彼岸島 48日後…【第271話】ネタバレと考察・感想!少年の正体

彼岸島 48日後…【第271話】ネタバレと考察・感想!少年の正体のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年10号(2月1日発売)の『彼岸島 48日後…』第271話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第270話第271話第272話

彼岸島 48日後…【第271話】のあらすじ・ネタバレ

赤い目!?

明たちから、血の樽を盗もうとした姉弟。

鮫島は2人を追い詰め、捕まえている。

2人が暴れていると、地面に落ちた弟の眼鏡。

すると・・・弟の目は、吸血鬼のように赤くなっていたのだ!!

弟の目を見て、驚愕する鮫島。

首を掴まれて苦しそうにしながらも、弟は姉を離すよう叫んでいる。

目が赤いが、牙がない弟・・・。

異常だと感じた鮫島は、姉を離して弟に詰め寄った。

吸血鬼なのか、人間なのか・・・?

その正体を、突き止めよとしている鮫島。

一方の姉は鮫島に掴みかかり、聡を話せと叫んでいる。

そこで悪気はなかったと言う姉は、自分たちの目的を口にした。

私たちは、血の楽園に入りたかっただけ・・・。

思わぬ反撃

姉の口から血の楽園という言葉を聞き、振り向く鮫島。

姉はそんな鮫島に、聡を苛めるなと懇願する。

その言葉を聞き、鮫島は少し動揺。

苛めているつもりはなく、血の樽を盗まれたから追ってきただけ・・・。

鮫島はそう話すも、姉は聞く耳を持たない。

聡を助けるため、鮫島に噛みついたのだ!!

思わぬ攻撃に、鮫島は手を放してしまう。

姉は聡の手を取り、その場から逃げ始めた。

泥棒を逃がすわけにはいかないと、追いかけようとする鮫島。

しかし・・・それを止めたのは明!!?

逃走成功!?

逃亡に成功し、マンションに入った2人。

その一室を拠点に動いているようで、ベットに横たわっている。

無事に帰れたことに、満足そうな姉。

対する聡は、置いてきた眼鏡を気にしていた。

ぼやいている弟に、姉は伊達だからいいと話す。

その後、2人の話題は血の樽へ・・・。

どうしても諦めきれない姉は、もう1度チャレンジすると言い出したのだ。

絶対に中に入って、兄を助け出す・・・。

覚悟を決めた姉は、新たな作戦を思いつく。

その作戦を口にしようとした瞬間・・・部屋に現れたのは鮫島!!?

明はわざと2人を逃がし、2人を泳がせていたのだ。

鮫島に続き、部屋に入ってくる明。

謝ったから許してくれと、姉は叫び始める。

ただ、明は2人を罰しにきたわけではない。

忘れ物を届けに来たと言い・・・聡の眼鏡を取り出した。

眼鏡を目にし、驚く姉。

それに続き、聡も驚きの声を上げる。

立ち尽くしている聡に向って、明は取りに来いと話す。

姉はその言葉を聞き、罠だと叫んだ。

明の狙い・・・

何もしないと断言し、眼鏡を取りに来るよう話す明。

暫く考えた姉は・・・取りに行こうと歩み出す。

しかし、明は姉の動きを制した。

聡に対し、自分の物は自分で取りに来いと言うのだ。

明の言葉を受け・・・固まっている聡。

その様子を見て、勝次は違和感を覚える。

聡は、なぜかまごついている・・・?

やっと歩み始め、明に近づく聡。

明は聡に向って、眼鏡を差し出した。

すると・・・明の手を、聡は空振りしたのだ。

手を上下させ、眼鏡がどこにあるか分からない様子の聡。

しばらく手を動かし続け・・・やっと明の手から眼鏡を取った。

聡の真実

聡の不可思議な様子を見て、自分の考えを確信に変える明。

その様子に耐えかねて、姉は辞めてくれと叫んだ。

これ以上弟を辱めるなと言い、姉は真実を語ったのだ。

聡は・・・目が見えない・・・。

その事実に、衝撃を受ける鮫島。

吸血鬼だらけの東京で、目が見えない人間が生き残る苦労を想像する。

姉は弟を守るため、鮫島と聡の間に割って入った。

姉妹を見て、大変だったろうと声をかけるユカポン。

当たり前だと答えた姉は、兄が吸血鬼に攫われたことを口にする。

その日から姉弟は何も食べることができず、餓死しかけたことまであったのだ。

聡の覚悟

姉の話を聞き、憐みの感情が先立つ勝次とユカポン。

姉弟は兄を奪われ、本当に死にかけた過去があった。

空腹で極限状態の中、ある提案をしたのは聡。

突然、吸血鬼になると言い出したのだ。

聡が吸血鬼になることに、猛反対する姉。

しかし、聡は本当の意味で吸血鬼になるつもりはなかった。

その言葉の真意は、吸血鬼に変装すること・・・。

吸血鬼の姿となり、食べ物を奪ってくると聡は話す。

聡の提案を聞き、目の色でバレてしまうと否定する姉。

そこで、聡は自分の目を指さした。

眼球自体がなく、空洞になっている聡の目。

聡は目に何かを入れて、変装することを決意したのだった。

勧誘

聡の提案を受け、危険だからと否定していた姉。

ただ・・・生き残るためには仕方ないと、作戦を実行する。

姉は涙を流し、聡に証拠を見せるよう話した。

瞼を押した聡の目から落ちてきたのは・・・2つの球体。

それは、赤く塗られたピンポン玉!?

恐怖を感じ、声を上げたのはネズ。

話を聞いた鮫島は、2人が使えそうだと呟く。

明は頷き、自分たちとの利害関係を語った。

同じく、血の楽園を目指す者同士・・・。

一緒に、血の楽園に行こうと勧誘したのだ!!

彼岸島 48日後…の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングマガジン2021年10号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『彼岸島 48日後…』第271話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年10号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

彼岸島 48日後…【第271話】の考察・感想

前回から現れ、血の樽を盗んで行った姉弟。

弟の目が赤い理由は、赤く塗ったピンポン玉を入れていたからでした。

これに、衝撃と憐みの感情を抱く明たち。

同時に、利用できるとも考えます。

目が見えないことは、全く予想できませんでしたね。

前話を読み返すと、目が見えているかのよう動いていますが・・・。

今回の作中では、聡が姉の言葉に反応する様子がありました。

この姉弟の登場が、血の楽園攻略の鍵となることは間違いありません!

まとめ

以上、『彼岸島 48日後…』第271話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『彼岸島 48日後…』第272話は、週刊ヤングマガジン11号(2月8日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!