れて禪院直哉の動きを一時的に止めることに成功し、そのまま血を付けることができました!!

腸相は禪院直哉に付いた血を固定することで重くし、速さを奪います。

禪院直哉を追い詰めた腸相は、

「後は分かるな 詰みだ」

と言い、『穿血』の構えをとりました。

禪院直哉は焦りつつも、自身の術式と戦況を考えます。

俺の術式は事前に24fpsで作った動きを後追い(トレース)する

この程度の足止めやったら問題なく動ける

そう判断して腸相に向かって駆けだすも、腸相は『穿血』を撃ちません。

禪院直哉はなぜ『穿血』を撃ってこないのか疑問に思っていると、その代わりに腸相が撃ったのは『超新星(ちょうしんせい』!

禪院直哉の目の前で血の散弾が爆ぜて、体を撃ち抜きました!!

『超新星』は腸相の編み出したオリジナルの技です。

そのため禪院直哉はその技を知らず、無様にも突っ込んで行ってしまったのでした。

乙骨が現れて腸相を倒す

腸相と禪院直哉の戦いが終わったと同時に、腸相の背後に乙骨がやってきます。

右手で虎杖を引きずっており、刀も持っていません。

しかし、腸相は乙骨の存在に気づいて振り向いた瞬間、空いている左手で何度も殴られ、倒されてしまいました。

乙骨は禪院直哉に、

「辛そうですね 直哉さん」

と余裕たっぷりに言ってのけます…!

呪術廻戦の最新刊を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『呪術廻戦15巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『呪術廻戦』の最新刊(15巻)を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

呪術廻戦【第142話】の考察・感想

禪院直哉を倒すことはできたものの、虎杖も腸相もやられて窮地に陥ってしまいました!

さすがの腸相も、乙骨による打撃はかなり効いたようですね…

しかも、乙骨はここまで特に目立った傷を負っていません。

この最悪の状況を虎杖と腸相はどうやって打開するのか、考察してみましょう!

血で視界を奪って逃げる

打開策1つ目は、『腸相の血を操って乙骨の視界を奪い、その隙に逃げる』です。

乙骨がやってきたのは、腸相と禪院直哉が戦っていた場所。

そのため、腸相が使った血がまだ残っています。

この血を使って乙骨の視界を塞ぐことができれば、その間に逃げることが可能です。

血は液体のまま乙骨の目に沁み込ませることで簡単に落とすことができなくなります。

また、禪院直哉も腸相の『超新星』を食らっているので動けませんし、仮に動けたとしても腸相の血に含まれる毒の影響でまともに動くことは難しいでしょう。

渋谷事変にて裏梅が腸相の毒を食らっていましたが、反転術式で傷そのものは治せても、解毒まではできず、膝をついて苦しんでいました。

仮に禪院直哉が反転術式を使って傷を治せたとしても、裏梅同様、毒に苦しむことになるでしょう。

現状、虎杖と腸相だけでできる最善手がこれではないかと思われます。

恵に助けてもらう

打開策2つ目は他力本願、『近くにいるであろう恵に助けてもらう』です。

前回、虎杖が乙骨との戦いで殺された時に宿儺が出てこようとするものの、『何か』に気づいて出るのを止めました。

その『何か』が恵であり、恵の活躍に期待しているのです。

禪院直哉も恵を探しに東京まで来ているので、近くにいる可能性は高いと思います。

恵の式神『脱兎』乙骨を攪乱して、その隙に虎杖と腸相を回収して逃げることができればいいですね。

恵を殺しに来た禪院直哉は恵と戦える状態ではないので、妨害するために襲い掛かって来ることはないでしょう。

ただ、虎杖を助けることは呪術高専の意思に反するので、そこで葛藤が生まれるかもしれませんが、なんとか振り切って虎杖救出に乗り出してほしいものです。

まとめ

以上、『呪術廻戦』第142話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『呪術廻戦』第143話は、週刊少年ジャンプ16号(3月22日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※