女神のカフェテラス【第11話】最新話ネタバレと考察・感想!カフェテラスの武力担当

女神のカフェテラス【第11話】最新話ネタバレと考察・感想!カフェテラスの武力担当のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年22・23号(4月28日発売)の『女神のカフェテラス』第10話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第10話第11話
(最新話)
第12話

女神のカフェテラス【第11話】のあらすじ・ネタバレ

カフェテラス・ファミリア零式

さくら祭りに参加した隼だったが、チンピラと揉めてしまった。

周囲の人の協力もあり撃退に成功はしたが、逆恨みで店を壊されてしまう。

このままでは周りに迷惑をかけてしまうと一度は撤退を決める。

だが、素直に撤退するつもりはなかった。

隼は店に戻ってくると、裏の物置に向かう。

隼は昔婆さんが今の店を建てる前に使っていたリアカーをカフェに改造したものがあることを思い出していたのだ。

名付けて「カフェテラス・ファミリア零式」だ。

体力勝負では頼りになる秋水

中二心をくすぐるリアカーに秋水が盛り上がる。

普通の女子である桜花にはまったく琴線に触れない。

でも勝手にリアカーで販売しても良いのだろうか。

何だかんだで東大に入学した隼は準備万端だった。

一応移動営業の許可も取っていたのである。

良い笑顔で秋水にリアカーの準備を指示すると、秋水も良い笑顔で了解する。

二人ともリアカーが使いたくて堪らない感じだ。

零式で迎撃に向かう、という指示を出す隼に呆れながら移動販売ね、と桜花は宣伝に向かう。

再び花見場所に戻ると、思った以上にコーヒーが売れた。

流星がツイッターで宣伝してくれているらしい。

売れすぎてクッキーのストックが怪しくなる。

だが、こんなことも予想していた。

すでに隼は秋水を本店に走らせていたのだ。

体力自慢の秋水にうってつけの任務を無事に果たしてくれた。

花見客には桜花の衣装も好評だった。

隼は自然と桜花がデザインしたことやデザイナーになりたいことなどを伝えながら接客をこなす。

意図せず自然と自分を褒めてくれる隼にトキメク桜花だが、すぐにぼさっとするな、と隼の軽口が飛んでくる。

チンピラ如きでは相手にならない

さすがに9時を回るとお客も減ってきた。

店じまいして帰路につく。

始めからリアカーで良かったね、と談笑するが、この作戦には致命的欠点がある。

それは隼の体力が持たないことだ。

情けないわね、ランニングする?と充実した日を噛みしめていたが、まだ日は終わらない。

昨日、因縁をつけてきたチンピラがまた現れたのだ。

チンピラたちは再びリアカーを壊そうと絡んでくる。

犯罪だって知らないのか、と隼は一歩前に出る。

警察にも顔が利くというチンピラは隼を殴り飛ばす。

隼は先に攻撃を受けた。

これは刑法第36条1項における正当防衛が成立する。

GO!

隼が指示を出す間もなく、秋水の綺麗な飛び蹴りが炸裂した。

そう、隼は秋水に特別任務を与えていた。

チンピラが現れた時、自分が先に一発殴られる。

それを確認したら粉砕せよ、という任務だった。

過剰防衛になりかねないレベルで粉砕していく秋水。

秘密兵器ミサイル発射という秋水の謎アイテムまで見せながら制圧を完了した。

隼はチンピラに告げる。

お前たち、秋水が相手で良かったな。

ウチで最強なのは伝説の女総長「狂犬の桜花」なのだ。

きっちり脅してチンピラは退散していった。

わざわざ殴られなくても良かったのにと心配する桜花に、隼は綺麗に飾り付けたリアカーに指一本触れさせないと男らしさを見せる。

少しトキメキながらも桜花は自分で戦いなさいよ、と軽口を叩きあう。

女神のカフェテラスの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年22・23号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『女神のカフェテラス』第11話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年22・23号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

女神のカフェテラス【第11話】の考察・感想

今回は比較的三枚目担当の秋水の活躍と、自然と桜花の好感度を稼いでいる隼でした。

もともと運動能力が高いと表現されていましたが、チンピラ三人を撃破するレベルの秋水はこの先もカフェテリアの護衛として活躍することでしょう。

まあ、警察に顔の利く相手に正当防衛が通じるのか怪しいですけれど。

証拠を見せても握りつぶされそうな気がします。

やはり狂犬の桜花に任せるしかありませんね。

今回は隼も秋水、桜花も長所を発揮できた気がします。

まとめ

以上、『女神のカフェテラス』第11話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『女神のカフェテラス』第12話は、週刊少年マガジン23号(5月12日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!