裏世界ピクニック【第37話】ネタバレと考察・感想!空魚に問題を持ち込む後輩が現れる

裏世界ピクニック【第37話】ネタバレと考察・感想!空魚に問題を持ち込む後輩が現れるのアイキャッチ画像
今すぐ無料で最新話を読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

月刊少年ガンガン2021年4月号(3月12日発売)の『裏世界ピクニック』第37話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第36話第37話第38話

裏世界ピクニック【第37話】あらすじ・ネタバレ

裏世界リゾート後日談

「猫の忍者に狙われてる」

空魚からその話を聞いて怪訝そうな表情の小桜と想像してかわいいじゃんと笑ってしまう鳥子。

沖縄から帰ってきて半月が過ぎていた。裏世界の浜辺からなんとか逃げた先は遠く離れた石垣島だ

た。

浜辺での体験で精神をガリガリに削られていた空魚と鳥子は翌日の便で東京に帰るのをやめて三日間滞在することにした。

使った分は裏世界で稼げばいいと自分たちに言い訳をして高級なリゾートホテルに宿泊し、真の休息を必要としていた2人は思う存分楽しんだ。

その代わり試験直前だったために空魚のいくつかの単位は犠牲になってしまったが……。

そんな空魚がを猫の忍者に狙われている話を聞いたのは、つい昨日のことだった。

学食で昼を取っていた空魚に「紙越センパイですよね?」と女子学生から話しかけてこられるが、あいにく空魚には誰なのか記憶にはないし、そもそも一年生と空魚は全く交流はなかった。

その女子学生は一年の瀬戸茜理と名乗ると、空魚の得意分野の相談に乗って欲しいと言う。

引き気味の空魚の前の席にちゃっかりと座って茜理は返事を待つ。

観念した様子で話を聞こうとする空魚だったが、「霊感があるんですよね?」と聞かれて大声で叫んでしまう。

茜理は空魚が怖い話を研究していると噂で耳にしていた。

二年では研究テーマも何もないはずだが、入学したての空魚が何度か飲み会に行ったときに気の合

友達ができるかもという期待から「実話会談が好き」とか「誰も居ない廃墟が好き」などと口を滑らしたせいで広まったようだ。

最初は空魚の友人に紹介してもらおうと思った茜理だが、見つけられなかったために失礼と思いつつ直接空魚を探し出して声をかけたのだった。

なぜ空魚だと分かったのかというとクネクネを見たせいで青くなってしまった目を隠すためのカラコンを忘れたり寝坊したりで着けないで大学に行ってしまうことが何度かあったためにここ最近は隠すのが面倒になっていたせいだ。

空魚は早速と相談に移ろうとする茜理を静止する。

霊感を否定する空魚が「茜理自身がまともじゃない」「相当追い詰められている」「よくない魂胆がある」と推測したパターンのうち、正解がどれでも面倒ごとに巻き込まれるだろうと思ったからだ。

空魚から断られてしまうも、茜理は相談を聞いてもらおうとお願いを続ける。

お寺に行けばいいじゃないと空魚は言うが、茜理は行ったが効果がなかったと話す。

それならば思い込みではと空魚は病院で見てもらうことを提案する。

茜理も最初は自分がおかしいと考えていたが何回も襲われているうちに錯覚だと思い込むのも限界になっていた。

襲われると聞いて警察に頼るべきだと空魚はアドバイスするも、警察でなんとかなる話でもなさそうだった。

嘆息しながらも空魚は茜理から詳しく事情を聞くことにした。

絶対に笑われると思うと前置きした茜理は自分が最近、猫の忍者に狙われていると打ち明けた。

「茜理がまともじゃない」パターンかと思いつつ、すぐに解散とはいかなかった。

「猫の忍者」とは有名なネットミームだった。

ただの猫かと思ったら二本足で立って何匹も襲ってくるというシチュエーションを話て助けを求め

茜理だったが、霊感なんてないし専門家でもないと茜理を突っぱねる。

退散しようとする空魚は茜理から連絡先を受け取って……。

立ち去っていく茜理を見送る空魚は外から激しい視線を感じていた。

猫がみんなこちらを見ていると感じる空魚は周囲を取り巻く異質な空気に変なのと口走った。

裏世界ピクニックを無料で読む方法とは?

U-NEXTの『月刊少年ガンガン2021年4月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『裏世界ピクニック』第37話が含まれている、月刊少年ガンガン2021年4月号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

裏世界ピクニック【第37話】考察・感想

「猫の忍者に狙われる」後輩から相談を持ちかけられた空魚。

今回は導入部で怪異は始まっていませんが、何やら起こりそうな描写がとても印象的です。

茜理の電話番号を預かって人の心があると自分に言い聞かせているのは、いつぞや小桜から言われたことをものすごく根に持っていて笑ってしまいました。

なんだか不気味というよりも可愛くなってしまいそうな猫の忍者というビジュアルがどんな形で描かれるのか早く見てみたいです。

まとめ

以上、『裏世界ピクニック』第37話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『裏世界ピクニック』第38話は、月刊少年ガンガン2021年5月号(4月12日発売)に掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!