かぐや様は告らせたい【第207話】ネタバレと考察・感想!性に翻弄される四宮かぐや

かぐや様は告らせたい【第207話】ネタバレと考察・感想!性に翻弄される四宮かぐやのアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます


週刊ヤングジャンプ2021年12号(2月18日発売)の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第207話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第206話第207話第208話

『かぐや様は告らせたい』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

かぐや様は告らせたい【第207話】のあらすじ・ネタバレ

余計な先入観を抱いた四宮かぐや

結局男がエロいのは本能だから仕方がないと男性経験が少なくせに上から目線で早坂愛が語る。

男性経験が豊富な柏木渚も早坂の論理を補強して上辺を取り纏うのはマナーだと説明する。

二人の説明を聞いた四宮かぐやは白銀御行を怖がってはいけないと自分に言い聞かせながら生徒会室へ向かう。

胡麻の助を守りたい白銀御行

一方、最近生徒会室に居ついた猫の胡麻の助を眺めながら癒されている白銀御行。

胡麻の助の体にはひっつき虫が沢山ついている。

生徒会室に来る前に草むらでも突っ切ったのだろう。

取ってやろうとする白銀御行だが、俊敏に動き回る胡麻の助。

生徒会室中にひっつき虫が散乱する。

四宮かぐやが猫嫌いだと勘違いしている白銀御行。

久しぶりの頭脳戦

白銀御行の股間についたひっつき虫を取ろうとするとき、丁度四宮かぐやが生徒会室に入ってきた。

股間を弄っている白銀御行。

驚いた四宮かぐやに白銀御行はゴミをとっていたと弁解する。

早坂愛たちと話をしていたせいで自意識過剰気味になっていることを恥じる四宮かぐや。

照れ隠しで胡麻の助にワニの餌にすると窘める。

白銀御行は四宮かぐやはやるときはやる女だぞと胡麻の助に注意を促す。

ひっつき虫が四宮かぐやの胸にくっついていた。

指摘しようとした白銀御行だが、四宮かぐやの不興を買ってしまうと胡麻の助が出入り禁止になるかもしれない。

白銀御行は四宮かぐやに気付かれずにひっつき虫を回収する手はないかと思案する。

白銀御行の目線が自分の胸にあることに気付いた四宮かぐや。

あんなに真剣に見ている。

どんな痴態を想像しているというのかしら。

描写できない表現を妄想する四宮かぐや。

白銀御行は通りがかりに素早く取るという手も考えたが、場所が胸である。

手で取るのはリスクが高い。

そうであるならば、ハンドタオルを振り回してひっつき虫を取るという手が良さそうだ。

これは狩りだ。

真剣なまなざしで素振りをする白銀御行。

兎を狩る目をする白銀御行を見た四宮かぐやは妄想プレイの想像が捗る。

一瞬の隙をついて仕掛ける白銀御行。

華麗に躱す四宮かぐや。

四宮かぐやの動体視力を計算に入れてなかった。

白銀御行の行動をSMプレイと認識した四宮かぐや。

困ったときの藤原千花

生徒会室に藤原千花と石上優が入ってくる。

これで白銀御行の性欲のはけ口は藤原千花に向かうと安心する四宮かぐや。

だが、まったく藤原千花に興味を示さない白銀御行。

そうだ白銀御行は貧乳好きだった。

白銀御行が石上優の股間をタオルではたいてひっつき虫をとったところで誤解が解ける。

藤原千花が四宮かぐやのひっつき虫を取った。

白銀御行のことをいやらしい人だと思っていた四宮かぐや。

いやらしいのはどっちよと赤面する四宮かぐや。

四宮かぐやが猫嫌いだと勘違いしている白銀御行に藤原千花が誤解だと教える。

あまりの恥ずかしさに混乱した四宮かぐやは胡麻の助をワニの餌にしようとする。

あの目は本気だ。

白銀御行と藤原千花は胡麻の助を必死に逃がす。

かぐや様は告らせたいの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年12号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『かぐや様は告らせたい』第207話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年12号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

かぐや様は告らせたい【第207話】の考察・感想

天才たちの恋愛頭脳バトルの看板を降ろしてから久方ぶりの頭脳戦でした。

やはり生徒会室で真面目に馬鹿なことをやっているのが楽しいですね。

白銀御行の選択肢に、声で伝えるというのはなかったのでしょうか。

まあ、女性の胸近辺を指摘するのは難しいかもしれませんけれど。

後は、序盤で早坂愛がめちゃくちゃ偉そうに語っていましたけど、よく神(柏木渚)の前で蘊蓄を垂れられますね。

多分、神から見たら早坂愛も四宮かぐやも赤ん坊レベルですよ。

あ、画面外で一切出てこない四条眞妃の気持ちを慮ると面白…可哀そうでした。

まとめ

以上、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第207話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第208話は、週刊ヤングジャンプ13号(2月25日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!