おじさまと猫【第71話】ネタバレと考察・感想!猫の里親探しとジョフロワの本音

おじさまと猫【第71話】ネタバレと考察・感想!猫の里親探しとジョフロワの本音のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

月刊ガンガン2021年2月号(1月12日発売)の『おじさまと猫』第71話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第70話第71話第72話

おじさまと猫【第71話】あらすじ・ネタバレ

楽しみの近況報告

海外出張中の日比野に今日のマリンちゃんの写真が送られてきた。

しかし、そのどれもがジョフロワが一緒に写ってるものばかり。

更に神田からは「被写体がいいと腕がなるね」と上機嫌なメッセージが送られてくる。

余計なものを写すんじゃないと怒りを露わにする日比野だった。そのうち神田の技術を奪いに行ったはずのジョフロワが動物とくつろいでいるのに驚き、5匹の捨てられた子猫を拾ってきたのを知ると動物嫌いのアイツが、と二度驚いてしまう。

マリンちゃんもふくまるも興味津々ですと5匹の子猫を覗き込む2匹の写真には可愛いとほっこりしながらこれで良いんだよと頷く。

最後に送られてきた家族みたいな全員集合写真に日比野は結局ツッコミを入れさせられてしまう。

子猫はどうする?

さっき撮っていた写真をSNSに載せたりしていないかを神田に確認するジョフロワだったが、勝手にそんな事をしないという返事を聞いて一安心……かと思いきや日比野に送ったと明かされて唖然としてしまう。

さらには追い討ちをかけるように父のギュスターヴにも送ったと知りジョフロワは驚きを隠せない。

間髪をかけずにジョフロワに電話がかかってくる。まさかと思うジョフロワだったが予想はズバリ的中。

父からの電話に出たくないと思ってしまうジョフロワだが意を決して通話をとった。

神田の世話になっているようだなと言う父に子猫を拾ってしまってと理由を明かす。

神田から何も知らされていなかったギュスターヴは「写真の子供はお前が拾ったのか」と驚く。

ジョフロワが子猫を見捨てられなかった事にギュスターヴはひとしきり大笑いをすると、真剣な面持ちで子猫たちはどうするつもりなのか聞いた。

責任を持って飼い主を探すと答えるジョフロワ、と言うのも本国に一度に連れて帰れるのは三匹まで、6ヶ月以内では1匹しか連れて帰れない上に3ヶ月以内だと持ち込み禁止になってしまうなど厳しい制限がかかっていた。そして子猫たちは3ヶ月以内だとジョフロワは思っていた。

自分で面倒を見ようにもジョフロワが日本に滞在できる期間も限られている。

「随分、神田の世話になってしまうが、文句は言わせないさ」とギュスターヴはジョフロワに話す。
ギュスターヴの真意が見抜けずに困惑するジョフロワだったが「良い飼い主を見つけてあげなさい」と言われ、力強くうなづいた。

里親探しスタート

里親探しのチラシが出来上がったと見せる神田。ペットショップやお店に貼ってもらって宣伝しようと言うのだ。

それどころかネットの里親募集にも登録してあって、友人や知人にも聞いてみるとテキパキ対処する神田に何も役に立てていないとジョフロワは申し訳なく思っていた。

早速、ペットショップのお姉さんや小林、森山先生と弟の雅人といった知人たちが子猫を見にくる。

ジョフロワがいることに驚きを隠せない森山兄弟だったが、マイペースの小林は驚くほど距離感が近い。

音楽教室の子供も母親と子猫を見にきて黒猫を可愛いと抱き上げる。

黒猫の名前を聞く子供にいい名前をつけてあげてねと答えるジョフロワ。

黒猫とまゆげの子は明日引き渡すことに決まり、虎もようの子も決まりそうだと神田は順調な進捗具合を報告する。

この子達といられるのも今日で最後なのかと寂しげなジョフロワは本当は決めていた子猫たちの名前を呼んでいく。

「覚えていてはくれないだろうけど、自分が覚えているためにつけた」と子猫たちを抱いてジョフロワは涙する。

そのうちに感極まったジョフロワは子猫たちと離れたくないと本音を口にする。

そんなジョフロワを見て神田はみんな飼いましょうと優しく声をかけるが、ジョフロワは神田に迷惑をかけてしまう上に素人が無責任に5匹も飼えるわけがないと頑なだ。

そんなジョフロワに神田はギュスターヴからみんな買わせてあげて欲しいと告げられていた事を明かす。

おじさまと猫の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『月刊少年ガンガン2021年2月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『おじさまと猫』第71話が含まれている、月刊ガンガン2021年2月号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

おじさまと猫【第71話】考察・感想

本音と建前、理想と現実の隔たりがある中で子猫の幸せを第一に考えるジョフロワですが、しっかり理由をつけて名前を考えてあげているなど愛情を注いでいる様子を見て泣けてしまいました。

自分の気持ちに蓋をして里親探しが始まり、順調に決まろうとしていましたが子猫たちを連れて帰りたいジョフロワの本音を周りは見抜いていました。

子猫たちの幸せを考えるのも大事ですが、そのために自分の気持ちを蔑ろにしてしまうのも悲しすぎる。

全員連れて帰れるのがベストな気もしますが、現実的には難しかったりして最後にどんな結論を出すのか気になります。

まとめ

以上、『おじさまと猫』第71話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『おじさまと猫』第72話は、月刊ガンガン2021年3月号(2月11日発売)に掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

おじさまと猫の6巻の画像

『おじさまと猫』6巻が12/11に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※