東京卍リベンジャーズ【第204話】ネタバレと考察・感想!まさかのタイムリープへ

東京卍リベンジャーズ【第204話】ネタバレと考察・感想!まさかのタイムリープへのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年22・23号(4月28日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第204話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第203話第204話第205話

ネタバレ前にすぐに無料で『東京卍リベンジャーズ』の最新話を読みたいならU-NEXTがおすすめ!

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年22・23号』詳細画像
31日間無料でお試し可能

『東京卍リベンジャーズ』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

東京卍リベンジャーズ【第204話】のあらすじ・ネタバレ

タケミチはマイキーの手を放さない

屋上から飛び降りたマイキーを片手で掴んだタケミチは、全身から血を流しながらも力いっぱいに叫んだ。君を死なせないと。

ビルの下では騒ぎに気がついた人々が集まっていて、それぞれにスマホを構えてその様子を撮影したり、ざわついたりしている。
タケミチはマイキーに早く自分の手を掴み返すように言うが、マイキーはタケミチの行動に少し驚きを見せつつも、すぐに無表情へと戻り、バカなことをしていると言う。

腕を掴むタケミチから流れ出る血が、見上げるマイキーの顔に赤い斑点を作っていく。
重傷のタケミチの命もそう長くはないはず。にもかかわらず撃った張本人を助けようとしているタケミチが、マイキーにはおかしく見えているようだった。

意識が朦朧としてきており、タケミチはもう時間がないと言う。
それに対しマイキーは、もう全て終わりにしたい、だから手を離せと答える。
するとそれを聞いたタケミチは、やはりマイキーは後悔しているのだと、心の中を見抜く。
意識が飛びそうになる中、タケミチはもはやうわごとのように、マイキーを絶対助けるのだと、何度でも過去に戻って助けると荒い息で呟く。

タケミチ、マイキーにキレる

タケミチはもう過去には戻れないはずだと指摘しつつ、そして今、タケミチとは会いたくなかったとマイキーは語りはじめる。
マイキーは、気がついた時にはもうタケミチを撃っていたと言う。こんな結果はマイキーも望んでいなかったのだ。
そして最後にマイキーは「タケミっち」と、かつての呼び方でタケミチを呼ぶ。もう楽にさせてくれと。
その時、タケミチの目から大粒の涙がこぼれはじめた。

マイキーに向かい、大声でうるせえと叫ぶタケミチ。
突然のタケミチの豹変にマイキーは驚きの表情を隠せない。しかしかまわずタケミチは言葉を続ける。
マイキーはいつも何でも一人で背負い込んでしまう。つらくても周りには何も言わず、ただ自分だけで背負って終わらせてしまおうとする。
キレたままのタケミチはマイキーにタメ語で畳みかけ、ついには「万次郎」と名前を呼び捨て、一度でいいから「助けてくれ」と言えと、大声で叫んだ。

ついに救いを求めるマイキー

お前を絶対に助けてやる、万次郎。と、目にたくさんの涙をためながら、たくましい笑顔を見せるタケミチ。
すると、はじめは驚きの表情を見せていたマイキーの目からも大粒の涙がこぼれはじめる。

タケミチの握力は徐々に弱まり、はじめはマイキーの腕のあたりを掴んでいたその手も、今は手首のあたりまでずれてきていた。
マイキーも目から大粒の涙を流しながら、タケミチにうながされたように助けてくれと言う。かつての「タケミっち」という呼び名で。

そして過去へ

マイキーの腕はずり落ちたまま、手のあたりまで達していた。
しかし、ついにタケミチに助けを求めたマイキーがそこでタケミチの手を握り返し、二人の手は強く結ばれる。

その時、タケミチの中で何かが大きく脈を打った。その感覚に動揺するタケミチ。
そして、暗闇の中から、誰かが自分を呼ぶ声がしてくる。

目を覚ましたそこはベッドの上。髪の毛は金髪。カレンダーは、「2008年6月」。
声の主は母親。後ろ姿の母は、タケミチが高校生になったことを言っている。

タケミチは再び、タイムリープしていた。

東京卍リベンジャーズの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年22・23号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『東京卍リベンジャーズ』第204話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年22・23号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

東京卍リベンジャーズ【第204話】の考察・感想

熱い回でした。
不良たちの頂点に立ち、これまで多くのことを一人で背負ってきたカリスマ・マイキー。
詳しい事情はまだわかりませんが、今回も最後には自ら死を選び、全てを自分だけで決着させようとしていました。

しかし極限状態ゆえか、あのマイキーを呼び捨てにして、自分に頼れと、助けてくれと言えとキレるタケミチがカッコ良かったですね。
これまでずっと上下の関係、憧れる側と憧れられる側だった二人が、ついに同じ場所に立った瞬間なのかもしれません。
マイキーの涙も印象的でした。

そしてこれまでとは違う条件でタイムリープし、時代は中学から高校へ。
いよいよ、これまでの全ての謎が解かれる最後のタイムリープかもしれません。
まだ謎の多いマイキーの内面は、これから明らかになっていくでしょうか。

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』第204話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『東京卍リベンジャーズ』第205話の話は、週刊少年マガジンにて5月12日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

東京リベンジャーズが今ならお得に読める!

コミックシーモアの東京卍リベンジャーズセール情報

今ならコミックシーモアで、漫画『東京卍リベンジャーズ』をお得に読むことができます。
劇場版公開の限定セールなのでお見逃しなく!!

最新刊も50%OFFで読める!