この音とまれ!【第100話】ネタバレと考察・感想!宇月の歪んだ愛情

この音とまれ!【第100話】ネタバレと考察・感想!宇月の歪んだ愛情のアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

ジャンプSQ.2021年4月号(3月4日発売)の『この音とまれ!』第100話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
番外編第100話第101話

この音とまれ!【第100話】のあらすじ・ネタバレ

宇月が依頼した件は?

ライブハウス「BLUE」を出た百谷が宇月を見送る。

久しぶりに会えたことを喜びつつ、先ほど頼んだ件の念を押す宇月。

社交辞令的な笑顔なのだろうか。

笑顔の宇月と微笑すらしない百谷が印象に残る。

宇月が去っていく様を、寂しそうな目で見送る百谷。

分かる人には分かる警告文

場面は変わる。

学校では倉田と来栖がテスト勉強していた。

倉田の教え方が非常に分かりやすいらしい。

部活でも一緒で勉強も一緒にするなんて飽きないの?と友達がちょっかいだしてくる。

付き合ってんじゃないの?と軽く聞くと、全力で否定する二人。

息ぴったりでハモる二人にイラっとくる友達。

ちょっかいをだしているようで箏曲部のことを心配していた友達。

SNSで廃部寸前から奇跡の全国出場とか煽られていたのだ。

まあ、水原たちは半目三兄弟という不名誉な部分で注目されてしまったけれど。

テレビでスターになると喜んでいたのに不名誉な部分で有名になり悔しがる水原たち。

絶対に一位になって見返してやろうと決意する。

部室の前では由永が一人で立ち尽くしていた。

どうした?と声をかけると、後ろから大声で久遠と鳳月が喧嘩しながら歩いてきた。

一応、勉強しているようなのだが、ひっかけ問題絡みで喧嘩しているようだ。

部室の前でたむろしている由永たちに気付いた久遠が、面倒くさいと間に入ってくる。

部室のドアには、一言「おかえり」という手紙が貼ってあった。

一目で久遠は宇月のことが浮かぶ。

胸の鼓動が治まらない。

手紙を見て気持ち悪いと呟く周囲の声。

まさか楽器が壊されている!?と久遠は慌てて中を確認する。

部室の中は荒らされている様子はなかった。

周囲も久遠の様子を変に思うが、「何でもない」と久遠が言い張るため、それ以上の追及はしなかった。

頼りになる高岡

その後、水原たちと集まってテスト勉強する。

真面目に勉強する久遠に具合が悪いのかと心配する周囲。

明るい空気が流れる。

高岡が久遠の様子が変なことに感じて水原たちに確認する。

部室に貼ってあった手紙の話から何かを察する高岡。

とりあえず水原たちには勉強を頑張らせる。

赤点で全国へ行けないとかになったら目も当てられない。

翌日、登校してきた百谷に高岡は壁ドンで聞く。

「お前は宇月の弟なのか?」

何も答えない百谷だが、その表情だけで高岡には十分だった。

部室の手紙の件を問いただす高岡。

百谷が部に入った目的を詰問する。

百谷は兄の友人がいる部に入っただけだと答える。

百谷には高岡が何を聞きたいのかピンとこない。

もしかして百谷は久遠の事件のことを知らないのだろうか。

百谷は久遠が嵌められただけだと宇月に聞いて知っていた。

高岡はどうすれば良いか悩む。

そんなとき、久遠が百谷の音を好きだと言っていたことを思い出す。

そして百谷に真実を話すことを決めた。

高岡は久遠を嵌めたのは宇月だと伝える。

自分の兄が久遠を嵌めたと知って狼狽える百谷。

この情報は宇月本人から聞いた話だから間違いないと高岡は念を押す。

歪んだ愛情

部室に貼られていた紙の件で動揺が収まらない久遠。

周囲に心配されるほど音が乱れる。

何があったとしてもこの場所だけは守ると決意する久遠。

宇月が百谷にお願いした件は、宇月と久遠の仲直りを手伝うことだった。

宇月の学校にやってくる我孫子。

実は部室の前に手紙を張ったのは我孫子だった。

自分が傷つけている実感を味わいたい。

そう語る我孫子に同意する宇月。

歪んだ愛情が久遠を襲う。

この音とまれ!の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ジャンプSQ.2021年4月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『この音とまれ!』第100話が掲載されている、ジャンプSQ.2021年4月号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

この音とまれ!【第100話】の考察・感想

前話の番外編があったからこそ、高岡の頼もしさが光りますね。

百谷を怪しいと睨みながらも、それを信じたい久遠の気持ちも尊重する格好良い男です。

一人にしておくと悪い方向に突っ走りそうな久遠ですから、鳳月と喧嘩しているのを見ると安心します。

鳳月はもっと久遠をいじってください、お願いします。

さて、宇月のヤバさは分かっていますが、我孫子と組むとさらに倍増しますね。

久遠が大切な場所を守るために、全てを放棄しそうで怖いですね。

まとめ

以上、『この音とまれ!』第100話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『この音とまれ!』第101話は、ジャンプSQ.2021年5月号(4月4日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

今すぐ漫画で読むなら!

CTA画像

漫画で今すぐ読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録ですぐに600P貰えます!
もちろん最新話も読むことができます。

※31日間以内の解約で完全無料※