MFゴースト【第131話】ネタバレと考察・感想!沢渡、トンネルでの秘策

MFゴースト【第131話】ネタバレと考察・感想!沢渡、トンネルでの秘策のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年10号(2月1日発売)の『MFゴースト』第131話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第130話第131話第132話

MFゴースト【第131話】のあらすじ・ネタバレ

カナタ、スプリンターとしての覚醒

カナタは、瀬名と石神を抜き遂に4位に浮上しました。

2番目に高い最高速を出せるバックストレートの突入をしたカナタ達。

カナタは、後ろに居る1号車の石神を前に出さない様にライン取りをして行きました。

86のアップデートが上手く機能していました。

主屋コーナーに加速をして突入していくカナタ。

石神の後ろを走る瀬名は、闘志を燃やして笑っていました。

カナタの公道で仕掛けるアグレッシブな走りや技術。

レーシングドライバーとしてのキャリアを自分に見せつけてくれたことに瀬名はカナタに感謝していました。

敵は強ければ強いほど倒し甲斐があると更にテンションが上がる瀬名。

石神は、カナタに抜かれたのがショックで意気消沈していました。

ブースでカナタの走りを静かに見ていた緒方と奥山。

奥山は、カナタの変化に驚きを隠せませんでした。

今までの2戦とは違い、覚醒し重みが増したと感じる奥山。

奥山は、かつて公道の天才ダウンヒラーと呼ばれた藤原拓海がカナタを鍛えた事が物凄い事だと実感していました。

藤原の力で目覚めたカナタは、自分達には想像が付かない異次元の天才スプリンターとしての底力を我々に見せつけてくれると冷や汗を掻いていました。

ファイナルラップ、突入

MFG第3戦は、遂にファイナルラップにトップ集団が突入してきました。

先頭は、安定して不動のベッケンバウアー。

2位は、沢渡光輝。

3位は、赤羽が続いて行きました。

その6秒後には、カナタが迫っていました。

レースの映像を見る多くの者達は、4位になったカナタに称賛と応援を送っていました。

カナタにベッケンバウアーを抜いて首位になれと盛り上がっていました。

次々と15名のドライバー達が疾走して行きました。

更に熱を増して盛り上がっていく第3戦。

誰もがトップでゴールする者が誰なのかと渇望をしていました。

ベッケンバウアー達は、ブラックアンドホワイトと呼ばれるトンネルに侵入していくのでした。

沢渡、トンネル内での秘策を実行しようとする

ブラックアンドホワイトに突入していった、ベッケンバウアー・沢渡・赤羽。

集中力を高め、緊張感の最中走って行く3台。

すると、2位の沢渡が何故かラインを開けます。

3位の赤羽は、沢渡が何を考えているのか正直理解が出来ませんでした。

しかし、1番勝負を賭けて抜けるスペースを作ってくれたことに感謝する赤羽。

赤羽は、隙やスペース、勝機がレース内であるのなら迷わずそのポイントを付いて行くのが自分

流儀だと意地を見せようとしていました。

赤羽は、アクセルを踏み加速をして行きました。

沢渡は、赤羽が近づいてきたので後退し速度を落としました。

沢渡の開けた空間に入り2位となる赤羽。

沢渡は、そんな赤羽を見て笑っていました。

赤羽のマシンの馬力を上手く利用しようとしていました。

赤羽がここで最高速を出して、ベッケンバウアーに迫れば自分が1位になれる秘策がある。

沢渡は、虎視眈々とチャンスを狙ってひたすら耐えて機を伺うのでした。

MFゴーストの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングマガジン2021年10号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『MFゴースト』第131話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年10号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

MFゴースト【第131話】の考察・感想

カナタが遂に4位になり熱いです。

カナタの走りは、見る者達を興奮させ、何かを期待させる力を秘めてます。

アップデートした86と技術で、石神や瀬名達を抜かせないカナタ、流石です。

瀬名は、カナタの攻めの走りと経験を目の当たりにして、逆に盛り上がってました。

瀬名も笑顔を見て純粋なストイックなドライバー何だなと思いました。

奥山は、改めて師匠の藤原拓海に鍛えられたカナタのスペックを脅威に感じている所がビリビリきます。

カナタの存在が、MFGやレースに革命をもたらす者だと実感する奥山の険しい表情が物語っていました。

最後の4週目になり進んで行くドライバー達。

ブラックアンドホワイトに突入し、進路を譲る沢渡。

2位になった赤羽を利用して首位に立とうと企てる沢渡。

どんな秘策を用いてベッケンバウアーを抜き去るのか、凄く興味がわきます。

次回も見逃せません。

とても楽しみにしています。

まとめ

以上、『MFゴースト』第131話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『MFゴースト』第132話は、週刊ヤングマガジン11号(2月8日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!