新テニスの王子様【第328・329・330話】ネタバレと考察・感想!タイブレークの男

新テニスの王子様【第328・329・330話】ネタバレと考察・感想!タイブレークの男のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

ジャンプSQ.2021年4月号(3月4日発売)の『新テニスの王子様』第328・329・330話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第325話

第327話
第328話

第330話
(最新話)
第331話

第333話

新テニスの王子様【第328・329・330話】のあらすじ・ネタバレ

リターンゲームをとることが不可能になった切原と種ヶ島コンビ  

桐原がリターンできない以上このリターンゲームを取ることは早々に不可能になっていた。

種ヶ島 はそれを分かっているのでゲームを取れない以上無駄に体力を使うことはないと相手のサーブに全く反応をしていない。

そしてこのゲームはドイツが先取した。

しかしそれはどいつも同じ状況だったのである。

次はドイツ側が日本側のサーブに全く反応をしようとしない

このゲームは見事に日本側が取ることになる。

これでゲームは一対一の同点になった。

さらに同じようにサービスゲームに戻って、 日本の二対一。

今度は逆にドイツがサービスゲームを取って2対2に戻す。

観客たちもこれでは一生勝負がつかないなと呆れ返っていた。

どちらかがミスを連発して自分のサービスゲームを落とさない限り途中で試合が決まることはないと。

この試合を見ながら越前リョーマが呟いていた。

タイブレーク。

この試合は一見続くように見えるが大ブレイクになれば必ず決着がつくのだと。

つまりこのまま ミスをしないで続けていけば勝つのは日本になる。

ゲームは3対3のところまで進んだ。

ドイツの中学生は こんなことまで考えて試合をやっていたのかと 問いかけてきた。

種ヶ島 はそれにふざけた返事をするのだった。

試合は タイブレーク目前まですすんでいた    

試合は既に5対5まで進んでいる。

この試合を見ていた観客たちは単純なし合いながら沸き立っていた。

タイブレークに突入すれば日本が勝てるという希望があったからである。

観客たちは一生懸命日本に声援を送っていた。

しかしドイツのチームはそれを失笑してみていた。

そしてこのゲームは6ー6、 ついにタイブレークまで行ったのであった。

乾先輩がデータブックを見て愕然としている    

乾先輩はデータがびっしりと書いてあるノートを見て震えていた。

このデータによるとタイブレークは非常にまずいことが起きるらしい。

なんと現在コートの上に立っているビスマルクはタイブレークの勝率が100%だったからである。

このビスマルクはミスタータイブレークと言われるほどの存在だったのだ。

ビスマルクは過去のことを思い出していた。

それは自分の交際している彼女に 接戦でまた負けたのかと言われているシーンだった。

ビスマルクの彼女は 足が悪いようで車椅子に座っている。

ビスマルクは彼女とカードゲームをやっていた。

ビスマルクの彼女は ビスマルクの 残されたカードが弱い札ばかりだったことを指摘した。

ビスマルクの彼女はビスマルクが強いカードを出し惜しまず使ってしまうから最後にありてしまうのだと説明した。

それはきっとテニスも同じような事なんじゃないのかと。

テニスそっちのけでカーレースのことばかり考えているようではいつまでたっても勝てないと。

彼女にそう言われたことでビスマルクはふてくされて帰ってしまいました。

しかしビスマルクはこれをきっかけに してテニスが強くなっていったのであった。

新テニスの王子様の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ジャンプSQ.2021年5月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『新テニスの王子様』第328・329・330話が掲載されている、ジャンプSQ.2021年5月号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

新テニスの王子様【第328・329・330話】の考察・感想

今 テニスの王子さまを読んでいる読者って結構な大人なんでしょうか。

一周回って若い人も読んでるかもしれないと思うので一応説明します。

種ヶ島 というキャラクターが出てきますが、 学校のテストで種子島をこうやって書いたらバツを食らうと思います。

予測変換で かくとわかるように種子島は種ヶ島 ではないのです。

これは本当によく間違うことが多いので塾では必ず教えられると思います。

でも人名だからなんて書くかは自由ですけど。

まとめ

以上、『新テニスの王子様』第328・329・330話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『新テニスの王子様』第331・332・333話は、ジャンプSQ.2021年6月号(5月4日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!